星の花公園 シャクナゲ

見頃時期 : 4月中旬〜5月上旬
花色紀行>>いろんな花々>>シャクナゲ

 星の花公園 福岡県八女市星野村

シャクナゲ、星の花公園
上矢印
2016年4月19日に行って撮りました。8:40 頃には到着しまだ人が少ない中をのんびりと2時間ほどかけて回りました。ちょうど満開で見事な開花を見せてくれました。以下7枚が今回の写真です。

シャクナゲ、星の花公園
上矢印
ここの公園に到着するまでに急な坂道をかなり上って来るのですがなかなか到着しません。到着後に園内を散策するには入園入り口からはさらに坂道を登っていきます。このように周辺に山々が同じくらいの目線になっています。

シャクナゲ、星の花公園
上矢印
斜面を利用してシャクナゲを植え込んでいますので下から眺めると全景を楽しむことができます。これらの景観を楽しみつつ散策路を回るといろんな眺めをさらに楽しむことができるのです。

シャクナゲ、星の花公園
上矢印
園内には西洋シャクナゲも多少ありますが大部分は筑紫シャクナゲなので私の好みにも合致しています。これらのシャクナゲが次から次へと現れるのです。もちろんすべてを回りきることはできませんでしたが、近寄れないでも遠くからでも楽しめます。一部の人は駐車場から三脚を広げ超望遠レンズでシャクナゲを捉えていました。

シャクナゲ、星の花公園
上矢印
入口からぐるりと半分ほどを回った反対側からの眺めです。このあたりの景観は行きかう人もいますが、さらに上に登って行こうという人の数はほとんどいませんでした。

シャクナゲ、星の花公園
上矢印
こんな山中に「キリン」がいるわけでもなく、これは木彫りの動物園です。かなりの数の動物が置いてありそれらのひとつづつに名前がついているところが痛快でした。どこの誰が彫ったのかかなり精巧な木彫りで驚きです。そういえば走っているときに「星野民藝」という会社が目についたのですが・・・

シャクナゲ、星の花公園
上矢印
この写真は絞り優先撮影で Av 13.0 Tv 1/80 ISO 100 にしてズームを標準(35mm)でシャクナゲを撮影した写真がこれです。露出補正を +1/3 WB太陽光にしての撮影でした。以上7枚が今回の写真でした。

星の花公園のシャクナゲその1 左矢印
かなり登って来なければいけないのですが周辺の山々の稜線がほとんど同じに感じられたりしてかなりの爽快感を感じました。「見晴らし展望台」見たいなものもあり、我々はそこでしばしのコーヒータイムで一休みです

右矢印
淡い色合いで気高く咲き誇るツクシシャクナゲがきれいでした。こんな花に合えるのでチクシシャクナゲが大好きなのでしょうか
星の花公園のシャクナゲその2
星の花公園のシャクナゲその3 左矢印
まだまだ若木のシャクナゲがしっかりと植え込まれていましたので今後の成長が期待できそうです。その反面、急な斜面と未舗装の悪路、トイレの不備などが今後の課題でしょう

右矢印
星の花公園のシャクナゲのほとんどは筑紫シャクナゲですがほんの一部に西洋石楠花も植えられています。今回は撮影しませんでしたが・・・
星の花公園のシャクナゲその4
星の花公園のシャクナゲその5 左矢印
ピンクのシャクナゲでも、それぞれにいろんな色で変化していますので何度見ても見飽きません

右矢印
場所によってはシャクナゲが群生しているようなところもあり、大きく育ったシャクナゲがしっかりと枝を張って見事な花をつけているところもあり・・・見ごたえがあります
星の花公園のシャクナゲその6
星の花公園のシャクナゲその7 左矢印
私個人としてはこの色合いのシャクナゲが一番好きです。蕾から咲き始め、咲いた直後のシャクナゲそのものです。

右矢印
シャクナゲの花はこれも良いのですが、やや白っぽくてもう少しピンクが入った色が上品な感じを受けるのです。いわゆる日常生活を超越した憧れですね
星の花公園のシャクナゲその8
星の花公園のシャクナゲその9 左矢印
シャクナゲの花はいずれもアップにして十分に鑑賞に耐えるようです。今年はこれまでで最高のシャクナゲを見せてもらいました

右矢印
ここのシャクナゲの今後の成長を大いに期待して帰路に着きました。現地スタッフの人には来年からの本格オープンに際しての要望をしっかりと伝えておいたのですが、果たして実現していることやらどうか・・・
星の花公園のシャクナゲその10

星の花公園直下のクルメツツジ郡八女IC出口を左折して星の村方面へまっすぐ車で約40分、という案内でしたが、我々はカーナビ頼みで広川ICを降りて3号線の納所交差点を左折して約60分ほどかかりました。渋滞その他もありましょうが、この時期は「黒木の大藤」目当てでやってくる観光客と途中までは一緒の工程なのです。

福岡ドーム3倍のシャクナゲ、7万uの黄金山一面に咲く、「花の女王シャクナゲが貴方のハートをギュ-ッとつかむ」というのが「星の花公園」のうたい文句です。しかしながら、確かに福岡ドームの数倍もある面積でかなりのシャクナゲが咲いていますが、2010年時に来た時とは違いかなりシャクナゲの花数が増えていました。

 車イス情報
2010年に続いて2016年も内容は変わっていません。駐車場は未舗装でラインが引いてあるだけで、車イス利用者用駐車スペースは入口に近い場所に数台分が確保されていましたが一般駐車スペースの広さに「身障者専用」とコーンが立っているだけです。。、身障者用トイレもありません(仮設トイレに身障者用と書かれていましたが未使用未確認です)。石楠花を観賞する園内は、大部分が坂道になっていますが、舗装路でも極端な急坂もあり、半分は未舗装でコルクが敷き込んであったりで、車イス介助に強力な応援があってもかなりの苦行になる場所です。それでもオープン時から比べるとずいぶんと楽になりました。
  • 住所  :福岡県八女市星野村16004-1(安達木材主催)
  • 電話番号:0943-52-3101
  • 最終撮影日 :2016年4月19日
  • 入園料 :大人(中学生以上)600円、子供(小学生以下)300円 身障者と介助者1名無料
  • 開園休日:9:00〜17:00 無休
  • 駐車場 :無料
  • 花の見頃:4月中旬〜5月上旬
  • URL : http://www.adachimokuzai.com/

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ