紅葉 日向神峡

見頃時期 : 11月中旬前後
花色紀行>>祭りや旅行>>紅葉狩り紀行

紅葉 日向神峡

ダム湖管理事務所下の燃えるような紅葉2007年 左矢印
2007年の紅葉は特にすばらしく、感嘆の思いで眺めていました。風が強く寒い日でなかなか枝の揺れが止まりません

右矢印
ダム湖管理事務所下の紅葉を見るために国道から降りてくるだけで十分に満喫できます。ここを通る時には是非立ち寄るべきでしょう
ダム湖管理事務所下の紅葉は木も大きい2007年
ダム湖管理事務所下の燃えるような紅葉 左矢印
紅葉の木々の間から日向神(ひゅうがみ)ダムが見えていました。この辺りの眺めが最高でした。

右矢印
ダム湖管理事務所下の紅葉はいずれもダム湖を借景としていて絶好のカメラスポットです
ダム湖管理事務所下の紅葉は木も大きい
もみじの木の紅葉風景 左矢印
やや曇り気味でしたので、全体に明るさが足りませんが、現地で見たときには息を呑むほどのすばらしさでした。

右矢印
紅葉の枝の向こうに見えている赤い橋は「蹴洞(ケホギ)橋」です
紅葉地帯から蹴洞(ケホギ)橋を眺めた
ダム湖管理事務所下のもみじ 左矢印
ダム湖管理事務所下のもみじです。緑から真っ赤までグラデーションの紅葉風景がよかったです

右矢印
蹴洞(ケホギ)橋のたもとから日向神峡の色付いた山々の紅葉を眺めたところです
日向神峡山々の紅葉
湖面に映るもみじ 左矢印
古敷岩屋方面にとダム湖周回道路とが分岐する橋からの眺めです。後数日経つと、湖面に映るもみじが真っ赤に色付くのでしょうが・・・

右矢印
右手の岩山に穴があいてるのは「蹴洞(ケホギ)岩」といい、神馬が蹴り飛ばしたと伝えられているそうです。
岩山に穴があいてるのは「蹴洞(ケホギ)岩」

2007年の紅葉はとてもすばらしかったです。あいにくの強風で寒い日でしたが、見事な紅葉を眺めているとそんなことも忘れそうでした。

国道442号線を黒木町から走ってきますと、トンネルを抜け出たところを左折して日向神峡へ向かう標識が出ています。ダム湖の周辺が日向神峡として残されていますが、かなり道が狭くて離合もままならない状態です。ダムの上を走る堰堤から奥へ進むにつれて、曲がり角やカーブで見通しも効かずに怖い思いをしました。

さらに進んで古敷岩屋方面にも道路が延びていましたが、いまだに紅葉の色合いが進んでいませんでしたので行くのを断念しました。ダム湖を一周する道路がありますが、この時点では工事中で通行止めになっていました。

この周辺で一番見事な紅葉を見せていたのは、国道沿いのダム湖管理事務所下にあるもみじでした。色付き具合がよくダム湖と赤いアーチが美しい、ダム湖畔の蹴洞橋を借景にしてすてきな景観でした。

 車イス情報
日向神峡には車イス用の設備は一切ありません。トイレを利用する場合は、日向神ダム堰堤の下に作られている「グリーンパル日向神峡」に行けば(約5分ぐらい車で下る)身障者用トイレがあり設備も十分です。
グリーンパル日向神峡については以下のとおりです
  • 住所  :〒834-1201 福岡県八女郡黒木町北大淵4410−2
  • 電話番号:0943-45-1001 0943-47-3111(矢部村商工観光係)
  • 入園料 :無料
  • 撮影日 :2007-11-22 2006-11-13
  • 開園休日:9:00〜17:00 無休
  • 駐車場 :無料
  • 紅葉の見頃:11月上旬〜11月下旬
  • URL : http://www16.ocn.ne.jp/~greenpal/

このページ最初へ戻る

る<< 花色紀行 >>次へ