紅葉 東北地方

花色紀行>>いろんな花々>>九州の紅葉>>東北地方の紅葉
  1. 紅葉 北海道地方
  2. 紅葉 東北地方
  3. 紅葉 上信越地方
  4. 紅葉 中国地方
  5. 紅葉 九州地方
東北の紅葉情報はこちらのページが最新情報ですので参考にしてください

 松川渓谷、松川温泉 

ブナやナラ等の原生林がたくさん残っていて紅葉がとてもすてきです。県民の森への橋から眺める松川渓流一帯の紅葉が最大のビューポイントでしょうか?そこから松川温泉に至る数キロも紅葉を連続して楽しめますし、松川温泉周辺、地熱発電所周辺の紅葉は見事で感動します。宿の八幡平ハイツから約20分ぐらいで来れますので朝の早いうちに出かけたほうが良いです。紅葉シーズンの日曜日などは橋の周辺を車が埋めてしまい大渋滞になります。このまま樹海ラインを登れば、八幡平見返り峠まで行くのですが現在(2001-10)は全線の通行は出来ませんでした。

車イス情報
この周辺で身障者用トイレは見かけませんでした。県民の森の中を散策すればあるのかもしれませんが行きませんでした。松川渓流にかかる橋は両側にある歩道が10cm以上有りますので抱えてもらう必要があります。端の欄干の隙間からでもすばらしい眺めは堪能できます。

八幡平見返り峠には身障者用トイレがありますが、料金所で聞かないと場所も分かりにくいし水が出るかどうかも分からないようです。なお、そこに着くまでの途中には一切ありません。反対側のトコロゲートのほうには2箇所ほど身障者用トイレがあったのですが・・・

このページ最初へ戻る

 十和田湖、奥入瀬渓流

発荷峠展望台から眺めた十和田湖やはりこの一帯は東北の最大の観光スポットでしょうね。十和田八幡平国立公園の一番北の部分になります。この地域に入るルートは色々とあるのですが一番ポピュラーなのが十和田南ルートで、その次が黒石ルートでしょうか?我々は今回八戸ルートを含めて三ルートを利用してこの地域に2日間滞在しましたがさすがに観るべきところは多いです。十和田湖の眺めは発荷峠展望台からが最高ですし、その次が瞰湖台、休屋からの遊覧船も良いでしょうね。
奥入瀬渓流一方子の口から下っていく奥入瀬渓流は大町桂月が詠った「住まば日の本 遊ばば十和田 歩きゃ奥入瀬三里半」に全てが集約されているように思われてなりません。それも下るのではなく自らの足でしっかりと踏みしめつつ奥入瀬渓流を登るのが最高の観光でしょう。石ヶ戸から子ノ口までの約9kmを歩いて2時間40分ほどだといいますが・・・
 車イス情報 
八甲田ロープウェー頂上駅十和田湖を眼下に眺める発荷峠展望台にはスロープで登れます。車イス利用者用駐車スペースが1台分有りますが一般観光客でたいてい埋まっています。その横に身障者用トイレもあります。休屋からの遊覧船乗り場駐車場にも車イス利用者用駐車スペースが1台分ありますし、その横に身障者用トイレもあります。瞰湖台もスロープで上れますが手摺が高くて見晴らしを遮っています。奥入瀬渓流は車を利用する場合でも上りのコースを選択したほうが良いです。路肩に駐車して川べりまでいけるところもかなりありますが、交通量が多いので注意が必要です。

八甲田ロープウェーはすっかり変わりまして、身障者用設備が充実してきました。駐車場からはエレベーターでロープウェーの改札口やお土産店に行くことが出来るようになりました。頂上駅に降りた後もスロープで外に出ることが出来ます。

頂上駅からは遠く青森湾や岩木山がくっきりと楽しめますが、残念ながら車イスで動き回れる範囲は限られていますが、以前はダートな砂利道だったところが舗装路に変わっていました。おかげでいろいろと散策することが出来てラッキーです。最大の強調点はここのスタッフの皆さんがとても親切に応対してくれると言うことでしょうね
八甲田ロープウェー
  • 住所  :青森市荒川字寒水沢1-12
  • 電話番号:017-738-0343
  • 料金 :普通券(個人)片道 大人 1,150円 往復 1,800円
  • 開園休日:無休 3月1日〜10月下旬 9時から20分おきに運転、登り最終16:20、下り最終16:40
    11月上旬〜2月28日 9時から20分おきに運転、登り最終15:40、下り最終16:00
  • 駐車場 :無料
  • URL :
  • 参考 :

ページ最初へ

戻る<< 花色紀行 >>次へ