アンバサダーホテル

花色紀行>>祭りや旅行>>東京ディズニーランド
  1. 東京ディズニーランドホテル
  2. 東京ディズニーランド
  3. 東京ディズニーシー
  4. ホテル・ミラコスタ
  5. ホテル・アンバサダー

 ディズニーアンバサダーホテル 

そもそも最初に「東京ディズニーリゾート総合予約センター(045-683-3333)」に電話して予約が成立した時に最初に行くところは「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター(舞浜駅ビル2F)」だと教えられていたのですがこれが間違いでした。幸いに羽田空港から乗ったタクシー(昭栄自動車株式会社 03-3801-2111)の運転手さんが親切な人で舞浜駅近くであちらこちらに携帯で問い合わせてくれた結果、直接アンバサダーホテルに行ったほうがかなり便利だということが分かりました。何しろホテルではチェックイン手続きは午後3時からだという以外は荷物も預かってくれるしパークチケットの発行もやっているし、無料のシャトルバスも出ているしで混雑もない中で快適に手続きが終わります。

部屋はスーペリアルームという名前でグループやファミリーでもゆったりと使えるるよう、寝心地のよいトランドルベッドもあります。3名のご利用でも快適に過ごせるようになってます。 ※ スイートルーム以外のすべての部屋に、無料で自由に引き出して使える「トランドルベッド」が用意されています。これを利用すれば3人目の人は無料で宿泊できることになります。

 ホテル内レストラン情報

ディズニーアンバサダーホテルのレストラン「エンパイア・グリル」「花 Hana」で記念日を楽しくお祝いしませんか?という案内に乗って、今回我々は前者の洋食のコース(¥6,500)で記念日を祝いました。3日前までに予約が成立して記念日の申請をしておけばケーキのチョコレートプレートに名前を書いてレストランの人たち全員とお客さんで盛り上げてくれてとても感激です。オリジナルフォトフレーム入りのインスタントフォトも記念にいただけますし、子供がいるグループにはパーティーハットをプレゼントするそうです。
 車イス情報 
ホテル内には段差も無くて特に車イスのキャスターを煩わせるような深いじゅうたんも無く快適なのですが、肝心のハンディキャップルームというのがやや使いにくい設備で困りました。ベットは通常よりもやや高い約62〜3cmありますし、ベットの周辺に証明設備のスイッチが全くありませんので不便です。

トイレは左壁の手摺だけで立てない障害者としては体が不安定ですし、ウォシュレットはありがたいのですが洗浄レバーが奥のほうでこれも使いにくいです。洗面台も健常者に合わせての設定で、洗面台の高さも高いですし、鏡は顔の半分しか映りません。蛇口は奥のほうにあって高さともども手が届きにくいです。バスはお湯を入れたり排水したりは便利になっているのですが、車イスからバスタブへ入ろうとするスペースが狭いために苦労します。なお、バスのお湯をいっぱいにしてから出るようにしないと、手摺の位置が高いために体の筋肉の筋を痛めそうです。

ホテルからディズニーランド、ディズニーシーへは専用の無料シャトルバスが出ていまして、その中の約半分のバスは車イスで乗れるリフトやスロープが設置されています。ホテル宿泊の場合にはディズニーリゾートラインというモノレールの乗り放題のカードをもらえますのでこれを利用すればどちらへも行き来できますしエレベーターがありますので車イスでの利用も可能です。
  • 住所  :〒279-8522千葉県浦安市舞浜2-11
  • 電話番号:047-305-1111 Fax:047-305-1171
  • チェックイン :15:00
  • チェックアウト:12:00
  • 駐車場 :車イス利用者用スペースあり(利用せず)
  • 宿泊料金:¥34,000(税サ別1泊スーペリアルーム室料)
  • URL : http://www.disneyhotels.jp/dhm/
  • その他 :朝から手荷物を預かってくれ、ディズニーのチケットも発行している。ここから無料シャトルバスで両方に行ける

 福岡からディズニーホテルまでの交通

今回はいろんな交通手段を調べる前に以下にディズニーでの滞在時間を長くするかということが目的でしたので迷うことなく飛行機にしました。幸いに出発日の始発便はJASの「ウルトラ割得」が取れましたので一人9000円(消費税、空港利用料別)で済みました。福岡空港のJASカウンターで車イスを手荷物として申請し、機内用の車イスに乗り換えて座席に着くまで完全な介助が受けられました。機内では飛行機に乗ったのが嬉しくて何やかやとはしゃいでいる内に90分が過ぎました。

羽田からディズニーアンバサダーホテルまでは電車だと2回乗り換えなければならずそのうちの1回は段があって(JR新木場駅)介助が必要だということが分かりタクシーを使って直接ホテルへ向かいました。約30分で到着し、代金は7800円でした。帰路も同様の交通手段でしたがあいにく「ウルトラ割得」は取れませんでしたのでANAの「早割(16,500円)」にしました。福岡、羽田、ともに車イスに対する空港設備に支障はありませんでした。係員もきちんと訓練が行き届いているようで快適でした。

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ