ツツジ 鏡山

見頃時期 : 4月中旬〜5月上旬
花色紀行>>いろんな花々>>ツツジ

 鏡山

0429c5kagamiyama01.jpg(20636 byte) 左矢印
佐用姫橋の入り口から池の向こうのツツジ園を眺める

右矢印
つつじ園を下から眺め上げた時の風景です。一つ一つのツツジの株が大きいためにツツジの大群落になっています
0429c5kagamiyama08.jpg(31167 byte)
0429c5kagamiyama33.jpg(29233 byte) 左矢印
ツツジ園を登った所から南側を眺めた風景です

右矢印
ツツジ園を登った所から北側を眺め降ろした風景です
0429c5kagamiyama36.jpg(28677 byte)
0429c5kagamiyama19.jpg(9910 byte) 左矢印
展望台から西方向を眺めると松浦川の向こうに唐津市街が広がっています

右矢印
西側の展望台のそばには、今も遠く朝鮮半島を望む松浦佐用姫の像が立っており、領を振り続けています
0429c5kagamiyama21.jpg(24619 byte)

鏡山は、別名「領巾振山(ひれふりやま)」とも呼ばれ、日本三大悲恋伝説のひとつに数えられる「佐用姫(さよひめ)伝説」にまつわる山としても有名です。

海抜284メートル。山頂の展望所からは、市街地はもちろん、虹の松原や松浦潟、晴れた日には壱岐の島影も臨むことができる、絶好のビュースポットです。頂上へ続く曲がりくねった5キロの道は、絶好のドライブコースで、山道の桜が満開となる春は多くの観光客で賑わいます。
(唐津市のホームページから抜粋)

 車イス情報 
駐車場に車イス利用者用のスペースがあります。お店の前辺りで分かりやすい場所で、ツツジ園などに行くのにも近い場所です。駐車場や山上部に身障者用トイレがあります。ツツジ園からは車イス用になだらかなスロープで上っていくことが出来ます。山上の西側展望台へも車イスで登れるようになっています。ツツジの中に埋もれるように入ってお弁当を開くことも可能です。
  • 住所  :唐津市鏡
  • 電話番号:唐津市観光課0955-72-9127 FAX0955-72-9182
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:無休 
  • 駐車場 :無料
  • URL :
  • 参考 :長崎自動車道多久ICから約1時間、福岡市から西九州道路などを使って約45分で、国道2002号「鏡山入口」から県道40号経由で入る

 このページ最初へ戻る

戻る<< 表紙 >>次へ