梅 おおくぼ台梅園

花色紀行>>いろんな花々>>ウメ

 おおくぼ台梅園  大分県日田市大山町

おおくぼ台梅園2017
上矢印
2017年2月28日の撮影です。今年は来るのが早すぎたようで全体的には7分咲き程度でした。天気や自分の予定などを考慮して今日にしたのですがまばゆいほどの快晴で気温も徐々に上がってきて快適でした

おおくぼ台梅園2017
上矢印
いろんな木々の梅花を眺めて回ると開花も7分咲き以上に咲いている場所もあり十分に楽しめます。高いところから眺めたり、低いところから見上げたり、同一目線であったりいろんな角度から楽しめるのがここの良いところです。

おおくぼ台梅園2017
上矢印
9時半ごろには到着して散策していたのですが11時頃になると徐々に曇って来てやや肌寒くなってきました。本来ならば曇っていた方が影が出ないで花々の撮影には良いのですがすでにほぼ回ってしまいましたので切り上げました。この後に日田のサッポロビール園に行って「佐賀牛御膳」を食べたのですが硬い肉ばかりでがっかりしました。

おおくぼ台梅園2016
上矢印
2016年3月7日の撮影です。今年は暖冬で梅の開花がかなり早まっているようです。今回も見頃状態から3〜4日ほど過ぎた状態でした。まだ花びらが舞散るほどではありませんが昨日の雨でやや花が傷んでいるようにも見えました。以下7枚が今年の写真です。

おおくぼ台梅園2016
上矢印
以前は弁当持参で梅花下の園地でシートを広げて、満開の梅を眺めながらゆっくりと弁当を楽しんでいたのですが最近はそれらが禁止になりました。おそらく、梅の木を傷めるということなんでしょうね。現在は緑地に入り込むことなく舗装された散策路から眺めるだけで済ませています。

おおくぼ台梅園2016
上矢印
紅梅は数少なくかなり目立っています。梅の実を育てることが目的の梅園なので当然なのでしょう。紅梅はやや開花時期が早いのかすでに葉が出始めていました。

おおくぼ台梅園2016
上矢印
年頭にカメラを買い替えて EOS70D 18-130mm f/3.5-5.6 IS STM にしました。このキットレンズを使い絞りを全開にしてズームをいっぱいに伸ばして撮影した映像がこれです。この写真を見るとなかなかよくボケてくれていると思いますがいかがでしょうか

おおくぼ台梅園2016
上矢印
2013年3月4日に行きました。全体的には7分咲きから満開まで様々でしたが、今年はこの時しか行けなかったし、幸いに晴天でしたので決行しました。

おおくぼ台梅園2016
上矢印
以前の老木がかなりなくなっている代わりに若木の梅の木がしっかり育っていて順調に世代交代をしながら花をつけているようでした。

おおくぼ台梅園2016
上矢印
以前ならばスイスイと走り回る感じで全体を鑑賞していたのですが、いかんせん最近はそうも行かずに主だった平坦なところばかりを狙って回る無精者です。

おおくぼ台梅園2014
上矢印
2014年3月3日の撮影です。9時前に到着したのですが日差しが陰っていてやや薄暗く感じましたので、車中で40分ぐらい待機していました。肝心の梅の開花は遅れていて3〜5分咲き程度で、花をつけている木々を見つけるのが大変です。内陸部は寒気が続いてなかなか開花には至らなかったそうです

おおくぼ台梅園2014
上矢印
2014年3月11日の撮影です。同じく9時前に到着したのですがすでに日差しが当たっていてぽかぽか状態でした。日にちが経っていますので梅園は満開状態で「梅の花々の海」でした。出ている露店に集まる観光客も大勢いまして賑やかになっています

おおくぼ台梅園2014
上矢印
梅の木々の枝先まで花をびっしりと付けていて白い花が青空の下でとても映えていました。2度目は最高の時期に出会いました。

おおくぼ台梅園2014
上矢印
こちらの方には初めてやって来ました。ずーっと以前に来た時にはこんなにきれいに整備されていなかったのです。「豊後・大山ひびきの郷」や「パターゴルフ」があるところです。ずいぶんと開けていたんですね〜

おおくぼ台梅園
上矢印
2013年3月4日に行きました。全体的には7分咲きから満開まで様々でしたが、今年はこの時しか行けなかったし、幸いに晴天でしたので決行しました。

おおくぼ台梅園
上矢印
以前の老木がかなりなくなっている代わりに若木の梅の木がしっかり育っていて順調に世代交代をしながら花をつけているようでした。

おおくぼ台梅園
上矢印
以前ならばスイスイと走り回る感じで全体を鑑賞していたのですが、いかんせん最近はそうも行かずに主だった平坦なところばかりを狙って回る無精者です。

大久保台梅林公園2012 その1 左矢印
2012年は、ちょうど満開に行き合わせました。その上、雲もない快晴です。曇だと梅の白い花が映えません

右矢印
ここの梅園は梅の木のすぐ近くまで行って眺めることが出来ますのでとても楽しめます。以前は梅の木の下でお弁当を広げることも可能だったことが懐かしいです
大久保台梅林公園2012 その2
大久保台梅林公園2010 その1 左矢印
2010年は、道路から眺めた、新しく出来た「李登輝 氏」の揮ごうが入った石碑が出来ていました。新しく購入したデジカメをワイドテレビに合わせて16:9で撮影したのですがHPに載せるとやや貧弱でした。4:3で撮影すべきでしょうか

右矢印
駐車場から道路を挟んだ反対側の小高い梅園の梅の木々です。高い位置から眺める一面の梅が咲く海は絶景です。やや歩くのでそれほど人は多くはありません
大久保台梅林公園2010 その2
大久保台梅林公園その1 左矢印
駐車場付近から眺めたおおくぼ台梅園の一部風景です。今年は満開状態で、昨年とは違う景観は枝先までびっしりと花がついていました。花びらはまだ散り始めていません

右矢印
「散策路から鑑賞してください」という表示が出るようになっていましたので、園地へ入っての食事などは出来なくなったようです
大久保台梅林公園その2
大久保台梅林公園その3 左矢印
梅園を下り始める付近の満開の梅です。散策路はすべて舗装路ですので雨上がりでもぬかるむことはありません

右矢印
梅園を下っていった先では低い枝振りをすぐ近くに眺めることが出来て、梅の花々を十分に鑑賞できます
大久保台梅林公園その4
大山町、大久保台梅林公園その5 左矢印
梅園は3万本とも言われますが、その全てを一ヶ所で眺めることは出来ません。広い梅園は散策しないと全てを見極められません

右矢印
遠望する山々は松本清張が書いた「西海道談綺」の雰囲気を彷彿とさせられる一角もあります
大久保台梅林公園その6
大久保台梅林公園その7 左矢印
甘味所の周辺では梅園とは違う梅の種類も咲いていて雰囲気が異なり人気があります

右矢印
甘味茶屋の手前付近ではこのような鮮やかな花をつけていました。ここからさらに散策路は右手へ延びているのですが観光客はそれほど多くは行きません
大久保台梅林公園その8
大久保台梅林公園その9 左矢印
この辺りからですとかなり遠くの梅園まで望むことが出来ます。一面の梅の花が海のような状態です

右矢印
こんな面白い梅も見かけました。まるでお座敷で鑑賞するような枝振りの紅梅でした
大久保台梅林公園その10

   
日田ICを降りてからすぐを右折してR212をそのまま「別府、大分」「小国、阿蘇」方面に走ります。途中の「サッポロビール日田工場」を過ぎてからすぐに道路標識があって、「小国、阿蘇」方面はここで右折します。道路はそのままR212ですから後はまっすぐ行けば途中で「おおくぼ台梅祭り」ののぼりが見えてくることでしょう。

2013年は「ふるや台」の方の梅園にも行ってみました。初めて行ったのですが、延々と続く登り坂と狭い道でかなり時間がかかりました。標高が高い分「おおくぼ台」よりもかなり開花が遅れていて3分咲程度でした。それ以上に梅園もそれほど広くなく、登り下りの高低差が大きくて散策に苦労しそうです。早々に我々も退散しました。

「おおくぼ台梅園」は「道の駅 おおやま」を過ぎたらすぐ右側に「梅林公園入り口」の看板が現れますので道なりに登って行き、「ひびきの郷」の看板を目印に行けば到着します。2012年は満開で快晴でしたので、最高の観梅旅でした。

 車イス情報 
R212「道の駅 おおやま」を過ぎたらすぐ右側に「梅林公園入り口」の看板が出てきて右折すると道なりに登ったところの右側に駐車場が有り、そこの一番奥のトイレ横に車イスマークの駐車スペースがあります。そこのトイレは身障者用トイレも有ります。洗面台は広くはありません。できれば「道の駅 おおやま」でトイレを済ませておいたほうが無難ですよ。

ここの園内はどこもスロープなので動き回ることには特に支障はないようですが、なにしろここは「畑」なもので、大久保台梅林公園に入ると身障者用のトイレなどは一切有りません。一般用のトイレは「臨時仮設トイレ」が何ヶ所か用意されています。それでも、車イスで梅園に入れるところはそんなに有りませんからなかなか貴重です。一部のスロープは急傾斜ですので、その部分に限っては介助が必要かもしれません。

「豊後・大山 ひびきの郷」という施設が完成して大勢の観光客で賑わっていました。駐車場に身障者用トイレが出来ていました。但し電気が点きませんでしたが・・・お土産品売り場の中にも身障者用トイレがあり、清潔で使いやすい設備状態でした。「ひびきの郷なごりの湯」前に車イス利用者用の駐車スペースは2台分あります。
  • 住所  :大分県日田市大山町 大山町産業振興課
  • 電話番号:0973-52-3101
  • 撮影日 :2014/3/11 2012年3月26日
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:無休
  • 駐車場 :無料
  • 花の見頃:2月下旬〜3月中旬 今年は枝先まで満開で見事でした
  • URL : http://www.hibikinosato.co.jp/
    http://www.town.oyama.oita.jp/

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ