フラワーピクニック

見頃時期 : 3月24日下旬〜5月上旬 9:30〜17:30 
花色紀行>>花色公園>>海ノ中道海浜公園

 海ノ中道海浜公園フラワーピクニック 福岡市東区  

大観覧車を眺めるフラワーピクニック花桟敷2012 左矢印
大観覧車に乗って下を眺めるとネモフィラ等の花々がひとつの絵になって眺められるそうですが、下に居るばかりではそれらはわかりません。フラワーピクニックの期間中だけです

「フラワーミュージアム」内の花壇です。季節ごとにいろんな花々を眺められます。2012年は4月23日に行きました
フラワーミュージアム内の花壇2012
フラワーミュージアム入場ゲート付近 左矢印
2004年の春からお目見えする屋根のない美術館をイメージした花の空間「フラワーミュージアム」です。入場ゲート風景です

「フラワーミュージアム」内の最高地点「光の城」です。シンボル的な塔には色彩鮮やかなガラスがはめ込まれ、太陽の光を受けながら静かな癒しのひと時を楽しめます
屋根が無い花の美術館風
「フラワーミュージアム」花階段風景 左矢印
階段花壇になっているところはチューリップがびっしりと咲いています。これは「フラワーミュージアム」の花階段光景です

右矢印
こちらも同様に「フラワーミュージアム」の花階段光景です
「フラワーミュージアム」花階段風景2
フラワーミュージアム入り口のチューリップ花壇 左矢印
フラワーミュージアム入り口の彩の街並みでのチューリップ花壇です

右矢印
フラワーミュージアム入り口の彩の街並みでの珍しいビオラの数々。ビオラといってもいろんな種類があることが良く分かります
彩の街並みでの珍しいビオラの数々
ハンギングバスケット展示 左矢印
ハンギングバスケット展示場です。日本ハンギングバスケット協会九州支部会員の皆さんの出展作品がいろいろあります。一つの作品を指差しながら被写体になっていた御婦人は作者でしょうね

右矢印
ツツジ園です。特にキリシマツツジの大きな木がたくさんの花をつけていまして見事でした
ツツジ園
フラワーピクニック花桟敷風景1 左矢印
フラワーピクニック会場最大の花桟敷、高い位置から南側方向を眺めた風景です

右矢印
フラワーピクニック会場最大の花桟敷、高い位置から東側(大観覧車方向)側方向を眺めた風景です
フラワーピクニック花桟敷風景その2
フラワーピクニック花桟敷風景その3 左矢印
大観覧車から眺めるフラワーピクニック花桟敷風景は格別のビューポイントです。

右矢印
フラワーピクニック会場最大の花桟敷、低い位置から北側方向を眺めた風景です
フラワーピクニック花桟敷風景その4

国営の公園としてはここ「海ノ中道海浜公園」が九州で唯一の公園です。かって米軍が占領していたときの地域を解放されて、その後、国営公園として整備されたところです。 いまだ整備状況は初期の目標の半分にも満たない状況なのですが、近年は「福岡ダイエーホークスの2軍練習場」やレクレーショングラウンドとして、とみに脚光を浴びています。 しかし何よりの魅力はここは一年中何時きても楽しめるスペースがいっぱいだということではないでしょうか? 特に夏休み期間中の「サンシャインプール」はかなりの人気状態で子供連れの皆さんが嬉々として切符を購入しています。私達も元気な子供たちの笑顔から、色んな元気を何時も一杯もらっているように思います。

ここでは、スイセン園、春の「フラワーピクニック」に始まって初夏のユリ園、アジサイ園、秋のバラ園に至るまでいつも花一杯の公園です。子供の広場には「集いの花壇」が造られていて「春の風景」をテーマに、地域の団体や愛好家グループが手がけたオリジナル花壇がいろいろと展示されています。どの花壇も春の楽しいムードがいっぱいです。

業者が造る花壇もありますが、一般市民の花壇も参加しています。その他にもチューリップ花壇を作ったり盛りだくさんです。その時々の楽しみが一杯有ります。 一日中滞在しても全部を廻り終える事は出来ないのではないでしょうか? その他にも遊園地のスペースが有ります。勿論ここは子供たちにとっては最高の遊び場です。今回もたくさんの学校からいろんな年齢の子供たちが大勢ピクニックに来ていまして、黄色い歓声を上げて走り回っていました。

 車イス情報 
身障者専用駐車スペースは公園駐車場への案内表示を無視して約100mほど通り過ぎた所の車イスマークの所から右折すると、25台ぐらいの身障者専用駐車場に入れます。間違えてまともに公園駐車場に入っていっても、西駐車場に10台分ほど有ります。入場ゲートで「身障者手帳」を提示すると料金は無料です。その時に場所を聞いておかないとあまりにも広いのでちょっと見つけるのに苦労します。園内入園料も「身障者手帳」を提示すると本人だけは無料です。園内に身障者用トイレは数箇所有ります(ボタンを押すと電動で開閉します)ので特に問題は無いでしょう。全体に平坦で、移動するときに特に支障はありません。ただ、動物エリアの展望台まで行く時は急坂を登らねば成りませんので、介助が必要かと思います。
  • 住所  :〒811-0321 福岡市東区大字西戸崎18番25号
  • 電話番号:092-603-1111 Fax:092-533-8400(公園情報取り出し)
  • 入園料 :400円 
  • 開園休日:9:30〜17:30
  • 駐車場 :510円
  • 花の見頃:2月旬〜11月旬
  • URL : http://www.uminaka.go.jp/

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ