アジアステージ2006

花色紀行>>祭りや旅行>>各地のふるさと祭り

 アジア太平洋フェスティバル 2006 (福岡市庁舎ふれあい広場、キャナルシティ博多)

インドネシア 左矢印
インドネシアの東クタイ芸術団です。アジア太平洋フェスティバルサテライトステージとして、キャナルシティ博多のサンプラザステージでの演技です。

右矢印
東クタイの伝統的な舞踊と楽器演奏で異次元に誘ってくれるようでした。踊り手の女性が全員とても美しいためだったかもしれませんが・・・
インドネシア
中国の広州南国獅子舞団 左矢印
中国の広州南国獅子舞団のステージです。去年も来てくれましたので福岡ではすっかりお馴染みのステージになりました

右矢印
夕方の公演の時には獅子が台の上に上がり、さらにそこで立ち上がるという場面がありましたが、夜の公演時にはそれが省かれていました。
中国の広州南国獅子舞団
中国の広州南国獅子舞団 左矢印
仮面を自在に変えていくこの人のパフォーマンスは圧巻でした。彼がこのフェスティバル最大の役者だったかもしれません

右矢印
ネパールでは誰もが知っている国民的な歌手である、ラム・クリシュナ・ダカールさんの独演風景です。コンパクトなオルガン風の楽器を演奏しながら歌います。
ネパールの国民的な歌手
ニュージーランド 左矢印
トロトロ(ニュージーランド・オークランド)という、若手ダンサーグループの舞台です。

右矢印
マオリ芸術の伝統を基本としてブレイクダンスやヒップホップといったダンスや近隣のポリネシア様式をミックスして仕上げてあるそうです。
ニュージーランド
インド 左矢印
ミャンマーと国境を接するインドの最北東部に暮らすナガ族の伝統的な民族舞踊です。アオ・ナガ族舞踊団は今回が日本初公開だということです。

右矢印
ナガ族が暮らす、ナガランド州は外国人に長く開放されていなかったそうで、かっては首狩族として、勇者は獲得した首を持ち帰っていたそうです。踊りの中にもそのような所作が組み込まれていました。
インド

「アジアマンス2006福岡」に今年も行ってきました。 今年は一回のステージ公演時間が短縮され、ステージの広さも狭くなっていました。それでもお昼のステージ、夕方時のステージには、食事の人達、アジアプラザでの買い物の人達が押し寄せてかなりの混雑になっています。照明の美しさが映えてきれいなのはやはり夜暗くなってからのステージです。

残念ながら観覧用の席は「飲食禁止」になっていますので、ビールを飲みながら楽しむわけには行きません。飲みたい場合は円形テーブル席で飲食を済ませてから観覧用の席に戻ることになりますので、その時点で席はすでに無いでしょう。

今年はメインステージの「ふれあい広場」だけではなく、サテライトステージとして、キャナルシティ博多、ホークスタウン、イムズ広場、大丸パサージュ広場、新天町などにステージを設えて、それぞれが巡回して公演するようにしていました。

 車イス情報 
車イス利用者用駐車場に関しては平日ですと大丸デパートの地下駐車場、天神中央公園地下駐車場、市役所地下駐車場、等々色んなところがあるのですが、土曜日曜についてはかなり混雑しますので車での乗り入れは無理かと思います。

身障者用トイレについては、大丸デパート、三越デパート、ソラリアビル、イムズビル、アクロス福岡、ベスト電器等々色んな場所に設置されていますので会場を少し離れると宜しいでしょう。一番近いのはステージ裏側の市役所のトイレが利用できます。なお、会場内での「アジア屋台」の単独利用は無理だと思われます。行列には車イスでは並べませんでした。会場を縦断してケーブルを通しているのですが、それのカバーがかなり大きくて自力では乗り越えられませんでした。
  • 住所  :福岡市中央区天神1-8-1 (福岡市庁舎西側、ふれあい広場)
  • 電話番号:
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:9月14日〜9月18日 平日 12:00〜13:00、17:00〜20:30 土曜日曜祝日 12:00〜20:30 
  • 駐車場 :有料(200円/30分)
  • URL : http://www.asianmonth.com/
    http://www.asianmonth.com/i/(携帯電話の場合)
  • 参考 :アジアマンスインフォメーションサービス・092-263-8808(8:00〜20:00)
    今年は台風のために17日、18日は開催が中止と決まりました

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ