宝珠寺 ヒメシダレザクラ

花色紀行>>いろんな花々>>サクラ>>ヒメシダレザクラ

 宝珠寺 佐賀県神崎町

宝珠寺 ヒメシダレザクラ
上矢印
2016年3月26日の撮影です。13:20に到着し駐車場に入りました。全体的にみると7分咲き程度でしたが、なんだか花の数が少なくなっているような気がしました。

宝珠寺 ヒメシダレザクラ
上矢印
ヒメシダレザクラの内側に回って見ると思った以上に花をつけていましたし、見事に開花していました。惜しむらくはやや曇り空で日がほとんど射していませんでした。露出を+にして何とか撮影です。

宝珠寺 ヒメシダレザクラ
上矢印
さらに近くで眺めると蕾もたくさんつけていますのでこのまま月末ごろには見事な満開を迎えることになるのでしょう。そのころには観光客も大勢押し寄せて混雑するのかもしれません。生活拠点のお寺なので9時前の到着は迷惑になりそうですね。

宝珠寺 ヒメシダレザクラ
上矢印
ズームレンズでアップしました。
CANON EOS 70D レンズ:18-135mm f/3.5-5.6
焦点距離:135.0mm

宝珠寺 ヒメシダレザクラ
上矢印
反対側の外側から眺めたヒメシダレザクラの全体像です。

宝珠寺 ヒメシダレザクラ
上矢印
やはりこちらから眺めてもびっしりと花をつけているのが分かりますし、たくさんある蕾がさらに今後の見事な満開を期待させてくれます。

宝珠寺 道路側からの遠望 左矢印
宝珠寺の道路側からお寺方向を眺めたときのヒメシダレザクラ全景です。やや遠景になり望遠にして5倍ズームでやっとこの辺りまで撮影できましたが、手振れで残ったのはわずかです

右矢印
境内に入り、ヒメシダレザクラを眺め上げた時の光景ですが、花の下に入るよりも遠景をいろんな角度から狙ったほうが花の姿を映し出せるように感じます。ただし、そのために禁止されている個所に入り込んでの撮影はご法度なのですが、一眼レフを構える自称キャメラマンの人たちが見受けられるのは残念ですね
宝珠寺 境内 下からサクラを見る
宝珠寺 土手の上からの遠望 左矢印
宝珠寺の東側土手の上からお寺方向を眺めたときのヒメシダレザクラ全景です

右矢印
境内に入り、ヒメシダレザクラを眺め上げた時の光景です
宝珠寺 境内 下からサクラを見る
ヒメシダレザクラの詳細 接写 左矢印
ヒメシダレザクラを接写してみたらこのような花々がびっしりと咲いていました

右矢印
境内からヒメシダレザクラのおおよそ全景を写したものです
宝珠寺 境内からの全体景観

駐車場がまったく無く、やや歩くところに駐車スペースが確保されているようですが、土曜日曜以外はお寺の周辺まで車で乗り付けてしまう人が多いために、離合さえも困難な狭い道路がいっそう混雑しています。

シベリア抑留体験を持つ御住職が自ら丹精込めて守ってこられたヒメシダレザクラは樹齢約100年の古木で、山里の緑の中でピンクの花が際立っていて見事です。樹高8メートル、幹回り1.2メートル、枝張りは15メートルあります。八分咲きの頃がピンクの色がとても美しく、満開になるにつれて色は白く変わっていきます。

 車イス情報 
駐車場もトイレもまったくありませんがヒメシダレザクラ直下まで行くことができます。以前は細かい砂利が敷かれて、竹を敷いて階段状に作られた坂道は段差が少ないために、居合わせた人たちに介助を依頼していたのですが、今年(2016年)は地元の人々のボランティアで舗装されていましたので自力でも十分に大丈夫でした。サクラの木の周辺は平坦です。なお、舗装道路からサクラを遠望(約20メートル)することもできます。なお、ここのサクラをいろんな角度から楽しむには境内に入り込むよりも、いろんな角度からの遠景をビデオのズームに写しこむことがいいように思えますが、車イスではなかなか難しく介助者に撮影を頼むしかありません
  • 住所  :〒842-0123 佐賀県神埼市神埼町的908
  • 電話番号:
  • 入園料 :無料
  • 撮影日 :2010-3-22 (最新撮影日)
  • 開園休日:無休 
  • 駐車場 :近くの水車の里に駐車場有(未確認)
  • URL :
  • 参考 :長崎自動車道東脊振ICを出て右折し、中副信号を大和方面へ右折し、飯町信号を右折して、長崎道の下を潜り抜けてすぐに右折し、高速道路測道を進みますと案内標識が出ています。

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ