舞鶴公園 梅園

花色紀行>>いろんな花々>>ウメ

 舞鶴公園 梅園  福岡市中央区

舞鶴公園 梅園
上矢印
2017年2月18日10時前の撮影です。カメラをEOS70Dに買い替えて2年目で、レンズは EF-S 18-135mm f3.5-5.6 IS STM での撮影で、思いっきりズームにし(135mm) どのくらいボケてくれるか見てみた写真がこれです。このレンズが使いやすいので今回は他のレンズは持参しませんでした。以降3枚が今回の写真です。

舞鶴公園 梅園
上矢印
紅梅はほぼ見ごろだったのですが白梅はまだ5分咲き程度でした。土曜日で貴重な快晴だったのでカメラマニアのいろんなグループが来て熱心に撮っていました。今年は雨が多くてあちらこちらに行けそうもありませんので機会を見つけて場所を選択することにします。

舞鶴公園 梅園
上矢印
どうやっても三脚が使えないので去年までは一脚で撮っていたのですが、持ち回りがなかなか大変なので今年は手持ちですべて撮ろうと考えています。そのための工夫をさらに検討します。

舞鶴公園 梅園
上矢印
2016年2月18日16時頃の撮影です。カメラをEOS70Dに買い替えてレンズは EF-S 18-135mm f3.5-5.6 IS STM での撮影で、思いっきりズームにし(135mm) どのくらいボケてくれるか見てみた写真がこれです。

舞鶴公園 梅園
上矢印
2014年2月17日11時頃の撮影です。絞り優先AE,F5.6 Tv 1/100 WBくもり、での写真です。ちょうど満開時に行き合わせましたので人出も多かったですが、何しろ今日の午後から雨になり3日間続くという予報です

舞鶴公園 梅園
上矢印
Av F2.8 Tv 1/250 Macroレンズ(EF60mm F2.8 Macro USM)での撮影です。今日から一脚を使って撮影していますので、少なくとも大きな手ブレはなくなりました。

舞鶴公園 梅園
上矢印
マクロレンズでも距離さえ取ればこのくらいの広角気味の写真は撮れるようです

舞鶴公園 梅園
上矢印
逆光気味でしたので露出補正を+1/3にしてのマクロ撮影です。マクロレンズはさすがにかなりボケてくれます。

舞鶴公園 梅園
上矢印
レンズを標準のEF-S18-55mmF3.5-5.6 IS Uに変えての撮影です。かなり広角での撮影が可能になりました。面倒でもそれぞれの撮りたい写真に合わせてレンズ交換をするように心がける必要がありそうです

s-0207c13maiduur01.jpg(183847 byte)
上矢印
念願だったデジイチデビューして最初に行ったのが、福岡市の舞鶴公園でした。2013年2月7日です。ほとんど操作もわからない状態で「オート」撮影だけです

s-0207c13maiduur11.jpg(70835 byte)
上矢印
花々のアップは望遠側での撮影が良いということでしたので、ダブルズームキットの望遠レンズを装着して適度な距離を合わせての撮影です

s-0207c13maiduur40.jpg(98220 byte)
上矢印
標準レンズを取り付けて花をアップしようとするとこのくらいの程度に為りました。その度にレンズ交換を擦る手間は大変ですね

s-0207c13maiduur52.jpg(170569 byte)
上矢印
最大の問題は撮る方の腕前のようです。特に構図が決まっていないとこれまでのデジカメと何ら変わらなくなってしまいます

梅園内北側方向の風景 左矢印
梅園への坂を上り詰めた入り口付近から梅園の北川方向を眺めたところです。今日のように快晴の中、満開状態だと嬉しくて持参したお弁当も美味でした。

右矢印
舞鶴公園は紅梅の数が多くて色鮮やかな紅梅は特に見事です。
色鮮やかな紅梅は見事
梅園内東側方向の風景 左矢印
梅園への坂を上り詰めた入り口付近から梅園の全景状況がほぼ分かります。今日のように快晴の中、満開状態で行き合わせた時は幸せです。

右矢印
毎年、枝垂れ梅がすてきなのですが、開花が遅れていましてまだ3分咲き〜5分咲き程度です。
3分咲き〜5分咲き程度の枝垂れ梅
梅園内の南側付近の石垣沿いに並ぶ梅 左矢印
ここは紅白の梅が見頃になると艶やかな感じです。梅園内の南側付近の石垣沿いに並ぶ、素晴らしい紅梅白梅です

右矢印
紅梅でも白梅でも種類は1種類ではないようで、花の大きさなども違っていて楽しめます
大きめの紅梅が青空を借景にしています
梅園内の北側方向の風景 左矢印舞鶴公園南側から北方向のビル街に向かい梅園を眺めています


右矢印
古木が多い園内でも大きな梅ノ木も小さな梅ノ木もたくさん花をつけていました
大きな紅梅、白梅の木
紅梅が華やか 左矢印青空にすっくと立つ紅梅が見事な美しさでした


右矢印
本丸跡の天守台の石垣を借景にしたこの梅だけは色合いが目立っていました。かなりの古木のようでしたが花の付き方も気品を感じます
本丸跡の天守台の石垣を借景にし梅

黒田藩の本拠地、福岡城址跡の小高い所に梅園があって、全部で白梅紅梅が358本有ります。2月中旬頃が毎年見頃なのですが、年によっては暖冬あり、寒波ありで梅の開花も狂い気味です。その時々のいろんな情報を確認してから行かれたほうが良いです。

場所は平和台陸上競技場のすぐ隣になりますし、丁度上り坂入り口が駐車場になっています。ここではいつもホットドッグを売っている軽のバンがいつも停まっているので目印になるかもしれません。

梅園入り口のスロープは進入禁止になっていてガードが置かれています。そのスロープ両サイドに階段状の歩道がついていて約50M登ると梅園に到着します。梅園内部は平坦で鑑賞する為にゆっくりと廻ることが出来ます。梅は古木が多い為かあまり匂ってきません。しかし、紅梅が多い為になかなかにぎやかな感じがしますし、枝垂れ梅も少し有ります。ここまで来ますと高台ですので福岡市内の展望がすばらしいです。

 車イス情報 
身障者専用駐車スペースは有りません。身障者手帳所持者は駐車料金は無料です。そのための手続きをするには、駐車場の東側約30mのところの事務所に出向く必要があります。

身障者用トイレは梅園内にはありませんが、駐車場近くにあります。最近は掃除が行き届かなかったり壊されたりして、実際に使えるときがありません。梅園へのスロープ入り口にはチェーンが張ってあり、その向こう側には車の進入を阻止する為のガードまであるので入っていくのがなかなか大変です。横手から廻ると約20cmぐらいの段差(盛り土のスロープがありますが気休めです)が有ります。やはり誰かの介助がないと一人では難しいでしょう。私は一人で来た時には公園に出入りする人たちに助力をお願いしました。

スロープもやや勾配がありますので、ジグザグ状態に登ってやっと到着しました。登ってしまえばその後は平坦です。梅園の中は自由に車イスで行動できます。ただし、本丸跡の天守台石垣の上まで行くには梅園からは階段です。
  • 住所  :福岡市中央区城内1
  • 電話番号:舞鶴公園管理事務所 092-781-2153
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:無休
  • 駐車場 :69台 有料300円/2時間 以降1時間150円
  • URL : http://www.mori-midori.com/sisetsu/10maizuru/
  • 参考 :

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ