桜 駕与丁公園

見頃時期 : 3月下旬〜4月上旬
花色紀行>>いろんな花々>>サクラ

駕与丁公園の桜2016
上矢印
2016年4月1日の撮影です。10:45には到着し満車状態の駐車場に入りました。家を出てから降り続く霧雨がまだ少し残っています。雨具は全く持って来ていなかったのでしばし車中で待機していたら雨が上がりました。

駕与丁公園の桜2016
上矢印
どんよりと厚い雲が覆っていてカメラ設定にかなり悩みました。露出を +1/3 ISO 250 に設定し、f13 で撮影しました。ホワイトバランスはオートにして任せます。

駕与丁公園の桜2016
上矢印
桜は満開で素晴らしい景観なのですが、空模様がこの状態ではあまり写真にも反映されません。もちろんその辺がプロとの違いなのでしょうが、いろいろと設定を変えてみて撮ったのですが、いずれもしっくりとこないのです。

駕与丁公園の桜2014
上矢印
駕与丁池の周辺一帯にどのくらいの桜が植えられているのでしょうか、見渡す限り満開の桜の列です。見事な景観で、楽しみながら見て回っていたらかなりの時間を費やしました。満足です。

駕与丁公園の桜2016
上矢印
桜の下の散策路はジョギングコースでもあるようでかなりの人が走っていました。気持ちよいでしょうね〜。夏場は青葉が生い茂り、秋には歯が色づいて・・・

駕与丁公園の桜2016
上矢印
駕与丁池を借景にすると桜も引き立つかと思っていましたが、曇天を映した水面ではそうもいきませんでした。何とかうまいカメラ設定がないかと思いあれこれ思いつくまま写しましたが、いずれもいまいちです

駕与丁公園の桜2014
上矢印
桜の木々が大きくて、太い枝を水面に降ろしたりして、なかなか絵になります。前ボケ状態も作りやすいようです。今回は曇天でもあり、大部分の写真は f13 で撮影しました。

駕与丁公園の桜その1 左矢印
バラ園直下の菖蒲池周辺の桜風景です

右矢印
菖蒲池を回り込んでかすやドーム方向へ眺めた桜風景
駕与丁公園の桜その2
駕与丁公園の桜その3 左矢印
バラ園を対岸に眺め、菖蒲池を見下ろしつつ眺めた桜風景

右矢印
園内の周回道路は一部で桜のトンネル状態が続いていて、散策するのに最適でした
駕与丁公園の桜その4
駕与丁公園の桜その5 左矢印
桜の木々も大きいので、桜のトンネルも高さがありますが枝葉下のほうまで下がっている木々が多くて眺めるのにも最適でした

右矢印
駕与丁池を巡る形の周回道路ですので桜の木々の借景は水面があり絵になる風景が連続しています。池と散策道路の間には園地があり、お弁当持参で花見をするのが最高でしょう
駕与丁公園の桜その6
駕与丁公園の桜その7 左矢印
全体の約半分ほどしか回っていませんが、これだけの桜を眺めまわっても時間的に2時間弱かかりました。のんびりと桜の花々を堪能したわけです

右矢印
岸辺を回り込んだら手前の桜の対岸に、それまで眺めてきた桜並木が連続している風景を眺めることになり、違う雰囲気を味わえてすてきでした
駕与丁公園の桜その8

これまではバラ園しか来たことが無かったのですが、今回はじめてサクラを鑑賞しその見事さと数の多さ、借景となる水面との兼ね合いなど感心することばかりです。粕屋の人たちだけではなくその他の観光客にとっても貴重な環境です。周回道路を散策できる人たちの多さといい、うらやましい思いがしました。次回は家族総出でやってこようと思いますが、駐車場の広さから言えば、11時には満車状態になるようですので早めの到着を心がけたほうがよいようです。

 車イス情報 
粕屋町総合体育館(かすやドーム)に駐車すると、車イスマークの駐車スペースが4台分あります。公園内にはいろんなところに身障者用トイレがあります。駐車場からはスロープを下り駕与丁池を左手に見ながら駕与丁大橋(かよいちょう)を渡った場所がバラ園がある展望公園です。緩やかなスロープを登りながらバラ園の一角が見えてきますと感動的な光景が徐々に広がってきます。
  • 住所  :粕屋町大字仲原991-40
  • 電話番号:092-939-5130
  • 入園料 :無料
  • 撮影日 :2016-4-1
  • 開園休日:無休 
  • 駐車場 :無料
  • URL : 駕与丁公園(かよいちょう)
  • 参考 : 福岡都市高速道路の粕屋インターを降りてすぐに左分岐の側道に入りその後右折するとあとは一直線で公園入り口の粕屋町総合体育館(かすやドーム)が左手にあります。空港口インターを降りた場合はそのまま直進し、貝田交差点から左折、扇橋交差点から右折ご直進し宮田交差点から右折して直進します。

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ