御船山楽園

花色紀行>>花色公園>>御船山楽園

 御船山楽園 佐賀県武雄市武雄町

御船山楽園、最大の見せ場 左矢印
4月に最大の観光名所となるツツジ園の風景です。周辺の新緑と同時に眺めると時間を忘れるほどの感動です。

右矢印
ツツジ園の高い場所まで移動する途中のツツジ園写真です。
御船山楽園、ツツジ
御船山楽園、御船山を借景とした新緑 左矢印
御船山を借景とした池や新緑がとても鮮やかで目にしみるようでした。ぜひ、紅葉の時にも来て見たいものです

右矢印
藤棚に行ってみましたがここはまだ5分咲き程度でしたし、他の藤棚はやっと咲き始めたところでした。
c3mifuneyama0421_03.jpg(28115 byte)
御船山楽園、ボタンザクラとツツジ 左矢印
ボタン桜の数が種類とともにかなりありました。満開をやや過ぎたところで散り始めていましたが、風に舞う桜の花びらが新緑の山を借景としてきれいでした

右矢印
真っ赤なツツジと新緑の黄緑が借景の御船山を際立たせていました
御船山楽園、ツツジ越しの御船山
御船山楽園、ボタンザクラ越しのツツジ 左矢印
ボタン桜の数がかなりあり、枝が大きく垂れ下がっていてツツジ園の方にかぶさっています

右矢印
淡い色合いのボタン桜の風情がすてきでした。何という種類なのでしょう
御船山楽園、淡い色合いのボタン桜
御船山楽園3 左矢印
ツツジの庭を手前にして、池と茶屋を借景とした紅葉の風景です

右矢印
藤棚の先にある肥前守茶屋から眺めた池越しの紅葉風景です
御船山楽園4

長崎自動車道の武雄北方ICから国道34号線嬉野方面約10分ぐらいで到着します。途中で国道から左斜めに進入して坂を少し上ったら駐車場に入ります。案内標識もきちんと出ていますので間違えることも少ないでしょう。(三船が丘梅林とは違います)

幕末の武雄藩主、鍋島茂義公の別荘があった園内は四季折々にいろんな花々が咲き、花の名所として有名です。一番の人気はツツジの時期でしょう。この頃は大勢の入園者で賑わいます。ツツジとともに八重桜や早咲きの藤、しゃくなげ等も同時鑑賞することができます。

園内をやや登ったところにある「五百羅漢」も人気があります。約1300年前の行基の作品だと伝えられているそうです。

 車イス情報 
車イス利用者用の駐車スペースはありませんが、駐車場のあちらこちらで角地がありますので十分に駐車可能です。身障者用トイレは入場門右手に1ヶ所だけあります。園内に入ってからはありません。

園内は池の周辺まではなだらかな坂ですが、その後は急な坂が続きますので、とても自力では登れません。なるべく強力な介助者がいたほうがよろしいでしょう。特にツツジ園の中まで入っていこうとすれば覚悟が必要です。しかし、ツツジ園に入らずとも手前の位置からツツジ園と借景の御船山(210M)を眺めるほうが絶景です
  • 住所  :佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100
  • 電話番号:09542-3-3131(代 御船山観光ホテル)
  • 入園料 :4/1〜5/10 800円(身障者500円)小学生以下400円 その他シーズン大人500円 小学生以下300円  大人800円 
  • 開園休日:無休 8:00〜17:30
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www.mifuneyama.co.jp
  • 参考 :見頃は4月〜5月の桜とツツジ、それに11月中旬の紅葉は格別の趣があります。写真集を見せてもらいましたが惚れ惚れとするすてきな紅葉でした。次回はぜひ紅葉の時期に行きたいものです。

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ