吉祥寺(きっしょうじ)

見頃時期 : 4月中旬〜5月上旬
花色紀行>>いろんな花々>>フジ

 吉祥寺(きっしょうじ) 福岡県八幡西区吉祥寺町

吉祥寺の藤
上矢印
2013年4月25日の早朝7時半に到着しての撮影です。まだ人影も少なくてゆっくりのんびりと藤を楽しめましたが、右手の青みを帯びた藤はまだ開花し始めたばかりのようでした

吉祥寺の藤
上矢印
一番奥にある位置からの撮影です。右手の赤っぽい藤棚の近くではミツバチが羽音を鳴らして盛んに飛び回っていてかなりやばい雰囲気でしたので早々に藤棚の下へ戻りました。顔の周辺で飛び回り始めたらかなり怖いですね〜

吉祥寺の藤
上矢印
吉祥寺正面の階段から見て右手にある坂道を登れば、境内に入って最初に飛び込んでくる景観がこの眺めです。色んな意味で素晴らしいと私は思っています。周辺には藤の他にツツジやボタン、いろんな石像の仏が新緑の下で待っていてくれます

吉祥寺の藤
上矢印
入り口に近い方で白藤とのだ藤をダブルで眺めた風景です。ここからさらに左手を眺めると全景が目に飛び込んできます

吉祥寺の大藤その1 左矢印
裏側の坂道を上り詰めたところで最初に出会う白フジとのだふじの光景にしばし息を整える時間が必要でした

右矢印
早朝8時半ごろですので満開の藤棚の下には我々以外には誰も見かけませんでした
吉祥寺の大藤その2
吉祥寺の大藤その3 左矢印
藤棚の周辺には石仏の数々が有り、それぞれにありがたいお顔で微笑んでおられました

右矢印
のだふじと石塔の右辺りから下に階段が伸びていて、この長い階段を皆さんが登って駆られる正面入り口となります。露店の数々はこの下に数多く出ています。
吉祥寺の大藤その4
吉祥寺の大藤その5 左矢印
この大藤棚の奥手に募金箱が置いてあって、ふじを育成していく会に一人100円の募金を募っていましたので協力してきました。これだけすばらしいフジの花を堪能させてもらったのですから当然のことですよね

右矢印
紅フジがこれほど見事な開花に行き合わせたのは初めてです。しっかりと堪能させていただきました
吉祥寺の大藤その6
吉祥寺の大藤その7 左矢印
この大藤棚の左手が募金箱の位置で、撮影地点の後ろ側に階段があり、吉祥寺公園へ登って行くことが出来るようになっています

右矢印
吉祥寺正面階段を横方向から見たところです。階段にかぶさるように藤棚が設けられていますがそれほど花は付けていませんでした
吉祥寺の大藤その8
吉祥寺の大藤その9 左矢印
団地のほうの坂を上ってきて最初に目に入るのがこの風景です。開花は白フジが最初のようです。白藤の隣にある青みがかった白藤は、まだ開花が5分咲き程度でした

右矢印
紫の「のだふ」じの大樹を撮影しました。枝を広げた広さに驚嘆します
吉祥寺の大藤その10

例年4月27日〜29日は開山忌ならびに安産祈願祭で、境内の藤も、この頃が満開になりますので藤祭りが行われます。紫野田藤、白藤、ふち紅藤など10本が約1,000uにわたって枝を広げ咲き誇ります。「腹帯弥陀」といわれる如来像があり、安産を願う参詣者が多いそうです。大藤棚の周辺には石仏がいろいろと建てられていて、その仏の一つ一つがとてもありがたいお顔に見えて、それぞれに合掌して回りますと、藤棚の鑑賞を忘れそうになります。

吉祥寺の裏山から東側一帯は「吉祥寺公園」になっています。ここには三重の塔があり展望台になっています。藤の広場ゾーンにある約800uの大藤棚や約2000uの芝生広場と、福智山山系を眺望できる3階建ての展望台です。公園の東側と西側は歩道橋でつながれています。

 車イス情報
車イス利用者用の駐車スペースは見つかりませんでした。吉祥寺公園メイン入り口の東西にある駐車場に車を止めて、吉祥寺の裏手の坂を団地を抜けるような感じで登っていきますと大藤棚に行き着きます。藤棚の下は平坦で、車イスでの移動には特に支障を感じません。ここには身障者用トイレも有りますがやや古いのか清潔感がありません。

吉祥寺から吉祥寺公園に行く時に強力な介助者が居れば、吉祥寺の藤棚から急坂でさらに公園に行けそうですが、無理をしないで登ってきた坂を下りて、吉祥寺公園東駐車場からの坂を登れば三重の塔がある大藤棚、芝生広場に行き着きます。ここには身障者用トイレも有ります。
  • 住所  :〒807-1114福岡県北九州市八幡西区吉祥寺町13-11
  • 電話番号:093-617-0237
  • 撮影日 :2013/4/25 2008年5月1日
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:無休
  • 駐車場 :500円〜(公園駐車場は無料)
  • 花の見頃:4月下旬〜5月上旬
  • URL :

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ