勝持寺 花の寺

見頃時期 : 11月中旬〜12月上旬
花色紀行>>いろんな花々>>京都の紅葉

 勝持寺 花の寺 京都市西京区

勝持寺(花の寺)の紅葉風景その1 左矢印
早い時間に来て、ここに入ってから驚きました。見事な紅葉で埋め尽くされていたのです

右矢印
漆喰塗りの土塀の向こうに「阿弥陀堂(本堂)」や「瑠璃光殿(収蔵庫)」などがありますが土塀の白さが際立っていてきれいでした
勝持寺(花の寺)の紅葉風景その2
勝持寺(花の寺)の紅葉風景その3 左矢印
土塀の白さと真っ赤に色付いた紅葉を対比させてみて・・・

右矢印
境内の大部分が散紅葉で埋め尽くされていました
勝持寺(花の寺)の紅葉風景その4
勝持寺(花の寺)の紅葉風景その5 左矢印
木々が大きくて紅葉も見事です。洛西のこの辺りは市中気温よりも3〜4度ほど低いそうで、紅葉の色付きがとても良いとのことでした

右矢印
散紅葉もじっくり見るといろんな色で染まっています。多分昨日の雨に打たれたためでしょう
勝持寺(花の寺)の紅葉風景その6
勝持寺(花の寺)の紅葉風景その7 左矢印
境内の奥のほう「桜ヶ丘」での紅葉風景です。この辺まで来ますと紅葉の森という感じで埋め尽くされています

右矢印
「桜ヶ丘」から「冴野の沼」にかけても見事な紅葉の連続です
勝持寺(花の寺)の紅葉風景その8
勝持寺(花の寺)の紅葉風景その9 左矢印
「桜ヶ丘」から「冴野の沼」を眺め下ろしたときの紅葉風景です

右矢印
土塀の向こうに「阿弥陀堂(本堂)」が見えています。ここからは階段で登るようになっています。ここの左手方向に「不動堂」があります
勝持寺(花の寺)の紅葉風景その10
勝持寺(花の寺)の紅葉風景その11 左矢印
「桜ヶ丘」での紅葉風景です。ここから入り口へ戻る途中左手には「魚藍観音」があります

右矢印
勝持寺(花の寺)の正面写真です。車イス利用者はここの左手から直接入れます
勝持寺(花の寺)の紅葉風景その12

開祖は白鳳時代の役行者で延暦10年(791)に最澄が再興したとの寺伝あり、その後も応仁の乱で多数の堂を燃失し境内は広いですが堂は質素な趣です。「花の寺」として西行桜を始めとして、数種類約100本の桜が植えられていますが、同じ数ほどのもみじが自生していますので見事な紅葉風景を展開します。

 車イス情報 
入園ゲート手前に狭い駐車スペースがあるだけです。入園のチケットを買うにも段がありますが、一声かければ来てくれて階段を使わずに両開きの入園ゲートを開いてくれます。身障者用トイレはありません。境内は階段で利用できないところもありますが、紅葉鑑賞に回るにはそれほどの支障は感じません。むしろ、良くぞこんな見事な紅葉を見られたものだと感嘆しています。それほど凄い色が出ていました。真っ赤という表現では言い表せません。本堂他の建物は階段ですので拝観は出来ません。
  • 住所  :〒610-1153 京都市西京区大原野南春日町1194
  • 電話番号:075-331-0601
  • 入園料 :400円(身障者本人半額)
  • 撮影日 :2008-11-28
  • 開園休日:無休 9:00〜17:00
  • 駐車場 :無料
  • URL :
  • 参考 :

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ