紅葉 曾木の滝公園

見頃時期 : 11月中旬〜下旬前後
花色紀行>>祭りや旅行>>紅葉狩り紀行

紅葉 曾木の滝公園 鹿児島県大口市宮人

曾木の滝の紅葉 左矢印
今年は11月24日に来たのですが、ちょうど見頃状態の木々もあり、見頃を過ぎている木々もあり、また色付きが悪い木々もあり様々でしたが、紅葉を堪能するには十分でした。約250km弱走ってきた甲斐がありました

右矢印
こんなに燃えるような真っ赤な紅葉を眺めていると時間を忘れそうになります。素晴らしかったです。
曾木の滝の紅葉風景
曾木の滝の紅葉 左矢印
公園から急な坂を降りて一段低くなった散策路から上を見上げた紅葉風景です。ここへ下りてくると又違う紅葉の木々を堪能できます

右矢印
このような紅葉の木々が何本あるのか分かりませんが、公園内を散策するだけでも相当数の紅葉の木々を楽しめます。お弁当を広げるのに適した場所も多々あります
曾木の滝の紅葉風景
曾木の滝の紅葉 左矢印
見事な紅葉を満喫するには快晴が最大の演出です。曇り空で写真やビデオをとっても色がうまく出てくれません。そういう意味でも今回の日帰り旅は成功でした。欲を言えば3〜4日ほど早く来ればもっと素晴らしかったのかな〜とも思いましたが・・・

右矢印
公園内のイチョウの木々の元では舞い散ったイチョウの葉で黄色いじゅうたんを敷き詰めたようで、そこに下がる紅葉の枝がとても似合っていました
曾木の滝のすてきな紅葉風景
曾木の滝のグラデーション紅葉 左矢印
公園駐車場から園内に入った途端にこの紅葉です。あまりの見事さに思わず絶句状態でした。やや曇りがちだった天気が好転して青空が広がったのも幸いでした。これ以降は11月21日に来て撮ったものです。

右矢印
真っ赤に色付いたり、黄色から朱色までグラデーションがかかったもみじの他にも、黄色のイチョウがあったりと賑やかな光景です
曾木の滝のすてきな紅葉風景
曾木の滝を借景にもみじがすばらしい景観 左矢印
紅葉の木々の向こう側が曾木の滝です。残念ながらこの時間帯では逆光でした

右矢印
公園内の急坂を降りた下の道を橋の方へ向かう途中の紅葉が日を受けて輝いていました
橋へ向かう途中の紅葉風景
神前結婚式場横の紅葉風景 左矢印
曾木の滝を借景にしての紅葉風景ですが、肝心の滝が紅葉に遮られて見えていませんね

右矢印
橋から戻る途中の真っ赤なもみじと銀杏の黄色とのコントラストです
曾木の滝、東屋周辺の紅葉
曾木の滝、東屋周辺の紅葉 左矢印
東屋でお昼を済ませたのですが、目の前の紅葉も素敵でついつい見惚れていました

右矢印
公園内の紅葉狩り時間が2時間ぐらい経過した後に駐車場へ戻る途中の名残惜しい紅葉風景をさらにパチリと残した次第です
曾木の滝、広場から駐車場に戻る周辺の紅葉

前回は一泊旅行で来ましたが今回は思い切って日帰りできました。福岡市の我が家からでは往復で480kmほどになります。曾木の滝公園のもみじがすばらしいという情報は早くから耳にしていましたが、福岡市からだとかなりの距離があり、日帰りだとやや苦痛ですので前回は一泊にしてやっと行くことが出来ました。その代わり霧島神宮や藺牟田池周辺などの紅葉も満喫しました。今回はここだけを堪能しての日帰りです。なお、もみじ祭りの11月22日、23日(祝)にはかなりの観光客で大混雑になるそうで、夜間のライトアップや花火大会などのために、地元車両優先で、一般車両は進入禁止になるそうです。

 車イス情報 
車イス利用者用の駐車スペースはありません。身障者用トイレもみかけませんでした。一般トイレ自体がかなり古いので作っていないのでしょう。仕方がありませんので往路復路ともに人吉ICと曽木の滝公園の間にある大口市内国道沿いの大規模ショッピングセンター「ニシムタ」で何とか済ませました。

駐車場周辺の紅葉見物などはほぼ平坦で、展望台の下まで行くことが出来ます。下の段の紅葉を見るには、急坂を介助を受けながら降りていくか、一旦ぐるりと橋の方まで回りこみ、橋が架かる付近から入ればそれほど無理無く紅葉見物が出来ます。前回と比べると公園内もかなり整備されて平坦できれいになっていたのですが、身障者用トイレは設置しないのでしょうか?

  • 住所  :鹿児島県伊佐市大口宮人628-41
  • 電話番号:0995-22-1111(大口市地域振興課)
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:無休 紅葉まつり時(11月22日〜23日)は夜間のライトアップ(18:30〜21:00)もある
  • 駐車場 :無料150台
  • URL : 
  • 参考 :例年の見頃:11月中旬〜11月下旬
    福岡からだと人吉ICで降りて、国道267号線を50分ほど南下し曾木の滝公園の案内標識に従ったほうが分かりやすいです。なお、九州道栗野ICからだと約30分です。

このページ最初へ戻る

る<< 花色紀行 >>次へ