ミュージックシティ天神4

開催時期 : 2004年は9月23日(木)〜26日(日)
花色紀行>>祭りや旅行>>各地のふるさと祭り>>ミュージックシティ天神

 ミュージックシティ天神

「博多ジャズオーケストラ」のメンバーです(21139 byte) 左矢印
岩田屋本店前広場で演奏中の「博多ジャズオーケストラ」のメンバーです。それぞれの楽器のソロもあり、大いに盛り上がっていました。結成してからまだ3年目ぐらいとはとても思えない迫力と演奏力は大いなる拍手をもらいました。

右矢印
パサージュ広場のステージに登場した二胡奏者の「JUNKO」さんと応援のギタリストです。素晴らしい演奏だったのですが、ドコムステージでの「スムルース」の音量が余りにも大きすぎて、繊細なこの二人の音色が掻き消えがちだったのが残念です。
二胡奏者の「JUNKO」さんと応援のギタリスト(13722 byte)
「TRIO DE TRIO」のメンバーです(15991 byte) 左矢印
パサージュ広場のステージに登場した「TRIO DE TRIO」のメンバーです。渋いながらもいい音を出していました。

右矢印
ドコモステージ(福岡市役所)での「明星」のコンサート風景。このあたりでは聴衆もまだまだおとなしかったのですが・・・
「明星」のコンサート風景(18213 byte)
「COOL.MB」等のステージ(10158 byte) 左矢印
ソラリアプラザゼファでは「COOL.MB」等のステージで皆が盛り上がっていました。やはりこの一角は独特のファンが押し寄せるようです。

右矢印
これはドコモステージ(福岡市役所)での「CHABA」の演奏風景です。このあたりではすでに聴衆は総立ち状態で、かなりの盛り上がり方でした。
「CHABA」の演奏風景です(18532 byte)
「クールギア」による1960年代の懐かしい歌の数々(17703 byte) 左矢印
岩田屋Zサイド前広場では一般公募ミュージシャンによる街頭ライブがあり、いろんなグループがそれぞれの特徴を表現する絶好の機会です。これは「クールギア」による1960年代の懐かしい歌の数々でした。

右矢印
このグループは「Buck Natural」というメンバーで強烈とも言えるロックが身上のアメリカンアーチストの4人組です。ただし、音量をいっぱいに上げているのと、英語の歌詞ですので、何を訴えたかったのかは今一伝わって来ませんでした。」
「Buck Natural」というメンバー(16923 byte)

福岡市の中心部「天神」で開催された、九州最大の音楽の祭典「ミュージックシティ天神」が今年2004年も9月23日(木)〜26日(日)と4日間で延べ約数万人の人出を集めて、街角での音楽の祭典は最大に盛り上がりました。最大の人を集めた「福岡市役所ふれあい広場」では大勢の人達で音楽は聞こえるけれどミュージシャンの姿は見えない状態で、それでもなお熱心なファンは座り込んで聞入っていました。

岩田屋本店前(Zサイド前)広場では一般公募ミュージシャンによる街頭ライブがあり、買い物客も足を止めたまま大混雑です。ステージが狭いのが難点でしたが、余りある熱気が漂っていました。一方近くの天神コア芝生広場では有料ながらしっかりと聴衆があり、ベスト電器のホールでもいろんなメンバーが入れ替わり立ち代りでステージを賑わせました。

それぞれの会場では夜までいろんなミュージシャンが活躍していたようですが、ドコモステージ(福岡市役所)は夕方からの「うたいびと はね」「コブクロ」辺りからはステージの撮影は禁止になり、総立ち状態でまったくステージは見えなくなりました。

 車イス情報 
車イス利用者用駐車場に関しては平日ですと大丸デパートの地下駐車場、天神中央公園地下駐車場、市役所地下駐車場、等々色んなところがあるのですが、土曜日曜についてはかなり混雑しますので車での乗り入れは無理かと思います。 身障者用トイレについては、大丸デパート、三越デパート、ソラリアビル、イムズビル、アクロス福岡、ベスト電器等々色んな場所に設置されていますので会場を少し離れると宜しいでしょう。平日ですと会場がある市役所のトイレが利用できます。

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ