ラベンダー

見頃時期 : 7月上旬〜8月下旬
花色紀行>>いろんな花々>>ラベンダー
  1. 彩香の里
  2. ファーム富田
  3. かんのファーム
  4. ハイランドふらの
  5. 百合が原公園
  6. 八紘学園しょうぶ園
  7. くじゅうラベンダー園 大分県九重町
  8. くじゅう花公園 大分県久住町

 彩香の里 (佐々木ファーム)北海道中富良野町

彩香の里(18065 byte) ラベンダーだけではなくいろんな花々が植えられている佐々木ファームです。ラベンダー畑にはごらんのように「彩香の里」という看板が立っていました。中富良野町ではいろんなところにラベンダー畑があり、主だったところを回るだけでも一日中かかりそうです。ここのラベンダー園その他の花も素敵でした。
 車イス情報
車イス用の設備関係は一切有りません。ほとんど移動していませんのでそのほかの設備状況なども分かりません。
  • 住所  :〒071-0762 北海道空知郡中富良野町丘町6−1
  • 電話番号:0167-44-2855
  • 入園料 :無料 
  • 開園休日:8:00〜17:00 営業期間6月〜9月
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www.h3.dion.ne.jp/~saika/

このページ最初へ戻る

 ファーム富田 北海道中富良野町

ファーム富田(25172 byte)他のラベンダー園がまだ充分に開花していない状態のときでも、ここのラベンダー園はかなり開花が進んでいるそうなのす。ラベンダーの開花情報を知っている地元の人たちでしょうか、駐車場は溢れるほどの観光客でいっぱいです。

ごらんのようにラベンダー園もほぼ満開状態です。この時点で他のラベンダー園はまだ開花したばかりの状態でした。ファーム富田ではラベンダーだけではなくて他のいろんな花々を咲かせていまして、彩の畑と賞して3色以上の花の帯を見事に作り上げています。一番の見ごろは7月中旬から8月上旬ぐらいですが、やや時期をずらせても見所はたくさんあるようです。
 車イス情報 
臨時駐車場に誘導されたために、未舗装で傾斜があり車イス操作が大変でした。何とかラベンダー園にまでは行きましたが、砂利道や未舗装の凹凸でこれ以上進むことは断念しました。一番の見所である「彩の畑」は臨時駐車場から見上げるほどの位置にあり、車イスではとても到達できません。

もう一方の駐車場には車イス利用者用駐車スペースが入り口横に2台分設置されています。舗装されていますので乗降には良いのですが、早い時間に行かないとすぐに埋まってしまい他の場所に停めざるを得なくなります。いろんな館内は車イスで利用できるようにスロープがあり移動には支障がありません。園内には2ヶ所に身障者用トイレも設置されていて設備も充分でしたし利用に支障はありませんでした。
  • 住所  :〒071-0704 北海道空知郡中富良野町北星
  • 電話番号:0167-39-3939 FAX:0167-39-3111
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:無休
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www.farm-tomita.co.jp/
  • 参考 :

このページ最初へ戻る

 かんのファーム 北海道上富良野町

kannofarmlavender.jpg(26213 byte)国道237号線沿いにあるので車で走っていてもすぐにそれと分かるほどに目立っています。 一面の花々が咲きそろった時の景観はいかばかりかと思えるほどの見事な丘陵が続きます。ラベンダーだけではなくここでもいろんな花々が咲いています
 車イス情報 
車イス用の設備は一切ありません。それ以上に未舗装の駐車場が雨水によりいろいろ凸凹していました。斜面を自力で登ることはかないませんでした。
  • 住所  :北海道空知郡上富良野町美馬牛峠
  • 電話番号:0167-45-9528                  
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:無休
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www1.ocn.ne.jp/~kanno/
  • 参考 :JR美馬牛駅より徒歩で10分
  • 住所  :大分県九重町
  • 電話番号:09737-9-3320
  • 入園料 :中学生以上300円  
  • 開園休日:8:30〜17:30
  • 駐車場 :無料
  • URL : 無し

このページ最初へ戻る

 ハイランドふらの ラベンダー園 北海道富良野市

ハイランドふらののラベンダー(21096 byte)「ハイランドふらの」の「ラベンダーのうみ」を下から眺めあげた風景です。背景に見えている建物がハイランドふらのです。素敵な温浴施設と宿泊施設などが揃っていて、大勢の人たちが利用していました。

 車イス情報 
ハイランドふらの玄関横に車イス利用者用駐車スペースが1台分あります。ラベンダーの森は駐車場やハイランドふらの館内から見下ろす以外には、駐車場脇を迂回してやや急な坂を下まで降りて行かなければなりません。館内には身障者用トイレがあります。
  • 住所  :富良野市島ノ下
  • 電話番号:0167-22-5700(ハイランドふらの)
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:無休
  • 駐車場 :無料
  • URL :
  • 参考 :JR富良野駅より6.5キロ/バス「ハイランドふらの線」終点下車

このページ最初へ戻る

 百合が原公園 札幌市

  
百合が原公園(34507 byte)花を楽しむ公園として3,500種類以上の耐寒性のある宿根草や樹木を、札幌の気候にあった方法で管理しているそうで、7月のユリの時期だけではなく一年中いろんな花々を楽しめます。私達が行った時でもラベンダーの他に、ユリ、バラ、ハマナス、ルピナス、温室内植物等々いろんな花々が咲いていました。

何しろ広大な園内ですので、我々のような旅行者では到底全てを回ることはなかなか難しいです。しかし園内を回るリリートレインに乗車すれば主だった場所はすべて見て回ることが出来ます。その結果、いかに行けなかった場所が多いか良く分かりました。それでも園内に2時間半滞在していたのですが・・・

札樽自動車道の札幌北ICを降りてすぐの交差点、左折は国道5号線右折して国道231号を北上して、道路標識が出てくるのにしたがって走れば行き着きます。
 車イス情報 
車イス利用者用駐車スペースは見つかりませんでした。園内には数ヶ所身障者用トイレがあります。園内を回るリリートレイン乗車の場合は係員が介助をしてくれますし、車イス用の席があり車イスのまま乗車しても大丈夫です。
  • 住所  :〒002-8082 北海道札幌市北区百合が原公園210
  • 電話番号:百合が原公園管理事務所 011-772-4722
  • 入園料 :無料(温室は有料)リリートレインは有料(身障者無料)
  • 開園休日:8:45〜17:15 休:土日祝
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www.sapporo-park.or.jp/yuri/
  • 参考 :

このページ最初へ戻る

 八紘学園しょうぶ園 札幌市

八紘学園しょうぶ園(29424 byte) ここは花菖蒲が見事に咲くことで有名です。それも、2ヘクタールの面積に約450品種10万株を栽培しているそうです。ラベンダーが咲くのは園内の本の一画ですが花菖蒲に負けないくらいの色合いでびっしりと咲いています。>
 車イス情報 
車イス用の設備はまったくありません。駐車場も未舗装ですので誘導員に言って花菖蒲園に近い場所に駐車するようにします。園内は平坦なのですが、今回のような雨上がりの時には随所にかなりのぬかるみがあり、車イスが相当に汚れてしまいます。
  • 住所  :札幌市豊平区八紘学園
  • 電話番号:
  • 入園料 :大人300円、小学生100円
  • 開園休日:4月〜11月、8:30〜17:30
  • 駐車場 :無料
  • 花の見頃:7月上旬 〜 7月下旬
  • URL : http://www.hakkougakuen.ac.jp/
  • 参考 :

このページ最初へ戻る

 九重ラベンダー園 大分県九重町

九重ラベンダー園、次回はもっと早く来よう! 大分自動車道の湯布院ICを降りてから、阿蘇方面に行きやまなみハイウェーには行ってからまもなく到着します。この間約30分ぐらいです。かっては無料で開放していたのですが近年ラベンダー畑の拡大とともに有料化されました。見頃は7月の上旬から中旬過ぎぐらいの期間ですが、私達が行った19日では、すでにこの写真の如く枯れつつありました。約1週間ほど遅かったようです。それでも、九重連山を遠くに眺める傾斜地の約2万5千本のラベンダーはなかなか素敵なものです。観光バスも立ち寄って賑わっています。なお、2010-6-24に行ったときには閉鎖されていました。この時は時期が早すぎたのでしょうか?くじゅう花公園のラベンダーは満開で見ごろでしたのに・・・
 車イス情報
車イス用の設備関係は一切有りません。駐車場は平坦で舗装してありますが、ラベンダー園は未舗装で、数箇所排水溝が横切っていますので通れない所が有ります。ラベンダー園を一望に見下ろせる展望台は階段があっていけませんし、ここの下までは来れますが、介助がないと坂が急で無理でしょう。
  • 住所  :大分県九重町
  • 電話番号:09737-9-3320
  • 入園料 :中学生以上300円  
  • 開園休日:8:30〜17:30
  • 駐車場 :無料
  • URL : 無し

このページ最初へ戻る

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ