梅 おおくぼ台梅園 '08

花色紀行>>いろんな花々>>ウメ

 大久保台梅林公園  大分県日田市大山町

大久保台梅林公園その1 左矢印
2007年2月28日に行きましたら満開状態で、昨年とは違う満足感いっぱいです

右矢印
雲ひとつない青空と梅園の下草の緑に囲まれて梅の花々が特にすてきでした
大久保台梅林公園その2
大久保台梅林公園その3 左矢印
ここの梅園は「豊後梅」という品種だと聞いていましたが、花の色を細やかに見ていると青みがかった白からピンク色まで数種類の色が有りました

右矢印
梅園を下っていった先で振り返って眺めたところです
大久保台梅林公園その4
大山町、大久保台梅林公園その5 左矢印
梅園の一番高い位置から下のほうに降りていくときの写真です

右矢印
梅園を下りながら左右を見回すと、2万本とも3万本とも言われる梅の木々それぞれが見頃状態で感動します
大久保台梅林公園その6
大久保台梅林公園その7 左矢印
やや大振りの花をつけた白梅をデジカメでアップしてみました

右矢印
甘味茶屋の手前付近ではこのような鮮やかな花をつけていました。花だけ見ると梅なのですが木の幹はやや違っていました
大久保台梅林公園その8
大久保台梅林公園その9 左矢印
オーナー梅の方の散策路を行きましたら菜の花と梅とがちょうど見頃状態の場所が有ります

右矢印
この辺りまでのんびりと散策してほぼ1時間です。それでも8割ぐらいは見たことになります
大久保台梅林公園その10

   
日田ICを降りてからすぐを右折してR212をそのまま「別府、大分」「小国、阿蘇」方面に走ります。途中の「サッポロビール日田工場」を過ぎてからすぐに道路標識があって、「小国、阿蘇」方面はここで右折します。道路はそのままR212ですから後はまっすぐ行けば途中で「おおくぼ台梅祭り」ののぼりが見えてくることでしょう。

「道の駅 おおやま」を過ぎたらすぐ右側に「梅林公園入り口」の看板が現れますので道なりに登って行き、「ひびきの郷」の看板を目印に行けば到着します。2008年は年初めの寒波の影響で開花が遅れてわれわれが行った3月6日はまだ5分咲き状態でした。これらの写真は2007年2月28日のものです。

 車イス情報 
R212「道の駅 おおやま」を過ぎたらすぐ右側に「梅林公園入り口」の看板が出てきて右折すると道なりに登ったところの右側に駐車場が有り、そこの一番奥のトイレ横に車イスマークの駐車スペースがあります。そこのトイレは身障者用トイレも有ります。洗面台は広くはありません。

ここの園内はどこもスロープなので動き回ることには特に支障はないようですが、なにしろここは「畑」なもので、大久保台梅林公園に入ると身障者用のトイレなどは一切有りません。一般用のトイレは「臨時仮設トイレ」が何ヶ所か用意されています。それでも、車イスで梅園に入れるところはそんなに有りませんからなかなか貴重です。一部のスロープは急傾斜ですので、その部分に限っては介助が必要かもしれません。

2006年に行った時には「豊後・大山 ひびきの郷」という施設が完成して大勢の観光客で賑わっていました。駐車場に身障者用トイレが出来ていました。但し電気が点きませんでしたが・・・お土産品売り場の中にも身障者用トイレがあり、清潔で使いやすい設備状態でした。「ひびきの郷なごりの湯」前に車イス利用者用の駐車スペースは2台分あります。
  • 住所  :大分県日田市大山町 大山町産業振興課
  • 電話番号:0973-52-3101
  • 撮影日 :2008年3月6日
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:無休
  • 駐車場 :無料
  • 花の見頃:2月下旬〜3月中旬
  • URL : http://www.hibikinosato.co.jp/
    http://www.town.oyama.oita.jp/

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ