002379900 バラ 駕与丁公園(かよいちょう)

バラ 駕与丁公園

見頃時期 : 5月初旬〜下旬前後
花色紀行>>いろんな花々>>バラ

 駕与丁(かよいちょう)公園 福岡県粕屋町

駕与丁公園の秋バラ
上矢印
2016年11月6日のお昼前に到着しての撮影です。日曜日ですので駐車場は満車状態でしたがやや離れた場所に駐車しての鑑賞です。カメラはCanon EOS 70D。レンズは EF-S 18-135mm f/3.5-5.6 IS STM です。カメラ設定は F値5.6、シャッター速度1/800、ISO感度100、露出補正値0、ホワイトバランスは太陽、での撮影です。以降2枚が今回の秋バラ写真です。

駕与丁公園の秋バラ
上矢印
今回は秋のバラ園に来るのがやや遅くなりました。秋バラは数は少ないけれども香りが見事だという話でしたので始めてきました。しかし1週間前だったらもっと見事なバラの花々を見ることができたことでしょう。植物園バラ園を見てからこちらに来ました。

駕与丁公園
上矢印
2016年5月18日の午前9:00前に到着しての撮影です。この時間だと駐車場もがら空きです。カメラはCanon EOS 70D。レンズは EF-S 18-135mm f/3.5-5.6 IS STM です。カメラ設定は F値5.6、シャッター速度1/800、ISO感度100、露出補正値0、ホワイトバランスは太陽、での撮影です。以降3枚が今回の追記写真です。

駕与丁公園
上矢印
今回はバラ園に来るのがやや遅くなりました。1週間前だったらもっと見事なバラの花々を見ることができたことでしょう。他の場所をいろいろと回っていました。

駕与丁公園
上矢印
借景の新緑がとても素晴らしくバラの花々を引き立ててくれていました。今年は新緑がどこも見事に輝いているように感じます。出かけるのが楽しみになりますね。今年の写真は以上の3枚です。

駕与丁公園
上矢印
2015年5月11日の午前9:00前に到着しての撮影です。この時間だと駐車場もがら空きです。カメラはCanon EOS Kiss X5。レンズは EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS U です。カメラ設定は F値8、シャッター速度1/1000、ISO感度100、露出補正値0、ホワイトバランスは太陽、での撮影です。以降3枚が今回の追記写真です。

駕与丁公園
上矢印
マクロレンズは EF-S 60mm f/2.8 Macro USM です。カメラ設定は F値2.8、露出時間1/1600、ISO感度100、露出補正値0、ホワイトバランスは太陽、での撮影です。園内はかなりの混雑でお昼時でもあり、散策する人がついつい画面に入ってしまいます

駕与丁公園
上矢印
この淡いピンクのバラはうまく撮れたと思いました。暗い借景がよくぼけてくれて、バラがいっそう浮き立って見えます。マクロではなく標準レンズで f5.6 焦点距離 55mm でこれだけ撮れました

駕与丁公園
上矢印
2014年5月9日の午前11:30に到着しての撮影です。すでに駐車場はかなりの混雑でしばらくさまよいました。カメラはCanon EOS Kiss X5。レンズは EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS U です。カメラ設定は F値11、シャッター速度1/125、ISO感度100、露出補正値0、ホワイトバランスは太陽、での撮影です。以降4枚が今回の追記写真です。

駕与丁公園
上矢印
マクロレンズは EF-S 60mm f/2.8 Macro USM です。カメラ設定は F値2.8、露出時間1/1600、ISO感度100、露出補正値0、ホワイトバランスは太陽、での撮影です。園内はかなりの混雑でお昼時でもあり、散策する人がついつい画面に入ってしまいます

駕与丁公園
上矢印
この白バラはうまく撮れたと思いました。暗い借景がよくぼけてくれて、白バラがいっそう浮き立って見えます。もっとも、家族に言わせると腕よりもマクロレンズのおかげだそうですが・・・。

駕与丁公園
上矢印
一番外側から眺めると、穏やかなスロープが東屋まで伸びていますので、多段式に3重〜4重のバラの花々を眺めることができます。うまく考えたものです。もっとも、私の目線は低いのであまりご利益はありませんね。

駕与丁公園
上矢印
2013年5月11日の午前8:30に到着しての撮影です。しかし到着後に小雨が降り始めましたのでしばらくは様子を眺めていました。空はどんよりとして重たいです

駕与丁公園
上矢印
天気のせいか人々の出足が遅いのでゆっくりと見て回ることが出来ましたが。1時間ほどを過ぎると徐々に多くなって来ました

駕与丁公園
上矢印
立体的に設えられたバラ園ですので遠景も楽しめますし、園内を回遊しながら近くでも楽しめますので二重にお得です
駕与丁公園
上矢印
背が低い薔薇、背が高いバラと配置にも工夫が見られますし、粕屋町のすてきなピンクのバラを沢山植え込んでいるところも感心します

駕与丁公園バラ園その1 左矢印
バラ園に立体感が有り、見る場所によっては3重4重に重なったバラの花々が楽しめます。園内散策路はらせん状に緩やかに上っており、東屋の位置が最高点になります

右矢印
同じ場所に立っていても見る方向を変えるだけでまったく違うバラの花々を楽しめます
駕与丁公園バラ園その2
駕与丁公園バラ園その3 左矢印
種類が違うバラの花が幾重にも重なっていて、咲く位置も高さも違いますので見応えがあります

右矢印
近寄ってバラの花々の香りを楽しむ人も多く、シーズン中はかなりの人出でにぎわいます。特に土日の混雑は避けたほうが無難ですね
駕与丁公園バラ園その4
駕与丁公園バラ園その5 左矢印
同一地点に立っての右の風景です

右矢印
同一地点に立っての左の風景です
駕与丁公園バラ園その6
駕与丁公園バラ園その7 左矢印
バラのアーチにも見事なバラの花々が這わせてありました。アーチの中央に立って自らが主役的に撮影してもらう人も見かけました

右矢印
平面的なバラ園は多いのですが、ここのように立体的でデザインされたバラ園はあまり見かけません。これまでに見た最高のバラ園は「かのやばら園」でしたが・・・
駕与丁公園バラ園その8
駕与丁公園バラ園その9 左矢印
「かすやの里」というネームプレートがありました。このバラが一番見事で花数も多いことから、粕屋町で開発された品種だということでしょうか

右矢印
遠望される白い球面は「かすやドーム」です。手前の水面は「駕与丁池」です
駕与丁公園バラ園その10

今年は5月15日に行きましたらすでに見頃状態でした。一部のバラはまだつぼみ状態でしたので5月18日に再度行きましたらもっと見事なバラ風景が広がっていました。「粕屋町バラサークル」メンバーのバラの手入れが良いためか、園内に170種・約2300株のいろんな種類のバラの花々が甘い香りを放って訪問者を楽しませてくれます。バラは町が広島県から購入したそうです。バラ園の広さは3000平方メートルで花壇は町章をかたどった配置だということですが、よほど上から眺めない限り分かりませんでした。

バラ園のすぐ横にも駐車場があるのですがとても狭くて台数が限定されるためによほど早く行かないと駐車スペースはありません。もともと狭い道路を通っていくのですから、なるべく粕屋町総合体育館(かすやドーム)に駐車するようにしたほうが無難です。散策しながらバラ園までのんびり歩くのも眺めがよくて乙なものです。

 車イス情報 
粕屋町総合体育館(かすやドーム)に駐車すると、車イスマークの駐車スペースが数台分あります。公園内にはいろんなところに身障者用トイレがあります。駐車場からはスロープを下り駕与丁池を左手に見ながら駕与丁大橋(かよいちょう)を渡った場所がバラ園がある展望公園です。緩やかなスロープを登りながらバラ園の一角が見えてきますと感動的な光景が徐々に広がってきます。
  • 住所  :粕屋町大字仲原991-40
  • 電話番号:092-939-5130
  • 入園料 :無料
  • 入園日 :2007-5-15、18
  • 開園休日:無休 
  • 駐車場 :無料
  • URL :
  • 参考 : 福岡都市高速道路の粕屋インターを降りてすぐに左分岐の側道に入りその後右折するとあとは一直線で公園入り口の粕屋町総合体育館(かすやドーム)が左手にあります。空港インターを降りて直進して行く経路はカーナビが教えてくれました。距離的にはこちらのほうが近いようですが・・・

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ