夢たちばな観梅会

花色紀行>>いろんな花々>>ウメ

 夢たちばな観梅会  福岡県八女郡立花町

夢たちばな観梅会2014
上矢印
ちょうど幼稚園児が観梅にやってきて賑やかになった梅園を撮りました。左上のほうに園児が映っていますが、幼児とはいえかなり移動は早かったですね〜。2014年2月25日9時ごろに到着しての撮影です。

夢たちばな観梅会2014
上矢印
ボケ具合といい、ピントの正確さといい、配置具合といい、この写真がおすすめの最高写真でした。さらに腕を磨くためにこれからも精進しましょう。2013年よりも少しは成長したと思っているのですが・・・

夢たちばな観梅会2013
上矢印
ワインセラートンネル入口手前の紅梅を撮りました。2013年2月25日の撮影

夢たちばな観梅会2013
上矢印
最初に見たときは丘の上で宴会か何かをしているのかと思いましたら、よくよく見るとカカシでした。分かりにくいことにはその後実際にカカシの隣で宴会が始まったことです。

夢たちばな観梅会2013
上矢印
正式には谷川梅林と呼ぶこの一帯の梅の木は大木から若木まで様々な木々がびっしりと植えられていて、我々も到底すべてを見て回ることはできませんでした。

トンネル向こう側の風景(28580 byte) 左矢印
一目一万本とでも言えそうなほどの白梅の風景。トンネルワインセラー入り口を抜けた向こう側の風景です

右矢印
同じ白梅でも微妙に色が違う花も咲いていて、比べつつ鑑賞して回るのも素敵です。まだ5分咲き程度だったのが残念です
5分咲き程度の梅(27463 byte)
雨上がの梅の木(33518 byte) 左矢印
雨上がりでしたので梅の木の下へ入ってお弁当を食べることも出来ないで、場所を探すことに苦労しました

右矢印
トンネルワインセラー入り口手前側の梅園は7分咲きぐらいで見ごたえがありました。
梅園は7分咲(25583 byte)
梅園の光景(28073 byte) 左矢印
大きな鮎やバーベキュー、焼き鳥などを楽しみつつこういう梅園の光景を楽しめます

右矢印
ところどころで赤い花をつけていたりすると特に目立ちますね
赤い花の梅の木(28503 byte)
ユニークなトンネルワインセラー入り口(11006 byte) 左矢印
ユニークなトンネルワインセラー入り口

右矢印
第1イベント会場光景
第1イベント会場光景(11026 byte)

観梅会会場へは九州自動車道の広川ICを降りて国道3号線を一路南下して行き、立花町役場を過ぎますと、観梅会用駐車場案内があちらこちらへ出ています。それぞれに交通整理を兼ねたガードマンが出ていますので分かりやすいです。広川IC、八女ICより車で約20分ぐらい、距離にして5〜6kmぐらいでしょうか?

今年2013年の開花状況は満開状態で素晴らしい景観が一面に広がっていました。

2013年は観梅会の開始日には周辺一体のウメは大部分満開状態になっていました。会場周辺一体は、一面の白梅が約3万本咲いていて、なだらかな勾配の園路を回ると、いろんな角度からの景色が楽しめます。2003年には会場内では様々なイベントが行われ、竹炭で焼くバーベキューとキウイワインなどが楽しめる他、だご汁、おこわなどの模擬店や特産市などで賑わいます。一番びっくりしたのはあまりにも大きな鮎の塩焼き、バター焼きが出ていて500円でした。この鮎、約30cmほどもあり、大きな腹を開いたらいっぱいの卵を抱いていましたので、かなりのお買い得だったと思います。その他この大きさの鮎の開き一夜干しが700円で売っていましたのでこれも買いました。なんだかいろんなお店を回るうちに次々と品物が増えていってしまいました。2013年は平日に行った結果開いている露店は半分以下で寂しい思いをしました。

80ヘクタールにおよぶ梅林の一帯が「梅の里」として整備され、その一角に戦時中のトンネルを利用してつくったユニークなワインセラーは、ワインの貯蔵のほか、コンサートやギャラリーなどイベント会場としても活用されています。トンネル内の両壁には押し花を使った独特で幻想的な絵画が並んでいてかなり魅力的です。有料ですが興味がある人にはため息が出るようなひと時になることでしょう。
 車イス情報 
八女市役所立花支所に立ち寄って、「身障者用の駐車スペース地図」をもらって行きました。駐車場は数台分の車イスマークが石灰で書き込まれていましたが、相変わらずの未舗装でした。かっては道路との段差が10cmほどありましたが今は解消されていました。

会場までは住宅街を抜けて行くなだらかな舗装路で、会場までの約300メートルの間、一分にややきつい登りもあり、結構汗を書きました。観梅会の会場もトンネルまでは一方的な上りになっています。道路は舗装されていますが、露店などが並ぶ飲食物販コーナーだけは舗装がなく車イスでの移動がやや大変です。

ワインセラーの入り口手前と出口先にトイレがあり、ここにはそれぞれ身障者用トイレがあって十分に利用できます。一応水洗になっていました。かなり手入れが行き届いた素敵なトイレで、水仙と椿を活けた竹筒の花瓶が素敵な仕上がりでした
  • 住所  :福岡県八女郡立花町谷川 谷川梅林一体
  • 電話番号:0943-23-5141(立花町観光協会)
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:無休 観梅会は2月23日(土)〜3日(日)まで行われる
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://fukuoka.com/tachibana/ 立花町商工会ホームページ
  • 参考 :なだらかな山の斜面を埋め尽くす約3万本の白梅の光景は圧巻です。また、立花町役場近くの駐車場からは会場までのシャトルバスも出ているようです。

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ