ぐんまフラワーパーク

花色紀行>>花色公園>>ぐんまフラワーパーク

 ぐんまフラワーパーク  群馬県勢多郡宮城村 

入場ゲートを入ったところ 左矢印
ぐんまフラワーパークの入場ゲートを入ったところはこんな風景です。もちろん我々もこのマスコットの側で記念撮影をしました。

右矢印
サルビア園越しに眺める展望台です。遠望する塔にはエレベーターが設置されています。塔と塔の間の部分から眺める園内風景は絶景です。しかし、春の景色と比べると秋の景色は寂しかったですね
サルビア園越しに眺める展望台
温室内のラン 左矢印
温室内のランの展示ルームです

右矢印
同じ温室内のランの展示ルームですがややディスプレーが凝っていました
温室内のランの展示ルーム
温室内の熱帯植物ゾーン 左矢印
温室内の熱帯植物ゾーンの風景です。いろんな珍しい熱帯植物と、人口の滝の取り合わせです

右矢印
園内に咲いていたクレオメ園での撮影です。本来ならば夏場から秋口にかけてが満開なのでやや遅い感じです
クレオメ園
バラ園の風景 左矢印
園内のバラ園の風景です。春バラと違い、秋バラはやや花の勢いが弱い感じですね

右矢印
園内でいろんな花々を見て来ましたが、以前デジカメが無い時に行ったここの光景があまりにも素晴らしく、花々溢れる園内に「日本一」だと話していましたが、今回の秋は失望状態の花々でした
園内でのいろんな花々
チューリップ園の風景 左矢印
園内のチューリップ園の風景です。1997年に撮影した時はデジカメが無くてデジタルビデオカメラでの撮影でしたので画像がかなり粗いですがチューリップの満開風景だけは満喫できます

右矢印
この光景は入場ゲートを入ってすぐの風景でした。もちろん春のチューリップですのでこの他にもいろんな花々が咲き乱れるこの世の極楽風景に感じたものです
園内でチューリップの花々

園内は、真中を貫く「中央エリア」、向かって左手が四季の花々が咲く「四季のエリア」、向かって右手が「いこいのエリア」で、ここにはわんぱく広場やちびっこ広場、色んな散歩道等‥広大なスペースが有ります。ショッピングプラザ、レストラン「花とピア」もこの一角(正面ゲートすぐ右手)に有ります。

ここに入ってまずあまりの規模のすごさと、花々が咲き乱れて満開状態なのとでしばし我を忘れて呆然と立ちすくむような状態でした。感激です。しかし、それから後順路をたどってゆっくりと見て廻っているとますますこの「ぐんまフラワーパーク」が好きになります。これ以上何処を取り上げても他の公園よりも群を抜いて素晴らしいからです。朝から色んなところの車が数珠繋ぎでやってくるはずです。特に土曜日曜日には周辺の道路を含めて大渋滞になると聞きました。その辺を十分考えて一度ここに来て見ませんか?

 車イス情報 
身障者専用駐車スペースはかなりたくさん有ります。しかし、休日などはこのスペースも一杯になるくらい利用されています。入園料は、県内外を問わず、身障者手帳を提示すると、何と!無料なのです。その他にも65歳以上の人も無料です。これだけでも、ここが大好きになろうというものです。

園内では階段部分の横には必ず緩やかなスロープがあって不自由する事は有りません。「パークタワー」に上るときにはエレベーターが有りますので、上まで上がれば園内をしっかりと見渡す事が出来ます。身障者用トイレも7〜8箇所くらいありますので混雑するシーズンでも特に問題ないでしょう。
  • 住所  :〒371-02 群馬県勢多郡宮城村大字柏倉2471-7
  • 電話番号:027-283-8189(ハイパーク)
  • 入園料 :大人(高校生以上)700円、中学生以下、身障者無料
  • 開園休日:9:00〜17:00 火曜日
  • 駐車場 :無料500台
  • 花の見頃:月旬〜月旬
  • URL : http://www.aic.pref.gunma.jp/flower

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ