桜 舞鶴公園

見頃時期 : 3月下旬〜4月上旬
花色紀行>>いろんな花々>>サクラ

 舞鶴公園 福岡市中央区

福岡城さくらまつり2016
上矢印
2016年4月2日の撮影です。以下6枚が今回の写真です。三越でお花見弁当を購入して、赤坂駅で下車し「上之橋」から登ってきて11:00には到着しいろんな桜を見ながら散策しました。今年の桜は久しぶりの晴天と相まって見事な満開が続きます。

福岡城さくらまつり2016
上矢印
牡丹芍薬園で咲いていた八重桜です。「福岡城さくらまつり」会場には3月4月の時期に合わせて合計18種類もの桜が咲くそうです。これは「紅八重枝垂れ桜?」かなぁ。種類の見分け方も一通りではないので不明です

福岡城さくらまつり2016
上矢印
牡丹芍薬園で咲いていた八重桜です。個人的にはこのような八重桜が一番の好みです。横で咲きかけているピンクの蕾がなんとも愛らしくて、同時に写し込める場所を探して撮りました。 Av13 Tv1/400 ISO250 焦点距離135mm WB太陽光、での設定です。

福岡城さくらまつり2014
上矢印
淡いピンクのソメイヨシノのトンネルです。見渡す限り一面の花の海で囲まれています。「福岡城さくらまつり」の今回は晴天が土曜日に一日限りでしたので大勢の花見客で大混雑でした。

福岡城さくらまつり2016
上矢印
「下之橋」から福岡城(潮見櫓)外堀を西側方向に見たところです。

福岡城さくらまつり2016
上矢印
年頭にカメラを買い替えて EOS70D 18-130mm f/3.5-5.6 IS STM にしました。このキットレンズを使い絞りを Av16にしてズームを(50mm)で潮見櫓付近の桜を撮影した映像がこれです。逆光でしたので F16 露出を +2/3 にしての撮影でした。以前のキスデジと違いこのカメラだとある程度のアップにしても花びらの周辺までくっきりと映っていて満足です。しかし、私が購入直後にEOS80Dが発表されて悔しい思いもしています。

桜、舞鶴公園
上矢印
2015年3月30日に行って撮りました。今回も赤坂駅側から鴻臚館跡を通って行きました。色んな珍しい露店が出て食べ物や飲み物を出しています。お濠にかかる桜の風情は相変わらず素晴らしく美しいです。一人花見で弁当を広げ、焼酎を楽しんだ後の撮影です。

桜、舞鶴公園
上矢印
時間がお昼を回っていたこともありますが、宴会をやっているグループはかなり盛り上がっていました。しかしその数は多くはなく、家族連れグループ、女子会グループ等々が目立ちます。メインは夜なのでしょう。明日からは雨の予報が出ていますので貴重なひと時です。

桜、舞鶴公園
上矢印
鴻臚館跡を過ぎ、露店には見向きもせずにお濠を右手に見ながらお城の方へ進み、途中で眺めた苔むした桜の大木で見事でした。左手には陸上競技場があります。福岡国際マラソンの重要な発着点です。

舞鶴公園の桜
上矢印
福岡城址(潮見櫓)を背景に旧202号線側から撮りました。2015年3月30日撮影

舞鶴公園の桜
上矢印
2015年3月31日に行って撮りました。昨日に続く連日ですが、桜の場所が違っています。桜園の奥の方、天守台の東側での枝垂桜咲くこの近くで花見弁当を広げ持参してきた赤ワインをしこたま飲みました。

舞鶴公園の桜
上矢印
桜園はごらんの通り大勢の花見客で埋まっています。夜桜のための場所取りも目立ちますが、夕方からは雨が降るという予報なので果たして夜桜を楽しめますかどうか・・・

舞鶴公園の桜
上矢印
祈念櫓にかかる桜を撮ってみました。ここから下方を眺めると鴻臚館跡を見ることができます。桜園全体は天守台の方へ登れば全景を俯瞰する眺めを楽しめます。いずれにしてもこの周辺が最大の見どころでしょう。なお今回も、多門櫓の方には行きませんでした。ボタン、シャクナゲ園の方の桜はそれほど花が残っていませんでした。

舞鶴公園の桜5
上矢印
この一帯は枝垂れ桜がズラリと並んでいて壮観です。ソメイヨシノよりやや遅れて見頃になります。2014年3月27日に行って撮りました。

年によっては暖冬あり、寒波ありで桜の開花も狂い気味です。その時々のいろんな情報を確認してから行かれたほうが良いです。私たちは2度行きまして最初はソメイヨシノがちょうど満開状態時に花見を堪能して来ました。2度目は紅枝垂桜が満開のときに、ため息が出るほどすばらしい滝ザクラ風の景観を堪能して来ました。

約1000本の桜(ソメイヨシノ、シダレザクラ、ボタンザクラなど)が園内に咲いています。広大な面積がありますのでそれぞれのお好みの場所をまず見つけることが第一です。地下鉄の「大濠公園駅」から徒歩で約10分弱で到着しますので便利です。ただ、車で行く時は早い時間じゃないと少ない駐車場はすぐに満車になります。花見で飲酒運転は厳禁ですのでくれぐれもご注意のこと!

 車イス情報 
身障者専用駐車スペースは有りません。身障者手帳所持者は駐車料金は無料です。そのための手続きをするには、駐車場の東側約30mのところの事務所に出向く必要があります。

又、身障者用トイレは2ヶ所有ります。身障者用トイレは駐車場近くに1つあります。しかし、最近は掃除が行き届かなかったり壊されたりして、実際に使えるときがありません。梅園へのスロープ入り口にはチェーンが張ってあり、その向こう側には車の進入を阻止する為のガードまであるので入っていくのがなかなか大変です。横手から廻ると約20cmぐらいの段差(盛り土のスロープがありますが気休めです)が有ります。やはり誰かの介助がないと一人では難しいでしょう。私は一人で来た時には公園に出入りする人たちに助力をお願いしました。

スロープもややきついのでジグザグ状態に登ってやっと到着しました。登ってしまえばその後は平坦です。桜園の中は自由に車イスで行動できます。ただし、本丸跡の天守台石垣の上までは登れません。しかし、紅枝垂桜を横に見ながらもう少し先まで行ってみると、手摺付のスロープがあって、これを登ると一番高い場所まで行き着きます。そこは平坦で身障者用トイレもあります。ここの桜園内のトイレ洗面台に水は出ませんし使いにくい身障者用トイレでしので、私は駐車場近くの身障者用トイレまで下りて行きました。

枝垂桜を鑑賞するにはスロープを上に登らずにまっすぐ多聞櫓(重要文化財)方向に行けば枝垂桜が連続して並んでいます。なお、ぼたん、シャクヤク園にも三春の滝ザクラなどが植えられていました。こちらにはボタン桜もかなりあります。
  • 住所  :福岡市中央区城内1
  • 電話番号:舞鶴公園管理事務所 092-781-2153,2154
  • 入園料 :無料
  • 撮影日 :2016-4-2
  • 開園休日:無休
  • 駐車場 :69台 有料300円/2時間 以降1時間150円
  • URL : http://www.mori-midori.com/sisetsu/10maizuru/
  • 参考 :広大な舞鶴公園の中でのお花見はいろんな場所で出来ますので、はじめて来られた人は自分で公園内を廻ってから場所決めをされる方が良いでしょう。あわてて場所決めをしないでじっくり選んだほうが良いです

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ