一心寺のぼたん桜

花色紀行>>いろんな花々>>ボタンサクラ

 一心寺のぼたん桜 大分県大分市

八重桜、一心寺
上矢印
2016年4月19日に行って撮りました。8:40 頃には到着しまだ人が少ない中をのんびりと2時間ほどかけて回りました。ちょうど満開で見事な開花を見せてくれました。以下7枚が今回の写真です。不動尊霊山一心寺です。

八重桜、一心寺
上矢印
最下部まで降りてきて車イス利用者用駐車場から眺めた大不動明王像と満開の八重桜風景です。夜間照明もやるようであちらこちらにその設備があります

八重桜、一心寺
上矢印
これも同じ場所から別の方向の薬師観音像を見たところの写真です。いろんな絵になる場所が多いのですが、上り下りがなかなか急である程度の健脚でないとすべても廻りつくすことはできないでしょう。

八重桜、一心寺
上矢印
本堂(金堂)方向を眺めたところです。駐車場からだけでもいろんな方向の桜を楽しめます。しかし、そのうちに物足りなくなり他の場所へ移動して別の景観を楽しんでいる自分がいます。

八重桜、一心寺
上矢印
駐車場から急坂を下り屋根付きの橋を渡ってさらに下って行く途中の風景です。園内はいろんな種類の八重桜がありそれらを見つけるのも楽しみですが、一つ一つを気にしていたら一日はすぐに終わってしまいそうです。

八重桜、一心寺
上矢印
アップで八重桜を撮ってみました。園内の桜は、「菊しだれ」「御衣黄(ギョイコウ)」「関山(カンザン)」「鬱金桜(ウコンザクラ)」などいろいろとあるようです。

八重桜、一心寺
上矢印
さらに下っていき途中から別の道を戻ってきたところです。面白い枝があり、白の八重桜があり、淡いピンクの八重桜がありと、変化にとんだ散策路でした。

八重桜、一心寺
上矢印
2014年4月15日に行って撮りました。福岡の自宅を5:30に出発して大分市の一心寺には9:10に到着しましたのでそれほどまだ人も来ていなくて、一脚を使ってゆっくりと撮影ができ、見て回ることが出来ました。その後1時間ほどでずいぶんと人が増えてきました

八重桜、一心寺
上矢印
カメラはCanon EOS Kiss X5。レンズは EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS U です。カメラ設定は F値11、シャッター速度1/80、ISO感度100、露出補正値0、ホワイトバランスは太陽、での撮影です。

八重桜、一心寺
上矢印
青空が背景ですのでPLフィルターで青を強調しました。レンズは EF-S 55-250mm f/4.0-5.6 IS Uです。カメラ設定は Av 5.6 Tv 1/200 ISO感度100、露出補正値0、ホワイトバランスは太陽、です。

八重桜、一心寺
上矢印
レンズは EF-S 55-250mm f/4.0-5.6 IS Uです。カメラ設定は Av 11.0 Tv 1/6 ISO感度100、露出補正値0、ホワイトバランスは太陽、です。

一心寺のぼたん桜2011年その11 左矢印
ボタン桜の大枝の間から眺める黄金色の観音菩薩。2011年は快晴だったのですが、徐々に高曇り状態になっています

右矢印
ボタン桜が咲き誇るいろんな場所から観音菩薩が見えます。すでにつつじも開花が進んでいました
一心寺のぼたん桜2011年その12
一心寺のぼたん桜2011年その13 左矢印
太鼓橋は朱塗りを塗り替えたようで装いを新たにしていました

右矢印
どこで見ても、周辺すべてがボタン桜で埋め尽くされていて、桜の園ならぬ桜谷の中に埋没してしまったような感覚でした。高い位置からの撮影です
一心寺のぼたん桜2011年その14
一心寺のぼたん桜2011年その15 左矢印
つつじの種類も色々あるようで、大きな株から小さな株まで様々なツツジが八重桜と共存しています

右矢印
2011年は朝9時半頃には到着しました。福岡市を早朝出発してかなりの距離を走りました。新しく塗られた様子の太鼓橋と八重桜の組み合わせも素敵に見えました
一心寺のぼたん桜2011年その16
一心寺のぼたん桜2009年その1 左矢印
ボタン桜の大枝の間から眺める黄金色の観音菩薩。2009年はやや曇りがちだったので多少写りがよくなかったようです

右矢印
ボタン桜が咲き誇るいろんな場所から遠望できる不動明王像は小高い丘の上にそびえ立っています
一心寺のぼたん桜2009年その2
一心寺のぼたん桜その1 左矢印
ボタン桜の大枝の間から眺める黄金色の観音菩薩もありがたみを感じます

右矢印
どこで見ても、周辺すべてがボタン桜で埋め尽くされていて、桜の園ならぬ桜谷の中に埋没してしまったような感覚でした
一心寺のぼたん桜その2
一心寺のぼたん桜その3 左矢印
赤みが薄いボタン桜ですので我が家好みの色合いです。大村桜のようにもっと薄い八重桜が一番良いのですが、これだけ見事なぼたん桜の中に埋もれてしまえばなにおかいわんや。

右矢印
この日は朝10時前頃には到着しました。福岡市を早朝出発してかなりの距離を走りましたが、ここのぼたん桜を見れば往路の疲れも一気に吹き飛ぶ思いでした
一心寺のぼたん桜その4
一心寺のぼたん桜その5 左矢印
ぐるりと見回してもどこもがぼたん桜で埋め尽くされています。全部で1000本のぼたん桜があるといいますが、実感としてはもっともっとあるような感じでした

右矢印
園路の大部分はぼたん桜のトンネルとなっています。それぞれに特徴ある風情で、のんびりと回っていますと時間が経つのを忘れてしまいます
一心寺のぼたん桜その6
一心寺のぼたん桜その7 左矢印
帰路の上り坂途中にあった赤い橋を渡ればはるか丘の上の大仏?まで行けそうでしたが・・・

右矢印
そろそろお昼時が近くなって売店で売っているお弁当を見ますと精進料理風の弁当で1000円でした。我が家のほしい弁当ではないようなので見送りです
一心寺のぼたん桜その8
一心寺のぼたん桜その9 左矢印
一つ一つのぼたん桜を丁寧に見ていけば、それぞれの色合いが微妙に違うことが分かります。お花見もいろいろと楽しみ方がありますね

右矢印
ぼたん桜園を大部分回って駐車場まで戻ってもまだ後ろ髪を惹かれるような思いが残る場所でした。入れるトイレがあればお弁当を食べてもっとゆっくりしたいところなのですが・・・
一心寺のぼたん桜その10

大分自動車道大分光吉ICから国道210号を経由し、国道442号を野津原方面へ車で8kmくらいのところにあり、曲がり角などには案内標識がありました。たくさんのぼたん桜に囲まれた不動尊として有名です。花びらが幾重にも重なるぼたん桜が中心ですのでとても見ごたえがあります。2万坪の敷地には約1000本の桜の他に500本のモミジもあり、春・秋ともに季節の名所として知られています。

 車イス情報 
「車イス利用者用駐車場」というスペースが設置されていす。車椅子使用の旨を話して、曲がり角ごとに立っている係員に言われた所に行きましたら親切に応対してくれて乗り降りに支障が無い状況を確保できました。到着の時間が遅いと駐車場所に困りそうです。

園内にトイレは5ヵ所あるのですが、車イス用の常設トイレはありますが私は未使用です。車イス用の仮設トイレは設置してありました。手摺も付いて利用可能なのですが内部に手洗い洗面はありませんでした。ぼたん桜を見て回る場合は駐車場から一方的に下りますが、かなりの傾斜があり一部で介助が必要でしょう。もちろん帰路はもっと強力な介助が必要です。それでも車イス利用者でもぜひ訪れてほしいボタン桜の名園です。
  • 住所  :大分県大分市廻栖野(めぐすの)1305
  • 電話番号:097-541-3029(一心寺)
  • 撮影日 :2014-4-15 2009-4-13 2008-4-21
  • 入園料 :拝観料大人700円、小人200円?
  • 開園休日:9:00〜18:00期間中無休 常時観光可能
  • 駐車場 :無料(2011年)(臨時駐車場)車イス利用者用駐車スペースあり
  • URL :
  • 参考 :満開時の19:00〜22:00はライトアップされます

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ