花どんたく 2/11

見頃時期 : 2005年9月9日(金)〜11月20日(日)
花色紀行>>祭りや旅行>>各地のふるさと祭り>>アイランド花どんたく

9月12日 9月28日 10月6日 10月12日
10月26日 11月1日 11月3日 11月8日
11月13日 11月17日 11月18日

 アイランド花どんたく 全国都市緑化ふくおかフェア 福岡市東区香椎浜

福岡市東区のアイランドシティで「第22回 全国都市緑化ふくおかフェア」が開催されています。9月9日から11月20日までの期間、午前9時30分から午後5時30分までの開場期間です。

展望台から見た「虹の池」(21271 byte) 左矢印
テーマ館「ぐりんぐりん」の第2展示室入り口付近から屋上庭園、展望台に登ることが出来ます。展望台から「虹の池」方面を写しました

右矢印
同じく屋上展望台から「虹の池」「アジアンティガーデン」方面を写しました。
屋上展望台から見た「アジアンティガーデン」(21184 byte)
「仮谷崎省吾」さんの「花ステージ」ディスプレー(29006 byte) 左矢印
「花の美術館」で開催中の「仮谷崎省吾」さんの「花ステージ」ディスプレーです

右矢印
1995年にサントリーが青いバラ開発過程で、同じバイオを技術を用いて開発した、世界で唯一の青色系カーネーションです
青色系カーネーション(24753 byte)
「花の大迷路」の朝顔(25632 byte) 左矢印
福岡市内の小学生が丹精込めて育ててくれた朝顔を「花の大迷路」の壁面に這わせていました。ここでは朝顔に関するクイズラリーもやっていて、参加賞のほかに全問正解者用の賞もあります。私ももらいましたよ

右矢印
これらの野外彫刻は全てが焼き物なんだそうです。一つ一つを見るのではなく全体を眺めてほしいということですが・・・なんだか彩り豊かな秋の紅葉の山々のようにも見えた私です。
全てが焼き物だという野外彫刻(24692 byte)
二胡演奏者の趙国良コンサート(15141 byte) 左矢印
「花どんたくステージ」で開催された「趙国良コンサート」の模様です。皆さん彼の二胡演奏レベルはご承知のようでほぼ満席状態でした。やはり卓越した演奏技術です

右矢印
今日は春日市の日です。勇壮な春日太鼓の音色が「花どんたく会場」に隅々まで轟き渡ったことでしょう
勇壮な春日太鼓(16083 byte)
ゴッホのヒマワリ(19476 byte) 左矢印
「花の美術館」前のモニュメントは表が「ゴッホのヒマワリ」です。言われてみて初めて分かる程度の陰影なのですが分かりますか?

右矢印
「花の美術館」前のモニュメントの裏側は「葛飾北斎のゆり」です。かなり花がくたびれてしまっていてなかなか分かりにくいですね
葛飾北斎のゆり(17510 byte)

花どんたくステージ

   今回は「花どんたくステージ」が素敵でした。
11時から:春日市の日で春日太鼓の熱演、春日よさこい踊り、ゴスペル
13時から:「趙国良コンサート」です。アジアからの風というタイトルでした。ほぼ満席状態でしたのはやはり卓越した演奏技術をみんなが知っているのですね
15時から:博多の伝統文化を楽しむと題して、鎮西楽所の雅楽公演です。普段なじみが薄い雅楽ですが、今回のように詳しい説明があるとよく理解できます

テーマ館「ぐりんぐりん」屋上の展望台

初めて登ったテーマ館「ぐりんぐりん」の第2展示室入り口付近からの展望台ですが、360度の景観を楽しめて快感でした。太陽の位置を考えて、写真撮影に適した時間を選べばもっとよい景観と写真にあたるかもしれません。ただしここに上るときには他の展示室へは入っていけないのです。つまり一度展望台から降りて再び建物の外周をぐるりと回って入り口へ向かわなければいけないのです。展望台から降りたところが第3展示室入り口なのになぜこのようなばかばかしいことをするのでしょうか?身近な「アテンダント」に聞いても「規則ですから」という返事しか返ってきませんでした。

   今回も昼食は外れでした。「癒しの森」内の憩いのスペースで中華の、ワンタン、餃子、韮餃子を取ってビールを取って二人で食べたのですが、味はそこそこでしたが量が極端に少なく、ワンタンのスープは生温くて散々でした。値段と比較しても会場内での食事は極力避けて弁当持参のほうが良いようです。
 車イス情報 
駐車場は100台分が用意されていますが車イスマークが無いために場所が分かりにくいかもしれません。大勢いるスタッフに尋ねると良いでしょう。駐車場料金所で身障者手帳を見せると駐車料金が無料になり、フロントに掲示する駐車許可証をくれます。

会場内にはかなりの数の身障者用トイレが設置されていますので利用するのに支障はありません。ただし暑い時にはシルバー色の壁面が曲線のトイレは避けたほうが賢明です。天井がガラスで通気が悪いために中に入ると蒸し風呂状態です。それから「花どんたくステージ」横のトイレには簡易ベッドが付いていますので、簡単な着替えなどをするときには重宝します。

身障者本人と介助者一名は無料になります。会場内の大部分は高低差がほとんどありませんので車イスでの移動に支障はありません。
  • 住所  :〒813-0016 福岡市東区香椎浜3丁目26-7
  • 電話番号:TEL092-663-8787(はなはな) FAX092-681-3962(受付時間9:00〜17:30)
  • 入園料 :大 人 \1,500 高校生以上65歳未満、シルバー \900 満65歳以上、小 人 \700 小・中学校の児童、生徒
  • 開園休日:無休、9時30分〜17時30分、平成17年(2005年)9月9日(金)〜11月20日(日)の73日間 
  • 駐車場 :500円 普通車 約8500台(身障者用約100台)
  • URL : http://www.fukuoka-ryokukafair.jp/index.php
  • 参考 :九州道から福岡都市高速に入った後は香椎方面に走り、香椎浜ランプで降りたら案内標識通りに行くだけです。地下鉄貝塚駅からとJR千早駅からは無料のシャトルバスも出ています

 このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ