愛・地球博 愛知万博2

開催時期 : 2005年3月25日〜9月25日
花色紀行>>祭りや旅行>>愛・地球博 愛知万博2

 愛・地球博 愛知万博 2日目

イベントの集団 左矢印
グローバル・ループ上で見かけたイベントの集団です

右矢印
つつじ池の向こうはメキシコ館です。館内で夕食を摂ったのですが・・・口に合いませんでした。展示では、海・砂漠・森林・密林地帯という4つの主な生態系が体験できます。また、それぞれの展示場所で映像やビデオを上映中
つつじ池の向こうはメキシコ館
花壇風景その1 左矢印
グローバル・コモン1(アジア)手前の花壇風景その1

右矢印
グローバル・コモン1(アジア)手前の花壇風景その2
花壇風景その2
オセアニア 東南アジア 左矢印
グローバル・コモン6(オセアニア 東南アジア)にて

右矢印
「ワンダーホイール展・覧・車」から眺めた夜の「ワンダーサーカス電力館」外観
夜の「ワンダーサーカス電力館」外観
瀬戸会場の「瀬戸愛知県館」 左矢印
瀬戸会場の「瀬戸愛知県館」では人と森の融合をテーマに「森の劇場」でいろんな映像を楽しめます。スロープを降りていくと子供たちの絵や作品が地域ごとに展示されています

右矢印
瀬戸会場の「市民パビリオン」外観。内部はエレベーターで移動でき、一階は「対話劇場」になっています
瀬戸会場の「市民パビリオン」外観
オセアニア 東南アジア 左矢印
グローバル・コモン6(オセアニア 東南アジア)にて。後方の目立つ赤い建物がワンダーホイール展・覧・車です

右矢印
「三菱未来館」のロボット。もしも月が無かったらというテーマでIFXシアターを満喫できます
「三菱未来館」のロボット

  1. 日立グループ館予約入場。、「メインショー」では、ユビキタス・エンターテインメント・ライドに乗って、5つのさまざまなゾーンを見ることが出来ます。スコープを見ながら手を差し伸べると、希少動物のウミガメ、チョウ、クロサイと触れあえます。車いす対応のライドがあります。
  2. モリゾー・ゴンドラに乗って瀬戸会場へ。途中で住民のプライバシー保護のためにゴンドラの視界がまったく見えなくなります。どういう仕掛けなんでしょう
  3. 瀬戸愛知県館。「森の劇場」では普段なかなか見られない虫の世界を大スクリーンで見ることが出来ます。カマキリの生態などは見てびっくりでした
  4. 市民パビリオンにて生ビール付きで昼食。その後再びモリゾー・ゴンドラに乗って長久手会場へ
  5. グローバル・トラムに乗って西ゲートまで
  6. グローバル・コモン2の各国パビリオンに入場。カナダ館では出口で光の反射がきれいなカードをくれました。
  7. メキシコ館入場、展示物を眺め、映像を楽しみ、一通り回った後はレストランにてビール付き夕食
  8. 三菱未来館予約入場。プレショーは月と地球のおしゃべり、六角形のIFXシアターで広がる「月がなかった場合」の大迫力画面が感動的
  9. ワンダーホイール展・覧・車は予約無しで行列に並びました。昨日に続いて2度目ですが、何度見ても夜の景観は素晴らしい
 車イス情報 
西ゲートの身障者用駐車場からの帰路は入ってきたそのままに退出します。長久手IC方向は「前熊東」信号から左折すればよろしいし、猿投グリーンロード方向は「前熊東」信号を直進し次の信号から右折すれば猿投グリーンロードにそのまま入ることが出来ます。

東海循環自動車道に入るには、猿投グリーンロードの「猿投東」出口手前に接続標識が出ていますのでここで出ますと標識どおりに進みます。
  • 住所  :愛知県長久手町、瀬戸市
  • 電話番号:052-955-2005(愛・地球博コールセンター)8:30〜22:00
  • 入園料 :当日券 大人4600円、中人2500円、小人1500円、シニア3700円、身障者2300円
  • 開園休日:無休 2005年3月25日〜9月25日、9:00〜22:00
  • 駐車場 :3000円
  • URL : http://www.expo2005.or.jp
  • 参考 :
    • グローバル・トラム:大人、小人500円 障害者300円
    • IMTS:大人200円、小人100円 障害者100円
    • 自転車タクシー:大人300円、小人200円 障害者200円
    • キッコロ・ゴンドラ:大人600円、小人300円、障害者300円
    • モリゾー・ゴンドラ:無料
    • 会場間燃料電池バス:無料

 このページ最初へ戻る

万博初日へ<< 表紙 >>万博3日目へ