花菖蒲 大村公園

見頃時期 : 5月下旬〜6月中旬
花色紀行>>いろんな花々>>ハナショウブ

●大村公園 長崎県大村市玖島

花菖蒲 大村公園
上矢印
2016年6月2日の撮影です。8:40頃に到着して、まだ観光客が少ない園内をゆっくりと見て回りました。約2時間ほどかけて回ったのですが、終わりころには中国からのパスツァー客がどっと押し寄せて大混雑になりそうで早々に引き上げました。以下4枚が今年の写真です。

花菖蒲 大村公園
上矢印
カメラはCanon EOS 70D F値5.6、露出時間1/800、ISO感度100、露出補正値0、ホワイトバランスは太陽光、での撮影です。レンズ EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM での撮影で、ズームをいっぱいに(135mm)回して撮影しました。今年は花数が多くて迫力がありますし花に勢いがあります。

花菖蒲 大村公園
上矢印
玖島城まで来ました。快晴なのでお城も花菖蒲の借景としては申し分ありません。この周辺には一部に悼んだ花菖蒲も見受けられましたが、全体としての景観は見事です。その上サツキがまだしっかりと残っていたこともありがたかったです。

花菖蒲 大村公園
上矢印
玖島城を背にして後は帰路につくだけです。この後は「佐賀大和花菖蒲園」に向かうつもりです。見事な景観の花菖蒲園も名残尽きないのですが、これから行くところの花菖蒲にも気はそぞろですね。

花菖蒲 大村公園
上矢印
2015年6月4日の撮影です。12時少し前に到着して、かなり人出が多い菖蒲園を時間をかけて見て回りました。今年は雨が多く晴天の今日はとても貴重な一日です。ここは駐車場から入ってきて一番近い花菖蒲畑です

花菖蒲 大村公園
上矢印
カメラはCanon EOS Kiss X5 F値5.6、露出時間1/500、ISO感度100、露出補正値0、ホワイトバランスは太陽光、での撮影です。レンズはEF-S 55-250mm f4-5.6 IS U での撮影で、ズームをいっぱいに効かせて撮影しました。玖島城跡直下のお堀で狙いました。。

花菖蒲 大村公園
上矢印
2014年6月5日の撮影です。9時少し前に到着して、まだ観光客がいない菖蒲園をゆっくりと見て回りました。新聞報道は7分咲きでしたが、お堀の場所によってはご覧のように満開状態です。この辺りからの眺めが遠近が効いて花菖蒲の数も多く一番の見所でしょう

花菖蒲 大村公園
上矢印
カメラはCanon EOS Kiss X5 F値16、露出時間1/250、ISO感度400、露出補正値0、ホワイトバランスは太陽光、での撮影です。玖島城跡へ登る直前の位置から振り返っての撮影です。

花菖蒲 大村公園
上矢印
玖島城を借景とした花菖蒲園と東屋ですが、この一体の開花はまだ遅れているものもあり、花によっては見頃を過ぎている漢字の種類もありました。サツキは峠を越していました。

花菖蒲 大村公園
上矢印
レンズは EF-S 55-250mm f/4-5.6 ISUです。カメラ設定は F値11、露出時間1/40、ISO感度100、露出補正値0、ホワイトバランスは太陽光、での撮影です。ズームを最大の250mmに伸ばして狙いました。絞りは開放せずにそのままでしたが、細部までピントがあっていて拡大してみてもぶれはありませんでした。一脚使用です

花菖蒲 大村公園
上矢印
同じズームレンズですがこちらではいっぱいに絞りを開放して、ズームも最大に伸ばしての撮影です。花以外がボケてくれて花菖蒲が浮き上がって見え、成功ではないかと思っています。ただし、ISO感度400くらいにしておけばよかったかと反省しています。カメラ設定は F値5.6、露出時間1/500、ISO感度100、露出補正値0、ホワイトバランスは太陽光、での撮影です。

大村公園、花菖蒲園2012 左矢印
去年は長雨と豪雨で花しょうぶが悲惨な状態でしたが、今年(2012年6月10日)は満開状態でした。ただし、一番の見頃磁気からは3日ほど遅れて行ったようです

右矢印
この写真は長堀だったでしょう。今回は車のトラブルでJAFを呼んだり修理をしてもらったりと散々な日でしたが、花しょうぶはきれいでしたし、帰路に立ち寄った「ステーキハウス、ライおン」も美味でした。ただし、「博多みやちく」とは印象が違います
大村公園、花菖蒲園2012
大村公園、花菖蒲園2010 左矢印
2010年は西日本新聞の花菖蒲開花情報が満開という表示で来たのですがまだ開花前の状態のつぼみも多くばらばらの印象でした。

右矢印
玖島城址の板敷櫓直下で東屋方向を眺めるとサツキツツジがちょうど見ごろになっていていっそうの風情を感じます。南掘にはやや小ぶりの伊勢系(13種)の花菖蒲が咲いていました
大村公園、花菖蒲園2010
大村公園、花菖蒲園その1 左矢印
玖島城址の板敷櫓を正面に見て南堀に咲くハナショウブ。お城と石垣、新緑がとてもすてきでした。

右矢印
南堀には東屋もあり、時期が合えばサツキツツジもちょうど見ごろになりますのでいっそうの風情を感じます。南掘にはやや小ぶりの伊勢系(13種)の花菖蒲が咲いています
大村公園、花菖蒲園その2
大村公園、花菖蒲園その3 左矢印
長堀のひとつに咲くハナショウブ。ここは江戸系(110種)、肥後系(48種)のハナショウブがびっしりと満開状態でした。左手が玖島城址、右手が噴水が上がる池(桜田の堀)になります

右矢印
左の写真と同じ長掘ですが場所を全く反対側から写すと印象も変わります
大村公園、花菖蒲園その4
大村公園、花菖蒲園その5 左矢印
大手門付近の長堀(玖島城祉に近い方)に咲くハナショウブは、肥後系のハナショウブが多く見られました。周辺にベンチやテーブルも設置されていて眺めるのにも最適です。玖島城址へ登る坂(大手門)の上からの撮影です

右矢印
同じ長堀を全く反対方向から(池に近い方)眺めたところです。長堀の途中には堀を横切る木道が造られていて、現在の位置とともに絶好の撮影場所です。
大村公園、花菖蒲園その6
大村公園、花菖蒲園その7 左矢印
玖島城祉直下から長堀方向を眺めたときに咲くハナショウブは風景です。玖島城へ登る坂はこの奥左側になります

右矢印
噴水が上がる池(桜田の堀)横の長掘に咲く花菖蒲を市役所側から眺めたところです。右手が玖島城址になりますし、左手が桜田の堀になります。
大村公園、花菖蒲園その8

九州自動車道の大村ICを降りてから長崎方面に南下すること約10分で、「日本の歴史公園100選の地」に選ばれたここの公園に到着します。大村市役所のとなりで、大村競艇場のとなりでもあります。大村市役所の信号を右折したところが公園駐車場です。公園駐車場はその他に二重馬場入り口(大村公園バス停近く)と板敷櫓の海側にあります

かっての大村藩玖島城祉のお濠に171種で30万本とも言われるハナショウブが咲いています。江戸系、伊勢系、肥後系とそれぞれが別れて植えられています。おおよそ3ヶ所に分かれているその面積だけでも約9.500平方メートルあるそうで、これらの広さのお濠一面にハナショウブが満開になっている今の季節は壮観です。それぞれに色んな種類があって、それらが色んな色を咲かせています。やはり紫系統が一番多いのですが、一つ一つを見ていくと、それらの花々が微妙に色合いが違っていたりしていて、見飽きることが有りません。

園内では盛りを過ぎたハナショウブはすぐに摘み取っているようで、見て廻っている間も満開状態をしっかりと楽しむことが出来ました。そうやって約2週間ぐらいの満開状態を維持しているのでしょう。

 車イス情報 
園内に身障者用トイレが2ヵ所あります。駐車場は車イス利用者用駐車スペースが3台分ありますが、一番便利な場所に設置されているためか、時間が遅くなるとほとんど一般車両が止まっています。隣の大村市役所にも同様に3台分のスペースがあります。園内は殆ど平坦で、車イスの移動に支障は有りません。一部では花菖蒲のすぐ近くまで行って鑑賞できます。
  • 住所  :長崎県大村市玖島、玖島城内
  • 電話番号:0957-53-4111(大村市役所観光物産課)0957-52-3605(大村市観光協会)
  • 入園料 :無料
  • 入園日 :2010-6-5 2009-6-5 2008-6-9
  • 開園休日:無休
  • 駐車場 :無料
  • 花の見頃:5月下旬〜6月中旬  
  • URL :

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ