芝桜 くじゅう花公園

花色紀行>>いろんな花々>>シバザクラ

 くじゅう花公園 大分県久住町

くじゅう花公園のシバザクラ その1 左矢印
シバザクラの丘はラベンダー畑同様に一番奥になります。広大な丘は未舗装でやや足場が悪い場所もあります

右矢印
植え込みの間隔がやや広めですので、見頃時期より早いとやや地面を眺めてしまうことにもなり、興ざめするときもあります
くじゅう花公園のシバザクラ その2
くじゅう花公園のシバザクラ その3 左矢印
久住の山々に抱かれるように広がる丘の上に立つと、確かに気分は最高です。この日はあいにくの気候でしたが、快晴のときに写真を撮るとさらにきれいでしょう

右矢印
紅白のシバザクラを植え込んでデザインしているのですが、全体に単純に植え込んであります。くじゅう花公園の標識が立っているのですが、あまりにも小さいために記念撮影の対象に入れことに無理があります
くじゅう花公園のシバザクラ その4
くじゅう花公園のシバザクラ その5 左矢印
シバザクラの中を縦横に散策路が切ってあり、自由にそれらの中に入っていけるのですが、ここまで来ることが大変なのか、それほど観光客は来ていません

右矢印
入園してすぐ右側の花壇にも一部でシバザクラをびっしりと植え込んでありました。いろんな花々を鑑賞できるカントリーガーデンの花壇です
くじゅう花公園のシバザクラ その6

大分自動車道の日田ICから、杖立温泉〜瀬の本経由で約1時間20分、九重インターから、四季彩ロード〜やまなみハイウェイ〜瀬の本経由で約50分です。我々は大宰府ICから乗るのですがいつも日田で降りて走ります。この時期ですとそろそろ周辺の山々も新緑で覆われて、すがすがしい気分で気持ちよく走れます。途中には農産物の販売店や売店、道の駅などもありますので帰路に立ち寄ってあれこれと物色するのも楽しみのうちです

 車イス情報
身障者専用の駐車スペースは5台分が用意されています。建物正面に向かって左側になります。園内は全体がやや傾斜がありますし、奥のほうの芝桜のあたりや、ポピー園の先端のほうでは、一部で、車イスを自力で登れない坂がある事も事実です。身障者料金は大人600円・小人300円でした。介助者一人にも適用されていたのですが、今回は適用がありませんでした

園内に車イストイレが2ヶ所あるのですが、入園ゲートを入ってすぐ右横の車イストイレは照明がやや暗い感じがしていたのですが最近はかなり改良されて使いやすくなりました。洗面台は壁埋め込みの手洗いで、オストメイトの設備もあり、折りたたみ式のベビーベッドも用意されています。

その他、レストラン「ミント」、お土産ショップ「銀の森」がある建物の2階には広々とした車イス用トイレがあって、明るくてとても利用しやすいです。2階へはスロープを曲がりつつ登りますが、傾斜角度がそれ程急では有りませんので自力でも登れます。スロープには手摺りは付いていません。
  • 住所  :〒878-0201 大分県久住高原850
  • 電話番号:0974-76-1422 Fax 0974-76-1383
  • 入園料 :大人(高校生以上)800円 小人(5歳以上)400円
  • 開園休日:8:30〜17:30(12月〜2月休園)
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www.hanakoen.com/

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ