紅葉 九酔渓

見頃時期 : 10月下旬〜11月上旬
花色紀行>>いろんな花々>>紅葉>>九酔渓

  1. 福岡県田川郡添田町 英彦山  
  2. 大分県中津市 深耶馬溪  
  3. 大分県玖珠郡九重町 九酔渓  
  4. 大分県竹田市 岡城   
  5. 大分県朝地町 用作公園  
  6. 福岡県甘木市 秋月城跡  
  7. 福岡県甘木市 甘木公園
  8. 大分県中津市 渓石園

  九酔渓 大分県玖珠郡九重町

九酔渓の紅葉風景その1(19828 byte) 左矢印
あと2〜3日後が最大の見ごろ時期となる紅葉風景

右矢印
日差しをいっぱいに受けて輝く紅葉の木々を眺めつつ車中から写真を撮るのは難しいですね〜
九酔渓の紅葉風景その2(20619 byte)
九酔渓の紅葉風景その3(14668 byte) 左矢印
日差しを受けたときの紅葉の木々は輝いて見えますが、午後3時を過ぎていますと谷間に日が差さなくなります

右矢印
九酔渓よりも幾分登った所の大岳橋付近の紅葉風景
大岳橋付近の紅葉風景(14668 byte)

九酔渓は、千歳川と鳴子川が合流するY字形の渓谷で、 およそ2kmにも断崖絶壁が続いている新緑と紅葉の名所です。10月の下旬から11月の上旬にかけて、この一体はすばらしい紅葉地帯に変わります。 特に紅葉最盛期の時期には多くの観光客で大渋滞となりますが、のんびりとドライブをするつもりならば渋滞もまた由です。ここは急カーブが連続するために別名「十三曲がり」とも呼ばれています。

車で走っていても、次から次へと移り変わる景色の美しさに思わず身を乗り出しています。近いところにも、遠くの景色にも、赤や黄色に色づいた一面の紅葉が目に飛び込んできます。こういう眺めの中に入ったら、「紅葉狩り」で渋滞するノロノロ運転も大して気にならないどころか、周辺の景色を楽しんでいられるので願ったりという状況なんです。全く勝手なもんです。

道路は色々と曲がりくねっているのですが、曲がった先にはまた違った景色が現れてくると言った風で、かなり長い間紅葉を楽しませてもらえます。しかしながら、不埒なやからがいっぱい道路横に駐車して歩き回っていますので脇見運転にも注意が必要です。 特にここでの最大の眺めを誇る十三曲がりの「震動の滝」周辺が最悪の駐車状況になっています。しかし、先ほども言いましたように、こんな時こそじっくりと周辺を眺める余裕を持ちたいものです。
 車イス情報 
身障者用の駐車スペースはどこにもなく、かなりの道路傾斜も有りますので、車イスで動き回ることは難しいでしょう。身障者用トイレも有りません。ただし、「桂茶屋」の駐車場に入ることが出来れば平坦で最高の景観を眺めることが出来ます。車イスでの紅葉狩りはここが一番良いです。

ここから一番近い車イストイレは長者原の駐車場にあります。なお、ここに来る前の「玖珠町役場」にはトイレがあります。また、「やまなみハイウェイ」の「瀬の本レストハウス」にも身障者用のトイレがありますが、ここはかなり古くて私は1回も使えませんでした。R442をもう少し「日田」の方に進むと小国に、「道の駅、ユーステーション小国」があります。ここだと設備もしっかり有るでしょう。
  • 住所  :大分県玖珠郡九重町田野
  • 電話番号:09737-6-3150(九重町役場商工観光課)
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:無休 
  • 駐車場 :無料
  • URL :
  • 参考 :

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ