ボタン 大内花庭園

見頃時期 : 4月中旬〜4月下旬
花色紀行>>いろんな花々>>ボタン

 大内花庭園 福岡県直方市

大内花庭園のぼたん園 1 左矢印
蛇の目の傘を差し掛けられた牡丹や、こうもり傘を差し掛けられた牡丹、テントの下で風雨にさらされないような牡丹までいろんな種類の牡丹が植えられていて、回っていて見飽きません。

右矢印
黄色のボタンは珍しいかなと思っていたのですが、福岡市の舞鶴公園のボタン園にも咲いていました
大内花庭園のぼたん園 2
大内花庭園のぼたん園 3 左矢印
冷たい風が強い日でしたので、テントの下のボタンは花びらが散っていません

右矢印
こうもり傘も立派な骨組みの丈夫そうな傘でした
大内花庭園のぼたん園 4
大内花庭園のぼたん園 5 左矢印
日差しを直接受けているボタンはやや盛りを過ぎた感もあります

右矢印
白色から紅色まで様々な色のボタンがあります
大内花庭園のぼたん園 6
大内花庭園のぼたん園 7 左矢印


右矢印
駐車場から見た大内花庭園の入り口風景です。ここで入園料を支払い、やや右手の緩やかな坂を登って行くとぼたん園に行き着きます
大内花庭園のぼたん園 8

九州自動車道の八幡ICを降りて、出口から直方方面に向かいます。左手にイオンが見えてくると、イオンの横を並走するように側道に入り、国道から出ます。出たところの信号を右折して、黄色の小さな看板(大内花庭園)を目印に曲がって行くと行き着きます。最後は狭い道の住宅地に入り込むようになりますが看板を目印にすると大丈夫でしょう。

 車イス情報 
車イス利用者用の駐車スペースはありません。駐車場も園内も未舗装です。身障者用用トイレもありません。入園料受け取りの場所からぼたん園までは未舗装の緩やかな道路を登っていきます。係の人が別の若い人を呼んで車椅子の介助をしてくれました。ぼたん園に到着すると平坦で、ボタンが咲く花壇の間を車イスで通って鑑賞することが出来ます。となりの藤棚も見られます。

お座敷の方にもボタンが有るようですが、もともと車イスでお座敷に上がられるはずもないので、鑑賞は辞退しました。花菖蒲の時期、紅葉の時期、なども良さそうですが車イスでの移動に多少の支障がありそうです。
  • 住所  :直方市頓野 1031-1
  • 電話番号:0949-26-2400
  • 入園料 :500円(身障者450円)
  • 撮影日 :2011-4-28
  • 開園休日:無休 
  • 駐車場 :無料
  • URL :

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ