菊人形まつり 鯛生金山

見頃時期 : 11月1日〜11月中旬
花色紀行>>祭りや旅行>>菊花展
  1. 菊花展 宗像大社
  2. 菊花展 大宰府天満宮
  3. 菊花展 福岡市植物園
  4. 熊本県菊池市 市民広場一帯
  5. 大分県中津江村 鯛生金山 
  6. 福岡県北九州市小倉 小倉城菊花展 

 鯛生金山 菊人形まつり 大分県中津江村 

「長谷部信連」の菊人形 左矢印
「長谷部信連」の菊人形が展示されていました。菊人形としてはこの3体だけでした

右矢印
後方に見えているのが鯛生金山への入坑入り口ですがその手前に菊花展会場がありますので雨交じりの中無料で鑑賞したまま終わりました
鯛生金山菊花展会場
国道387号線で車窓に移り変わる紅葉の風景 左矢印
菊池市菊人形菊祭り会場から鯛生金山へ向かう国道387号線には車窓に移り変わる紅葉の風景がとてもすてきです。これはその中の一場面・・・

右矢印
この辺では雨がまだ降り始めていませんでしたが晴天のときの風景をもう一度眺めてみたい紅葉風景でした
晴天のときの風景をもう一度眺めてみたい紅葉風景

連休初日だったためか駐車場は満車状態で、霧雨状態の雨がいつしか本降りになるなどかなりの悪条件でしたが、菊人形を鑑賞するのにはまだ幾分余裕がありました。幸いにも、駐車料金は不要だし、入坑料金も支払わなくてすみましたが・・・でも雨さえ降らなければもっとゆっくりと観光したいところです。

 車イス情報 
車イス利用者用駐車スペースが2台分ありましたが車高が高いオフロードカーが入っていまして利用できず駐車するまでかなりあちら探し回りました。身障者用トイレもあるようでしたが雨交じりの天気で確認するには至っていません。道の駅「鯛生金山」が併設されていますので多分大丈夫かとも思いますが・・・また、鯛生金山への入坑が出来るかどうかもそのような状況から未確認です。
  • 住所  :〒877-0302 大分県日田郡中津江村合瀬3750
  • 電話番号:0973-56-5316
  • 入園料 :地底博物館 大人大学生1000円、中高校生800円、小学生500円
  • 開園休日:9:00〜17:00(冬季は営業時間短縮) ほとんど無休 
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www.vill.nakatsue.oita.jp/~taiogold/
  • 参考 :

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ