花どんたく 10/11

見頃時期 : 2005年9月9日(金)〜11月20日(日)
花色紀行>>祭りや旅行>>各地のふるさと祭り>>アイランド花どんたく

9月12日 9月28日 10月6日 10月12日
10月26日 11月1日 11月3日 11月8日
11月13日 11月17日 11月18日

 アイランド花どんたく 全国都市緑化ふくおかフェア 福岡市東区香椎浜

福岡市東区のアイランドシティで「第22回 全国都市緑化ふくおかフェア」が開催されています。9月9日から11月20日までの期間、午前9時30分から午後5時30分までの開場期間です。

会期末が近づくにつれていっそう花々が見頃になってきたのは皮肉なようにも感じます。その一方で中に入れないはずの百景園に大勢の人たちが入っていろんな風に楽しんでいる光景を見ると、ロープを張って立ち入り禁止状態にしていることが差別的な現象にも感じるこの頃です。

今時は、コスモス、チョコレートコスモス、キバナコスモス、パンジー、ペチュニア、サフラン、マリーゴールドなどの花々が彩り鮮やかに咲きそろっていますので、最後の最後までじっくりと鑑賞を楽しむと良いでしょう。

虹の池方向、山笠ゲート付近方向の光景(23247 byte) 左矢印
青いバラ展示室から出て虹の池方向、山笠ゲート付近方向の光景です。背景に博多祇園山笠の飾り山が見えています

右矢印
第3展示室のハカタユリが空調で調整していたガラスケースから出されて、近くででユリの香りを楽しむことが出来ます
第3展示室のハカタユリ(18697 byte)
百景園から虹の池、アジアンティーガーデン方向を見た光景(30701 byte) 左矢印
百景園から虹の池、アジアンティーガーデン方向を見た光景です。

右矢印
マリーゴールド、ハゲイトウなどの花々越しに見えている建物がアジアンティーガーデンです
花々越しに見えている建物がアジアンティーガーデン(29486 byte)
博多塀(21165 byte) 左矢印
博多塀です。この塀は三基造られています。この塀の向こうがアジアンティーガーデンになります。下のほうの説明も参考にしてください

右矢印
イベントステージで行われた、歌劇団エトワール&パンドラ合同公演の「ファンタジック・レビュー」”花・夢・愛”です。特に関西の宝塚から来てくれたパンドラの5人のダンサーのすばらしさには感動しました
歌劇団エトワール&パンドラ合同公演(16298 byte)
花の美術館手前の花壇風景(23670 byte) 左矢印
花の美術館手前の花壇風景です。花壇は少しずつ入れ替えをしていますが背景に写るモニュメントの表が「ゴッホのヒマワリ」というのはそのままで哀れです

右矢印
カナダから来られた人のストリートパフォーマンスです。日本語も達者で、場の盛り上げ方も上手なので思わず引き込まれてしまいしばしの時間を楽しみました。
カナダから来た人のストリートパフォーマンス(23865 byte)

アジアンティーガーデン

虹の池に突き出したアジアのリゾート地をイメージした木造の休息所です。私たちは毎回ここで持参してきた手作り弁当を広げていただきました。時には睡蓮が満開になったり、アメンボウが走っていたり、百景園の花々が遠望できたりとすてきな環境でした。

建物自体が「ゼロ・エミッション」(廃棄物ゼロ)を理念に造られています。木材は間伐材を使っています。その他にも、琉球建築の様式を取り入れ、休息所の前面に魔除け、目隠しの役をする屏風として「博多塀」が三基造られています。

アジアンティーガーデンの「博多塀」には福岡県西方沖地震で被災した民家から出た廃瓦が使われていますし、歩道には木材を破砕したウッドファイバー、竹を破砕したバンプーファイバーが敷かれています。(福岡市市政だよりより)

園芸福祉の庭

「園芸福祉」は園芸の持つ「潤いと癒しの効果」を活用して、障碍の有無や年齢、性別、社会的な立場などを越え、すべての人が幸せになろうという社会活動だそうです。「園芸福祉の庭」は「花や緑とふれあい、みんなで幸せになろう」をモットーに色や形、葉が擦れあう音、香り、味、質感など、植物の特色を生かした「五感で感じる庭」が造られています。(福岡市市政だよりより)

 車イス情報 
駐車場は100台分が用意されていますが車イスマークが無いために場所が分かりにくいかもしれません。大勢いるスタッフに尋ねると良いでしょう。駐車場料金所で身障者手帳を見せると駐車料金が無料になり、フロントに掲示する駐車許可証をくれます。

会場内にはかなりの数の身障者用トイレが設置されていますので利用するのに支障はありません。「花どんたくステージ」横のトイレには男女とも簡易ベッドが付いていますので、簡単な着替えなどをするときには重宝します。

身障者本人と介助者一名は無料になります。会場内の大部分は高低差がほとんどありませんので車イスでの移動に支障はありません。屋上展望台に上るときのスロープはやや力を必要とするかもしれません。
  • 住所  :〒813-0016 福岡市東区香椎浜3丁目26-7
  • 電話番号:TEL092-663-8787(はなはな) FAX092-681-3962(受付時間9:00〜17:30)
  • 入園料 :大 人 \1,500 高校生以上65歳未満、シルバー \900 満65歳以上、小 人 \700 小・中学校の児童、生徒
  • 開園休日:無休、9時30分〜17時30分、平成17年(2005年)9月9日(金)〜11月20日(日)の73日間 
  • 駐車場 :500円 普通車 約8500台(身障者用約100台)
  • URL : http://www.fukuoka-ryokukafair.jp/index.php
  • 参考 :九州道から福岡都市高速に入った後は香椎方面に走り、香椎浜ランプで降りたら案内標識通りに行くだけです。地下鉄貝塚駅からとJR千早駅からは無料のシャトルバスも出ています

 このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ