博多祇園山笠04年

花色紀行>>祭りや旅行>>各地のふるさと祭り
  1. 福岡県 行橋産業祭 愛ランドフェア
  2. 福岡県 よかもんフェスティバル 柳川産業祭
  3. 福岡県 ふるさとまつりin甘木
  4. 福岡市 アジア太平洋フェスティバル
  5. 福岡県 宝珠山ふるさとフェア
  6. 佐賀県 ばんたフェスタ小城
  7. 福岡市 博多祇園山笠
  8. 福岡市 博多どんたく港まつり

 博多祇園山笠 (福岡市の一部広範囲)

712c4yamagasa14.jpg(14393 byte) 左矢印
12日の「追い山ならし」の時、七番山笠「中洲流」の舁き山が櫛田入りをして出てきた直後の迫力ある走りの一瞬です

右矢印
12日の「追い山ならし」の時、六番山笠「東流」の舁き山が櫛田入りをして出てきた直後の走り行く後姿です。
712c4yamagasa13.jpg(14706 byte)
713c4yamagasa02.jpg(15767 byte) 左矢印
13日の「集団山見せ」の時の二番山笠「千代流」の勇姿です。標題は「輝光先鋒誉(てりかがやく せんぽうのほまれ)」「毘威謙信誉(びい けんしんのほまれ)」となっています

右矢印
13日の「集団山見せ」の時の四番山笠「土居流」の勇姿です。標題は「雷風天下轟(いかづちのかぜ てんかにとどろく)」となっています
713c4yamagasa05.jpg(17841 byte)
713c4yamagasa06.jpg(17501 byte) 左矢印
13日の「集団山見せ」の時の五番山笠「大黒流」の勇姿です。標題は「神剣照天地(しんけん てんちをてらす)」となっています

右矢印
13日の「集団山見せ」の時の三番山笠「恵比寿流」の勇姿です。標題は「神光射斗牛(じんこう とぎゅうをいる)」となっています
713c4yamagasa10.jpg(18184 byte)

7月1日からは市内の数箇所で豪華絢爛な「飾り山」が披露されていますので早速飾り山巡りに出かけて行きました。出発は博多駅です。ここの総合案内所に行くと、「山笠」関連のパンフレットを置いてありますのでまずそれらをいただいた上で各所を回ると山笠めぐりの理解もいっそう進むというものです。以下の表は私が回った順番に乗せていますので必ずしも一番最短距離で回るコールではないかもしれません。このコースですべて歩いて大体4時間ぐらいです。
それぞれの画像はクリックすると大きな画像(360*480)がポップアップ表示されます[NC4.*の方は申し訳ないのですが・・・]
Norton Internet Securityを使っている人は広告ブロックをオフにしないと画像を見ることができない場合があります

番号 飾り山の場所 種類 飾り山の各表題 見送り
13 博多駅商店連合会 好漢新撰組
こうかん しんせんぐみ
博多駅商店連合会の飾り山「好漢新撰組」 博多駅商店連合会の飾り山「レジェンズ〜甦る竜王伝説」
見送り レジェンズ〜甦る竜王伝説
れじぇんず〜よみがえるりゅうおうでんせつ

番外
櫛田神社 新撰組至誠之勇
しんせんぐみ しせいのゆう
櫛田神社の飾り山「新撰組至誠之勇」 櫛田神社の飾り山「祝いめでたや50年」
見送り 祝いめでたや50年
いわいめでたやごじゅうねん
7 東流 曽我兄弟富士誉
そがきょうだい ふじのほまれ
東流の飾り山「曽我兄弟富士誉」 東流の飾り山「竜宮城」
見送り 竜宮城
りゅうぐうじょう
10 博多リバレイン 日本之夜明
にっぽんのよあけ
博多リバレインの飾り山「日本之夜明」 博多リバレインの飾り山「遊撃翔悟空」
見送り 遊撃翔悟空
ゆうげき しょうごくう
15 川端中央街 弁慶五條橋
べんけい ごじょうばし
川端中央街の飾り山「弁慶五條橋」 川端中央街の飾り山「ドラえもん」
見送り ドラえもん
どらえもん
8 上川端通 勇猛狒狒退治之勲功
ゆうもう ひひたいじのくんこう
上川端通の飾り山「勇猛狒狒退治之勲功」 上川端通の飾り山「暫」
見送り
しばらく
1 中州流 両雄対決激戦誉
りょうゆうたいけつ げきせんのほまれ
中州流の飾り山「両雄対決激戦誉」 中州流の飾り山「伊勢路人情旅暦」
見送り 伊勢路人情旅暦
いせじ にんじょうたびごよみ
14 キャナルシティ博多 菅原伝授手習鑑車引
すがわらでんじゅてならいかがみ くるまびき
キャナルシティ博多の飾り山「菅原伝授手習鑑車引」 キャナルシティ博多の飾り山「かぐや姫月旅行」
見送り かぐや姫月旅行
かぐやひめ つきりょこう
15 ソラリア 決戦筑紫太刀洗
けっせん つくしたちあらい
ソラリアの飾り山「決戦筑紫太刀洗」 ソラリアの飾り山「一心一矢誉与一」
見送り 一心一矢誉与一
いっしんいっし ほまれのよいち
16 新天町 忠臣集旗下
ちゅうしん きかにつどう
新天町の山笠「忠臣集旗下」 新天町の山笠「空とぶヒヨコ!」
見送り 空とぶヒヨコ!
そらとぶひよこ!

博多祇園山笠の予定表

7月1日 飾り山公開、当番町お汐井取り 朝から この日から博多祇園山笠が実質的に始まる
7月9日 全流お汐井取り 朝から お汐井を持ち帰り、事故がないように体に振りかけて祈願する
7月10日 流舁き 16:00〜 舁き山がそれぞれの流区域を舁きまわる
7月11日 朝山(祝儀山) 5:00〜 お年寄りが招待されて、子供たちも山笠に上がることが出来る
7月12日 追い山ならし 15:59〜 本番と一緒の状態で舁き山が走る
7月13日 集団山見せ 15:30〜 呉服町交差点を出発して博多から福岡市役所まで入る
7月14日 流舁き 夕方〜 明朝の本番を前にして各流が最終的な調整を行う
7月15日 追い山 4:59〜 一番山笠が櫛田入りして5分間隔で各流が5キロの区間を快走する


福岡市では待ちに待った博多祇園山笠が7月1日に幕を開けます。この日には高さ10mを越す「飾り山」が市内の各地で公開されますし、もう一方の「舁き山(かきやま)」も色んな行事で動き始めます。



博多祇園山笠は、「動」と「静」とに区別されます。まず、「静」というのが「飾り山」で、これは市内の各所12箇所に飾られます。幕開けから見て回れるのはこれらの「飾り山」です。それぞれに「表」と「見送り」とが表裏対をなして飾られていまして、毎年それぞれにテーマというか「標題」が有ります。毎年市内の子供たちのスケッチ対象になるのは「見送り」に飾られているアニメの主人公のようですが、やはり「表」を見るのが一番の楽しみです。



市内の川端通りを中心として、博多駅、呉服町、中州、天神、等々を徒歩で回ったとして約4時間ぐらいのものですから、足に自信がある方はぜひ実行されることをお薦めします。博多駅その他に、「飾り山」等に関するパンフレットが置いて有りますのでそれらとともにご一緒されたらよりいっそう山笠が楽しめます。勿論道に迷ったり困ったりした時にはお近くの誰にでも声をかけたら親切に教えてくれます。特に「博多美人」は情に厚い事で有名ですから・・・

 車イス情報
福岡市内で「飾り山」を設置している周辺に車イスで不自由する所はありません。どこの「飾り山」も自由にゆっくりと鑑賞出来ます。ただし、櫛田神社境内に入るのは誰かの介助が必要になるかもしれないと思っていましたが2003年に行った時には仮説のスロープもありましたし、神社右手にまわればそのまま入っていけました。なお、身障者用トイレも新設され、車イス利用者用の臨時駐車スペースもありました。その他場所の車イス利用者用トイレも緊急の場合で無い限りではかなりの場所に設置されていますので、その時点で尋ねられたら良いでしょう。なお、この期間は車を利用しての「山笠」見物は止めた方がよろしいです。博多駅周辺及び近郷に駐車して、地下鉄の利用をお勧めします。勿論地下鉄は全線利用できますし、身障者用トイレもあります。

「追い山ならし」「集団山見せ」などの時には見物の人たちは座ったままとは限りません。大部分が立ち上がるようですので車イス利用者には時として見物に支障が出る事もあります。大部分の人は前に立ちふさがることはありませんが場所取りの如何が大いに影響します。関係者に車イスでの見物スペースを確保してほしいのですが・・・その点、ディズニーリゾートなどは素晴らしい配慮をしてくれていますね
福岡市内市営駐車場情報(身障者は割引があります)
  • 名称 :市営博多駅駐車場
  • 所在地 :博多区博多駅南4-14-14
  • 電話:092-431-6600
  • 収容台数:88台
  • 通常料金:30分毎150円(午前8時〜午後10時まで)
  • 参考に!:今年改築されて車イス用トイレも新設
  • 名称 :市営築港駐車場
  • 所在地 :博多区築港本町14-2
  • 電話:092-291-0244
  • 収容台数:362台
  • 通常料金:30分毎100円(午前7時〜午後10時まで)
  • 参考に!:ここからだと地下鉄が使えずタクシーで都心へ・・・
  • 名称 :市営大橋駐車場
  • 所在地 :南区大橋2-16
  • 電話:092-561-0516
  • 収容台数:120台
  • 通常料金:最初の1時間は150円、以後30分毎100円(午前7時〜午後10時まで)
  • 参考に!:西鉄電車を使って都心天神へ・・・
  • 名称 :市営中州川端地下駐車場(博多リバレイン地下)
  • 所在地 :博多区
  • 電話:092-
  • 収容台数:
  • 通常料金:30分毎150円(午前8時〜午後10時まで)
  • 参考に!:ここが一番便利な駐車場でしょう。建物内にいくつも車イストイレがあります

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ