毘沙門堂

見頃時期 : 11月中旬〜12月上旬
花色紀行>>いろんな花々>>京都の紅葉

 毘沙門堂 びしゃもんどう 京都市山科区

毘沙門堂の紅葉その1 左矢印
「晩翠園」手前から「本堂」方向を眺めたところです

右矢印
「本堂」の大屋根と紅葉の取り合わせを撮りましたが、気がつけば本堂側からこちらを狙っているキャメラマンが大勢居ました。つまり我々は被写体として邪魔だったのです
毘沙門堂の紅葉その2
毘沙門堂の紅葉その3 左矢印
本堂手前の池と庭園の風景です

右矢印
「晩翠園」付近の紅葉です。ここのちいさな石橋の先まで行って引き返しました
毘沙門堂の紅葉その4
毘沙門堂の紅葉その5 左矢印
仁王門に向かう参道を上から見下ろしたところです。観光客が途切れなくてなかなかシャッターを切れませんでした

右矢印
このあたりの散紅葉は見事でした。団体観光客がこのあたりでお弁当を開いていて、静粛なはずの山門一帯が騒々しいのが残念でした
毘沙門堂の紅葉その6
毘沙門堂の紅葉その7 左矢印
仁王門に向かう参道をふもとから見上げたところの風景です。この辺りも散紅葉が見事で、幼子が赤いモミジを拾って歓声を上げていました

右矢印
仁王門に向かう参道をしばらく登った位置からのビデオムービーカメラによる撮影写真です。少し場所を変えるだけで風景が変わった感じがします
毘沙門堂の紅葉その8

天台宗の門跡寺院。七福神の一つで毘沙門天を本尊とする。本尊は、最澄作といわれる「毘沙門天坐像」で秘仏となっているそうですが、我々は紅葉を堪能するために来たのですから、ひたすら紅葉を楽しみました。

 車イス情報 
車イス用の設備は一切ありませんでした。境内入り口すぐ横に駐車場があり、ここからは平坦で境内に入って行けますが、砂利が敷き詰められた境内は移動に力を要しますし、薬医門、仁王門から外へは敷居が高すぎて出られません。車イス利用者では本堂に上がることは出来ません。

薬医門、仁王門に向かう参道は車イスでは階段になりますが、その左手に車道が駐車場まで登っています。奥の方の「晩翠園」へ行くには飛び石伝いに行くようになっていて、車イスではかなり大変ですが、強力な介助者があれば大丈夫でしょう。但し、途中(一切経堂)で車イスは足止めになりますし、そこまでではそれほどの紅葉も期待できないかもしれません
  • 住所  :〒607-8003 京都府京都市山科区安朱稲荷山町18
  • 電話番号:075-581-0328
  • 入園料 :大人拝観料、500円(身障者は介護者1名とともに半額)、紅葉を鑑賞するだけならば無料
  • 撮影日 :2008-11-25
  • 開園休日:無休 8:30〜17:00
  • 駐車場 :無料
  • URL :
  • 参考 :境内は無料で開放で開放されているので、桜の時期や紅葉時期には大勢の人々で賑わう

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ