桜 岡城址

花色紀行>>いろんな花々>>サクラ

 岡城址 大分県竹田市

c3okajyo0407_06.jpg(18062 byte) 左矢印
本丸跡、西の丸跡に登ったら桜の木の下で甘酒その他を売るお茶屋が開いていました

右矢印
城跡の石垣の上は絶好のお花見スポットのようです
c3okajyo0407_22.jpg(20662 byte)
c3okajyo0407_32.jpg(13592 byte) 左矢印
通路の両側に植えられた桜が並木状態となり桜のトンネルを作り出していました

右矢印
桜の木々はかなり古木のようですが花は見事に付けています。草地になっているところでのんびりとお花見をしたいところなんですが・・・
c3okajyo0407_36.jpg(18669 byte)
c3okajyo0407_02.jpg(19705 byte) 左矢印
苔むした石垣と桜の取り合わせがとてもすてきで、しばし見とれておりましたら折からの一風で花吹雪となり舞い散る様は絵のようでした

右矢印
全体にはソメイヨシノですが所々には八重桜も咲いています
c3okajyo0407_21.jpg(23162 byte)

岡城址への案内標識は国道57号線を走っていますときちんと出ていますので後はそれぞれの場所の標識頼みで到着します。かっては市街地の狭い道路を通り抜けていたのですが、近年道路整備がいろいろと進み、新たな道路が開通していました。まだ全面開通ではありませんでしたが、まもなく開通するのではないかという印象です。これが出来ると市街地を通らずに岡城址に登ることができそうです。

滝廉太郎の名曲「荒城の月」のモデルになったお城で有名です。川沿いの渓谷の上にそびえ立つような石垣が高く積まれ、頂上からはほぼ360度の景観が見渡せます。約2000本の桜(ソメイヨシノ)が点在するように園内に咲き、あでやかに城跡を彩る姿がなんとも見事です。
 車イス情報 
車イス利用者用駐車スペースはありませんが、身障者用トイレは1ヶ所あります。車イス利用者が「岡城址」に登るには階段がありますのでそのままでは行けません。登城料金を支払って車イス利用の旨を申請し、許可書を預かって所定のコースを車で登っていくことになります。この道がかなり狭くて、もし対向車が来たら進退に窮するような状態です。それでも何とか本丸跡、西の丸跡に登ったら、ごらんのようなすてきな桜風景にお目にかかれます
  • 住所  :大分県竹田市大字岡
  • 電話番号:竹田市役所商工観光課:0974-63-4807
  • 登城料 :300円(身障者割引無し)
  • 開園休日:無休
  • 駐車場 :無料
  • URL : 竹田市商工観光課
  • 参考 :開園時間は 9:00〜17:00 となっています。

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ