宝厳院

見頃時期 : 11月中旬〜12月上旬
花色紀行>>いろんな花々>>京都の紅葉

 宝厳院 京都市右京区

宝厳院の紅葉風景その1 左矢印
書院・茶室付近の紅葉風景です

右矢印
嵐山を巧みに取り入れた回遊式山水庭園の園路を順路に従い進みます。かなりの混雑でした
宝厳院の紅葉風景その2
宝厳院の紅葉風景その3 左矢印
燃える様な色付きの木々もあれば、グラデーションがかかった紅葉の木々もあり、黄葉の木々、まだ青葉の木々までさまざまな顔を見せていました

右矢印
見事な紅葉の向こうに青空が広がっていれば最高だったのですが・・・
宝厳院の紅葉風景その4
宝厳院の紅葉風景その5 左矢印
「獅子岩」を撮ろうとするキャメラマンは日差しの回復を待って狙いますので、なかなか場所が空きません。

右矢印
「響岩」「窓石の滝」方向を眺めた紅葉風景です
宝厳院の紅葉風景その6
宝厳院の紅葉風景その7 左矢印
紅葉の木々の裏側から庭園を眺めてみました

右矢印
茶室・青峰軒付近の紅葉です
宝厳院の紅葉風景その8
宝厳院の紅葉風景その9 左矢印
蓑垣が連なる辺りでは散紅葉がびっしりと続いています

右矢印
出口に近いところは入り口と交差して混雑状態でした。何だかこのまま出たくないような惜しい気持ちで、やむなく参道へと向かいます
宝厳院の紅葉風景その10

大亀山 宝厳院(だいきざん ほうごんいん)は、臨済宗大本山天龍寺の塔頭寺院で寛正二年(1461年)室町幕府の管領細川頼之公により天龍寺開山夢窓国師の第三世法孫聖仲永光禅師を開山に迎え創建されました。

 車イス情報 
車イス用の設備はまったくありません。トイレがありましたが中は未確認です。園内はほぼ平地なのですが、砂利道があったり、低い階段状の登りや下り、石造りの小さな太鼓橋などがあり、とても一人では回れず、介助が必要です。通路の幅も狭いので、車イスが立ち往生すると、他の観光客の人たちの通行妨害になりかねません。
  • 住所  :〒616-8385 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
  • 電話番号:075-861-0091
  • 入園料 :500円(身障者は介助者1名ともに100円引き)、夜間入園600円
  • 撮影日 :2008-11-27
  • 開園休日:無休 9:00-17:00
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www.hogonin.jp/
  • 参考 :4HJRK-X6Q28-HWRFY-WDYHJ-K8HDH

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ