国際らん博覧会in福岡ドーム8

花色紀行>>祭りや旅行>>国際らん博覧会in福岡ドーム

 国際らん博覧会in福岡ドーム 

国際らん博覧会その1 左矢印
「平田ナーセリー」のディスプレー。会場の中心部に展示されているここは、規模も最大で、使っている蘭の数も一番多く写真を撮る人たちの一番人気でした。今年は「蘭舞交響曲第2章」というネームプレートが出ていました

右矢印

国際らん博覧会その2
国際らん博覧会その3 左矢印

右矢印
国際らん博覧会その4
国際らん博覧会その5 左矢印


右矢印
国際らん博覧会その6
国際らん博覧会その7 左矢印


右矢印
国際らん博覧会その8
国際らん博覧会その9 左矢印


右矢印
国際らん博覧会その10

今年も福岡ドームのラン展に行って来ました。しかし、年々ラン展の規模が小さくなってきているように感じるのです。初期に比べると出展作品が少なくなっている上に、ランの種類も少なくて花の数も少ないと思います。来年も果たして行くかどうか、今のところは判断がつきません。

今回も会場内が広いのと、入場者が多くなり混雑してきたことで、私たちも2時間半ほどで引き上げることにしました。それでも販売ブース以外はほとんど鑑賞することが出来ました。1日かけてじっくりと見て回るほうが良いのは分かりますが、それだと地下鉄で来るしかなく、地下鉄の唐人町駅からの距離を考えるとついつい車に頼ってしまいます。今年は天気も悪かったですし・・・。
 車イス情報 
事前にヤフードーム(092-847-1006代表)に電話して身障者用駐車スペースを予約しておくと係りの人が車イスマークのスペースを確保しておいてくれます。車イス利用者用の駐車スペースがあるのは、駐車場の「2階Dブロック」ですので、その表示が出てくるまで円形の通路を回らなければいけません。「Dブロックの2〜6」に行くとかなりの数の車イスマークがありますし、近くにエレベーターもあります。

ラン博覧会の入場ゲートは3階ですので、駐車場の2階からひとまず3階に登ったあとで外に出て、5ゲートでチケットを購入し専属のスタッフの案内で特殊エレベーターにて会場の1階まで下りることになります。

帰るときにも専属スタッフの案内でエレベーターを利用します。身障者用トイレもありますが場所が分かりにくいので係員に聞けばよいでしょう。入場料金は通常1800円のところ、介助者ともに1600円でした。前売りのチケット代金は1500円ですので前売りチケットを購入した方が安いです。場内は、引き回されたコード類などのカバーがあるところが段差になっている他は全て平坦です。
  • 住所  :福岡市中央区地行浜2−2−2 福岡ヤフードーム
  • 電話番号:092-847-1006(代表)
  • 入場料 :1800円(前売り1500円)
  • 入場日 :2008-3-14
  • 開園休日:2008年3月13日(木)〜16日(月)9:30〜17:00
  • 駐車場 :300円/1時間
  • URL : http://www.rkb.ne.jp/ran05/
  • 参考 :主催は国際らん博覧会実行委員会、主管はRKB毎日放送、福岡ソフトバンクホークス

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ