平安神宮

見頃時期 : 11月中旬〜12月上旬
花色紀行>>いろんな花々>>京都の紅葉

 平安神宮 京都市左京区岡崎

平安神宮神苑の紅葉その1 左矢印
東神苑の泰平閣(橘殿)横で撮影した紅葉です。なんだか、雨がポツリポツリと落ちてきたりして・・・

右矢印
東神苑の栖鳳池と泰平閣(橘殿)で我々は足止め状態でしたので、これ以上先へは進めません
平安神宮神苑の紅葉その2
平安神宮神苑の紅葉その3 左矢印
快晴の時や、新緑の時には特に見事な景観なのでしょうが、今日はせめて鮮やかな紅葉の葉が色付いているだけでも良しとして・・・

右矢印
平安神宮神苑を出て、道路向かい側の岡崎公園の中で色付いていた紅葉の大木です。やや逆光だったのですがこの一帯の紅葉も見事でした
平安神宮神苑の紅葉その4
平安神宮神苑の紅葉その5 左矢印
東神苑の栖鳳池と泰平閣(橘殿)のすぐ近くで撮ったビデオムービーの写真です。この後の雨が気になりつつの撮影でした

右矢印
岡崎公園内の見事な紅葉の色付きです。天候が悪化しなければもっとのんびりゆっくりしたかったすてきな公園でしたが・・・
平安神宮神苑の紅葉その6
平安神宮神苑の紅葉その7 左矢印
尚美館(貴賓館)付近から撮影した東神苑の栖鳳池と泰平閣(橘殿)の全景です

右矢印
二層楼碧瓦本葺・丹塗の応天門(神門)正面の写真です
平安神宮神苑の紅葉その8

平安神宮は平安遷都1100年を記念して、明治28年に遷都のおや神様である第50代桓武天皇をご祭神として創建されました。明治維新によって事実上首都が東京へ遷ったことで大きな打撃を受けた人々は、千年以上も栄え続けた雅やかな京都を後世に伝えるために、京都復興にかけた多くの人々の遺志を後世に伝えるために、四海平安の祈りを込めて平安神宮が創建されたのでした。

 車イス情報 
神苑南の入り口は階段が4段ほどあって入られませんから神苑東の出口側から入りました。しかし、入った先では泰平閣(橘殿)があり、ここでも階段になっていて先へ進むことが出来ません。ほんの少しだけしか行動できなくて残念でした。身障者用トイレは見かけませんでした。市営岡崎公園地下1階駐車場に車イス利用者用の駐車スペースと広々とした身障者用トイレがあります。地下2階まで降りますと車イス利用者用の駐車スペースが無いだけでなく、エレベーターがありませんので注意が必要です。エレベーターとトイレは地下1階だけです。
  • 住所  :〒606-8341 京都市左京区岡崎西天王町
  • 電話番号:075-761-0221
  • 入園料 :参拝無料 神苑拝観料大人600円、小人300円
  • 撮影日 :2008-11-29
  • 開園休日:無休 6:00-17:30
  • 駐車場 :市営岡崎公園地下駐車場(500台・普通車1時間500円)
  • URL : http://www.heianjingu.or.jp/
  • 参考 :

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ