東京ディズニーランド

花色紀行>>祭りや旅行>>東京ディズニーランド
  1. 東京ディズニーランド
  2. 東京ディズニーシー
  3. 東京ディズニーランドホテル
  4. ホテル・ミラコスタ
  5. ホテル・アンバサダー

 東京ディズニーランド

2009年10月、2005年10月の情報です。ここに来たのは4回目ですが、今回もパレードが見事なことにはびっくりしました。お昼のパレードに驚いて見ていたら、夜のパレードの時にはもっとすばらしく、まさしく「夢と魔法の王国」です。日常生活など全く思い出しもしないような毎日で、すてきなショーを料理とともに楽しんだりしているうちに3泊4日の時間が過ぎるのが早いこと早いこと・・・幸いにお天気にも恵まれた4日間でしたがこれほどの感動的な時間はありませんでした。母の米寿の祝いに連れてきたのですが、大満足のうちに4日間が過ぎて記念の土産をたくさん持って帰路に着きました

ディズニーランドでのいろんなアトラクションを全く立てない車イス常用の私が利用した結果の一覧表を以下に載せています。
アトラクションエリア 画像をクリック アトラクションの名前 アトラクションの内容 利用感想(車イスでの利用状況)
ワールドバザール ディズニーランド「ワールドバザール入り口」 オムニバス プラザをゆっくり走るクラシックな2階建てバス 車イスでは無理でしょう。見てすぐにあきらめました
ベニーアーケード いわゆるゲームセンター 利用しなかったけど車イスのまま使えるゲーム機もある
ディズニーギャラリー いろんなディズニーの展示場。ディズニーアニメーションの名優たちも エレベーターを利用できるので支障なし
アドベンチャーランド 撮影禁止 魅惑のチキルーム
ゲット・ザ・フィーバー!
眠ってしまったチキの神様を起こすため、鳥や花たちが繰り広げる陽気なミュージカルショーを室内劇場で楽しむ 車イスのまま鑑賞できる
朝一番に行ったら抱え上げてくれた
ウエスタンリバー鉄道 蒸気機関車に乗ってアドベンチャーランドを一周する エレベーターで乗り場まで行って、混んで無ければ介助して乗せてくれるけど堅い木のイスで床ずれになりそうだった

カリブの海賊 ボートに乗ってのコースター 一人で行ったら丁寧に断られた
アドベンチャーランドのポリネシアン・テラス・レストランのショー風景
ミニー・オー!ミニー シアターオーリンズでのステージショー 最後列に車イス用スペースがある
アドベンチャーランドのポリネシアン・テラス・レストランのショー風景 ポリネシアンテラス・レストラン ポリネシアンショーを楽しみながらランチやディナーが楽しめる 車イス用のスロープで入れる。事前(席があれば当日も可)予約が必要
ウエスタンランド 魅惑のチキルーム カントリーベア・シアター 室内劇場、個性豊かな18頭のクマたちが出演するたのしい演奏会 車イス専用スペースあり
液晶画面を使わなければ撮影可
蒸気船マークトウェイン号 蒸気船マークトウェイン号 真っ白な蒸気船でウエスタンランド(アメリカ河)を一周します 乗降場と蒸気船の間には簡易スロープを設置して介助しています
いかだと発着所風景 トムソーヤ島いかだ いかだに乗ってトムソーヤ島に渡る トムソーヤ島では一部車イスで利用できない場所あり

シューティングギャラリー 射敵で的を射る 車イスのまま利用できるライフルも用意あり
ウエスタンランドのレストラン「スルーフットスーのダイヤモンドホースシュー」でのショー風景 ザ・ダイヤモンド・ホースシュー 西部開拓時代の酒場で、素敵なショーを楽しみながらランチやディナーが出来る 1Fは車イスのまま利用可能。事前(席があれば当日も可)予約が必要
クリッターカントリー カヌーの乗り場風景です ビーバーブラザーズのカヌー探検 みんなで力をあわせて、雄大なアメリカ河をカヌーに乗って探検して巡る 一人で行ったら丁寧に断られた

スプラッシュ・マウンテン ボートに乗ってのコースター 一人で行ったら丁寧に断られた
ファンタジーランド ミッキーマウス・レビュー前から眺めたシンデレラ城 ミッキーマウス・レビュー 室内劇場でミッキーとディズニーの仲間たちによるオーケストラ演奏 車イス専用スペースあり
イッツ・ア・スモールワールド建物映像 イッツ・ア・スモールワールド ボートで廻る人形の世界ですが2009年は休止中だとかで入れませんでした 一人で行ったら丁寧に断られた(乗り降りの段差が大きいとか・・・)
シンデレラ城 シンデレラ城ミステリーツアー 勇敢なガイドの案内で、なぞに包まれたシンデレラ城の中を探検するツアーる 一人で行ったら丁寧に断られた。シンデレラ城の中は車イスでは無理のようだ

ピーターパン空の旅 吊り下げ式の海賊船が廻る 一人で行ったら丁寧に断られた
トゥーンタウン トゥーンタウン風景画像 ミニーの家 ミニーが住んでいるという家を見るだけ 車イスのまま特に支障なし
ミッキーの家とミート・ミッキー ミッキーが住んでいるという家を見るだけ 車イスのまま特に支障なし
トゥーンタウン風景画像 トゥーンタウン入り口風景 ミッキーたちの公園 車イスのまま特に支障なし
トゥモローランド アドベンチャーランドのポリネシアン・テラス・レストランのショー風景 ショーベース 室内全天候型シアター。夢と希望に満ちたウォルト・ディズニーの生涯を、ウォルトが作り出した数々の作品を通して描く、感動のミュージカルショー ミュージカルショー「ワンマンズ・ドリームU」を上演。ザ・マジック・リブズ・オンの華やかな屋内ショー2009年
ショーベースでのショー映像 ショーベース 室内全天候型シアター。夢と希望に満ちたウォルト・ディズニーの生涯を、ウォルトが作り出した数々の作品を通して描く、感動のミュージカルショー ミュージカルショー「ワンマンズ・ドリームU」を上演。事前に車イスでの入場方法を確認しておいた方が良い
撮影禁止 ミクロアドベンチャー 室内劇場。「今年の発明家大賞授賞式」でいろんなハプニングが起こり、てんやわんやで話が進む 最後列に車イス専用スペースあり

スター・ツアーズ 激しく動く体験型シアター 一人で行ったら丁寧に断られた
パレード(パークワイド、パレードルート)PM2:00〜 昼のパレードの映像 ディズニー・ドリームス・オン・パレード 約200名の出演者が繰り広げる盛大な昼のパレード。友情、夢、ロマンスなどの楽しいディズニーの世界が楽しめる パレードルートの3ヶ所に車イス用スペースがありますのでここだと鑑賞し易いですが行くのが遅くなると2列目3列目になります
パレード(パークワイド、パレードルート)PM7:30〜 夜のパレードの映像、クリックしたら大きな画像になりもっと見やすいです エレクトリカルパレード・ドリームライツ いろんなディズニーの世界を表現した壮大な夜のパレードでディズニーミュージックとともに輝き、きらめくような電飾の幻想的な美しさに大人も子供も大感激です パレードルートの3ヶ所に車イス用スペースがありますのでここだと鑑賞し易いですが行くのが遅くなると2列目3列目になります
パレード(リ・ヴィランズ!)PM11:00〜 車イス用スペースからの映像 ディズニー・ハロウィーン・パレード ハロウィーンが大好きな仲間たちが楽しんでいるところを見ていた悪者たちがとんでもない悪巧みを始め、悪者を退治するためにみんなで立ち上がる お昼のパレードを2回、夜のパレードは3回見ましたが、見る場所を変えるとダンスの模様が違う楽しみがあります。2009年の映像ですがますますすてきな出来ばえでした
パレード(パークワイド、パレードルート)PM0:00〜 車イス用スペースからの映像 ディズニー・ハロウィーン・パレード パレード期間限定のスペシャル版です。かぼちゃだらけのパンプキン・キングダムの住人に扮して登場。いろんな仮装と踊りが楽しめる パレードルートの3ヶ所に車イス用スペースがありますのでここだと鑑賞し易いですが行くのが遅くなると2列目3列目になります
花火(パークワイ)PM8:30〜 車イス用スペースからの映像 ディズニー・マジック・イン・ザ・スカイ ディズニーミュージックにあわせて、色鮮やかな花火がシンデレラ城を中心にして打ち上げられます 風向きによって打ち上げ場所が違ってくるそうですが、花火はどこからでも眺めることが出来ます。パレード後の混雑解消まで待って眺めていました
 車イス情報 
入園ゲートでは、車イス用の入場口が一番右端にありました。園内では身障者用トイレ(レストルーム)がかなりあってどれも利用することに支障はありませんが、時間帯によっては混雑してなかなか利用できない時があります。また、大部分のトイレの中には備え付けの簡易ベットが用意されている所がありますので簡単な着替えなどに重宝します。簡易ベットの有る無しは園内に入るときにもらうパンフレットに記入されています。レストラン、ショップ等は全て出入りが平坦で車イスでの移動に支障はありません。2階へはエレベーターが設置されています。

  • 住所  :〒279-8522千葉県浦安市舞浜2-11
  • 電話番号:045-683-3777(東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター)
  • 開園時間 :09:00(季節、曜日によって変わる、ディズニーホテル宿泊者は15分前から入園可能)
  • 閉演時間 :22:00(季節、曜日によって変わる)
  • 駐車場 :車イス利用者用スペースあり(利用せず)
  • 入園料金:¥15,000(税サ込み、ホテルフロントで4デーマジックパスポート購入)
  • URL : http://www.disneyambassadorhotel.com/
  • その他 :

このページ最初へ戻る



戻る<< 花色紀行 >>次へ