九州のテーマパーク

花色紀行>>祭りや旅行>>九州のテーマパーク
  1. 熊本県荒尾市 三井グリーンランド
  2. 北九州市 スペースワールド 
  3. 福岡市南区 もーもーらんど
  4. 佐賀県武雄市 佐賀宇宙科学館
  5. 佐賀県神埼郡 どんぐり村  
  6. 福岡市東区 かしいかえん
  7. 福岡市中央区 福岡市動植物園
  8. 福岡市中央区 ウェルネスストリート
  9. 大分県速見郡 ハーモニーランド

 かしいかえん

なんと言ってもフリーパスを使っての遊具乗り放題が子供達には大人気です 福岡市東区にある「かしいかえん」に行きました。入園料が一時の半額まで下がり、フリーパスポートも大幅に値下がりしたことはうれしい限りなのですが、その反面一部の遊具が撤去されて本来の「花園」となっていました。今後はこういう風に原点に戻る方針のようです。私達の子供の時には「香椎花園」は遊具はあまり無く、バラやチューリップがいっぱい咲き乱れる一種の公園のような状態で、学校からの遠足などでもよく訪問したものです。その後だんだんと遊具が増えてきた結果、周辺の大規模テーマパークと競合することになり、今回それらの競合から撤退し、原点に復帰するとの事でしょう。
この件については年配者にはとても好評のように受け止められています。なぜなら、現在の状況では年配者が入園してゆっくりと楽しむ環境には無いからです。つまり、幼児から若者達には指示されているいろんな遊具は、年配者にとって魅力の対照には無いからでしょう。それよりも花をメインにした花園という環境のほうがそれらの人たちをひきつける結果となることでしょう。

メリーゴーランドは子供から大人まで誰もが楽しめるファンタスティックな乗り物ですそれではこれまでの主たる来園者であった子供達についてはどうなるのでしょうか?徐々に遊具を減らしていくにつれて、そういう来園者も減っていくのでしょうか?子供達にとっては花を求めてやってくるよりも、ジェットコースター目当てにやってきていることは、自分達の子供時代を振り返ってみても明白です。これから先の「かしいかえん」の変化が何となく気になります。
 車イス情報 
車イス利用者用の駐車スペースは1台分がありまして、西鉄宮地岳線の「かしいかえん」駅前のかしいかえん正面入り口に向かって左側にあります。その他の駐車場もかなり広いスペースですので特に問題になることは有りません。園内に身障者用トイレが2ヶ所あります。それぞれの設備についても特に問題なく使用できますがウォシュレットではありません。ボタン園、シャクヤク園の散策路に入っていくのには段差がありますが、入っていかなくても観賞は出来ます。遊具については、全く立てない私みたいなものが利用できるものはありません。
かしいかえん
  • 住所  :〒813-0003 福岡市東区香住ヶ丘7丁目2-1
  • 電話番号:092-681-1602
  • 入園料 :500円
  • 開園休日:無休 10:00〜18:00
  • 駐車場 :600円
  • 花の見頃:1年中花を咲かせるようになるそうです
  • URL : http://www.nnr.co.jp/nnr/leisure/kasii/

このページ最初へ戻る

 福岡市動植物園 

福岡市動植物園 ゾウさんは子供達には大人気です。 南公園の濃い緑が涼しげな散策路をなしている中に、いろんな動物のおりが設けられていて、一部で隣の植物園と連絡しています。暑い時期の日中ですので、ライオン、くま、トラ、ヒョウ等々の子供が喜びそうな猛獣は全てお昼寝の真っ最中でほとんど動かないような状態でした。さすがにさる山では愛嬌もののいろんなサルがかわいい動きで見ているものを楽しませています。それでもサル山自体がコンクリート製なので、水浴びをしたり、日陰に入っていたりで、いつもの動きはありません。

そういう我々も、キツイ勾配の上り下りにかなり苦労しています。散策路自体は涼しくとも、次から次へと上って行くのはかなりの体力も必要です。思わず冷たいものが欲しくなってきます。園内は正面入り口周辺が一番そういうお店がそろっています。後は頂上部分の遊園地のところに少しのお店があるくらいでしょう。植物園のほうは、入り口横に小さなお店があるのと、展望台下に喫茶ができるお店があります。

福岡市動物園、夏休みの期間、土曜には6時〜9時に「夜間開園」を、行っています。懐中電灯を持参しての「探検気分」が、かなり子供たちに受けているようです。一種の肝試し気分で参加する子もいるようです。 植物園のほうは、熱帯の草花が咲きそろう「温室」がかなり見ごたえがあります。近年、拡張工事をしてますます素晴らしくなりました。こちらのほうは四季折々の花々を楽しめますので、一年中市民のいこいの広場になっています。大温室の前の円形花壇には一年中いろんな花々が植えられていて、ここへ来る時の大きな楽しみです。

 車イス情報 
身障者専用駐車スペースがやや狭いながら2台分有ります。園内は何処もスロープが有りますので大部分は問題なく移動できます。車イス用トイレも何箇所か有りますが、場所によっては鉄製のドアーが重くて力が無い人には大変かもしれません。今年に入ってから中央芝生広場にも車イスで自由に入れるよう側溝を埋めてしまったようです。これでかなり助かります。蘭の展示室についてもスロープばかりですので大丈夫ですし、東洋ランを展示している「ギャラリー」については、外部スロープ登り口から逆に行くと入場出来ます。鉢植えを展示している部屋は階段が2段ありまして下へは降りてゆけませんが通路側から眺めることが出来ます。展望台も途中までは車イスで登れます。
福岡市動植物園
  • 住所  :〒810 福岡市中央区南公園1−1
  • 電話番号:TEL 092(531)1968(総合案内所)FAX 092(523)1971
  • 入園料 :400円 身障者、中学生以下は無料
  • 開園休日:9:00〜17:00 月曜
  • 駐車場 :500円
  • URL : http://www1.sphere.ne.jp/paf-paf/zoo/index.html

このページ最初へ戻る

 ハーモニーランド 大分県 

ハーモニーランド  幼児を連れて出かけるにはここが一番喜ばれます。何しろどんな子供でもが大好きな「キティちゃん」が主役のテーマパークなんですから、これまでに連れて行った子供たちにはすっかり感謝されました。勿論幼児だけではなく、女の子なら中学生でも十分に喜んでいますし、今では若いカップルも「キティちゃん」の可愛らしさを求めてやって来るといいます。ですから色んなテーマパークが伸び悩んでいる中で、ここだけは順調に伸びてきているそうです。園内では時間ごとに色んなショーやパレードも行われて、子供たちをひきつけていますし、色んなアトラクションがあって皆で楽しめます。散々遊んだ後のショッピングも皆が喜びます。かわいいグッズがいっぱい有って、子供たちは限られたお小遣いからしっかりと品定めをして見回っています。そんな一時の子供たちは大変幸せそうに見えます。
 車イス情報 
身障者専用駐車スペースが数台分用意されていますので、駐車場入り口で係の人に言えば案内してくれます。入場料金の身障者割引もありますのでその旨言ったほうが良いでしょう。園内のアトラクションで車イスのまま利用できるのはほんの一部だけですのであらかじめパンフレットを見ておいて「からだの不自由な方への施設のご案内」をようく覚えておくと良いでしょう。園内には身障者用トイレが数箇所有りますのでどれも設備に問題は有りません。又園内は一部にスロープが有りますがほぼ平坦です。なお、はるか下の方のエリアに行く時は、帰りのスロープが急ですので誰かの介助が必要になると思われます。
  • 住所  :〒879-1502大分県速見郡日出町大字藤原5933番地(国道10号線沿い)
  • 電話番号:0977-73-1111
  • 入園料 :
  • 開園休日:無休、9:00〜17:00
  • 駐車場 :
  • 花の見頃:月旬〜月旬
  • URL :  http://www.sanrio.co.jp/HARMONYLAND

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ