舞鶴公園

花色紀行>>花色公園>>>舞鶴公園

 舞鶴公園 福岡市中央区

お濠に咲く睡蓮 左矢印
2012年6月10日、睡蓮がとても見事に咲いているという情報を得て、朝早めに出てきて見て回りました。近くに寄れないのが残念ですが、お濠の一角に一面に睡蓮が咲いています。

右矢印
睡蓮を眺めている福岡城跡ではアジサイも見事な色合いを見せていました。
お濠に傍に咲くアジサイ
ボタン園その1 左矢印
ボタン園とシャクヤク園は同居していますがここだけは他の花々と違いやや場所が離れていますので公園内の案内地図を参照して行って下さい

右矢印
ボタンの種類もいろいろとありますので、それぞれに付いている名札を眺めるのも楽しみです
ボタン園その2
舞鶴公園でのみ見られる珍しいシャクヤク 左矢印
シャクヤク園です。このシャクヤクは寄贈を受けたものだそうですが、他では見かけない珍しい品種のようです。

右矢印
これらのシャクヤク園が全て無料で鑑賞できるんですから期間中は毎年訪れています。今年は5月9日に来ましたが満開状態でした。去年は5月13日で満開でした。もっとも、まだ硬いつぼみもたくさん残っていますので後数日はしっかり楽しめることでしょう
舞鶴公園シャクヤク園
梅園西側 左矢印
石垣上の展望所から梅園西側を見下ろしたところです。ここまで上れば梅園のほぼ全景を眺めることができるために、キャメラを抱えた人たちでひしめき合います

右矢印
梅園の南側の風景です。紅梅が特に多いので彩りもにぎやかです
梅園の南側の風景
満開のツツジ園 左矢印
満開のツツジ園と背景の石垣、新緑のみずみずしさがたまらなくすてきです

右矢印
八重桜は公園内のいたるところに咲いていますが、青空に映えて一味もふた味もすてきです
舞鶴公園の八重桜、ボタン桜
シャクヤク園その1 左矢印
これはシャクヤク園です。毎年5月上旬から中旬にかけて見事なシャクヤクの花々で埋め尽くされます。市民や観光客も少なくて都会の中の一角がとても静かでした

右矢印
ここはハナショウブ園です。スロープ付きでも木道が設置されていて東屋があり、初夏にはのんびりとハナショウブの鑑賞が出来ます
花菖蒲園
舞鶴公園での桜風景 左矢印
舞鶴公園での桜風景。ここは大濠公園から舞鶴公園へ向かう途中の風景です

右矢印
舞鶴公園最上部の桜園風景です。桜の木が大きいので枝をしっかりと張っていてとても見ごたえがあり、福岡市内でも有数のお花見人気場所です
舞鶴公園最上部の桜園
梅園中央部分の枝垂紅梅 左矢印
梅園中央部分で目立って咲いていました枝垂れの紅梅です

右矢印
桜園の南側の枝垂桜風景。石垣を借景にして見事でした。ここの石垣に連なる紅枝垂桜の並木は圧巻です
桜園の南側の枝垂桜風景
桜園中央部分の紅枝垂 左矢印
紅シダレザクラが地面に着くほど長く下がっていて近くまで行くことが出来ますので花びらの一つ一つを鑑賞できます

右矢印
桜園のソメイヨシノは大木で桜のトンネルを作り上げていて、借景の石垣ともどもとても絵になります
桜園でのソメイヨシノのトンネル風景

隣の「大濠公園」とは道路をはさんだ状態の一帯区域で、大勢の人をそれぞれの場所に引き付けています。シーズン中は思い思いの場所でお弁当を広げる人達の数がかなり見受けられます。それだけ、ここは福岡市民に愛され、親しまれているということになるでしょう。特にお花見の時の人出はかなりのものがありますし、夜間のライトアップもあって人出も最高になります。

福岡市営地下鉄の大濠(おおほり)公園駅から歩いてもそれほどかからない所ですので気楽に来られるためかもしれません。そのうちにかっての平和台球場跡地を含めて一大公園と整備しなおせば全国的に観光客を呼べる公園地帯となることでしょう。

 車イス情報 
身障者専用駐車スペースは有りません。身障者手帳所持者は駐車料金は無料です。そのための手続きをするには、駐車場の東側約30mのところの事務所に出向く必要があります。

身障者用トイレは駐車場近くに1つあります。しかし、最近は掃除が行き届かなかったり壊されたりして、実際に使えるときがありません。梅園へのスロープ入り口にはチェーンが張ってあり、その向こう側には車の進入を阻止する為のガードまであるので入っていくのがなかなか大変です。横手から廻ると約20cmぐらいの段差(盛り土のスロープがありますが気休めです)が有ります。やはり誰かの介助がないと一人では難しいでしょう。私は一人で来た時には公園に出入りする人たちに助力をお願いしました。

すぐ隣の「大濠公園」にはしっかりとトイレが有りますし、その途中の「福岡市美術館」「NHK福岡放送センター」にもトイレが有ります。また、舞鶴公園駐車場横には身障者用トイレが有ります。

ボタン、シャクヤク園への上り坂はやや急になっていますので自力では無理かもしれません。特に上り詰める寸前が急坂です。その代わり登ってしまえば後は平坦で、園内の一部にはスロープつきの木道が作られていて、車イスのまま登って上から牡丹園を眺めることも出来ます。また、梅園に登る坂も途中にチェーンが張ってあったりして一部に介助が必要だと思われます。

  • 住所  :福岡市中央区城内1
  • 電話番号:舞鶴公園管理事務所 092-781-2153
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:無休
  • 駐車場 :69台 有料300円/2時間 以降1時間150円
  • URL : http://www.mori-midori.com/sisetsu/10maizuru/
  • 参考 :

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ