みすみフラワーアイランド

見頃時期 : 春季〜秋季
花色紀行>>花色公園>>みすみフラワーアイランド

 みすみフラワーアイランド 熊本県

「花の学校」の花文字(14896 byte) 左矢印
駐車場横の無人ゲートを入るとすぐに花壇があり「花の学校」の花文字が出迎えてくれます。ここの後ろの屋内でいろんな花々を育てています

右矢印
売店奥の温室ではいろんなランの花々が咲いています。売店内でもランの鉢がいろいろと並べられて来訪者の目を楽しませてくれます
売店奥の温室でランの花々(21665 byte)
いろんな花や植物の景観(21181 byte) 左矢印
温室内は休憩用のイスなども置かれていますのでいろんな花や植物のディスプレーをゆっくりと楽しめます。ただし、それほど広い場所ではありませんので混雑時にはそれどころではないかも?

右矢印
ちょうど屋内栽培の胡蝶蘭が見ごろだと聞いたもので一番奥の棟に行くときに花壇が花々でいっぱいでした。こういう花壇があちらこちらにあり、場所によっては紺碧の海の眺めを借景にして素敵な景観となっています
花壇が花々でいっぱい(21339 byte)
屋内栽培の胡蝶蘭(19747 byte) 左矢印
屋内栽培の胡蝶蘭は広い屋内でどのくらいの数が育てられているのか見当もつきませんが圧巻でした。このほかにもいろんな花々がそれぞれの棟で育てられているそうです

右矢印
紺碧の海の色とあわせるようにアジサイがすてきな色合いを見せていました。そろそろアジサイも各地で見ごろを迎えるころでしょうね〜
アジサイがすてきな色合いです(19345 byte)

 
九州自動車道の松橋ICを降りてから国道266号を西へ走ること約30kmで45分ぐらいで到着します。松橋ではやや渋滞がありますが、道路標識はしっかりとありますし天草、三角方面を目指せばほぼ一本道です。

途中でやや小さな標識が右手に出ていて「みすみフラワーアイランド」への左折案内をしています。ここのオレンジ色の橋を渡ると三角町の戸馳島です。橋を渡って5分もかからずに到着しますのでゆっくりと走ってください。

 車イス情報 
車イス利用者用の駐車スペースはありませんが駐車場は広いので大丈夫でしょう。身障者用トイレは売店内の休憩所横に1ヶ所あります(アコーデオンカーテン)。売店内の2階はギャラリーやカフェになっているようですが車イスでは行けません。その他の園内はほぼ平坦で移動に支障はありません。
  • 住所  :熊本県宇土郡三角町戸馳373-3
  • 電話番号:0964-53-0550
  • 入園料 :300円
  • 開園休日:不明
  • 駐車場 :無料
  • URL :不明
  • 参考 :熊本県の宇土半島西南端にあり、三角町の戸馳島へオレンジ色の橋を渡り案内標識ままに行くと、紺碧の海と蘭等の花に囲まれた、「花の学校」に行き着きます。

さらに南下して進めば・・・

 松島展望台からの天草5橋展望(5516 byte)
 三角町の戸馳から一旦国道266号に戻り、さらに西へ向かえば天草五橋に入りますし、この画像のような「松島展望台」までは約30分ぐらいで到着します。第1号橋から始まってこの画像に移っている第5号橋まで走り抜けるのにほぼ15分ぐらいでしょうか・・・

ここの駐車場にはお土産売り場や屋上展望台の他、身障者用トイレもあります。新しく出来た「松島有料道路」の入り口付近になります。このまま南下すればすぐ先にもっと景観がすばらしいと言われている「千厳山展望台」がありますが今回は行きませんでした。いずれにしても天草五橋周辺には観光の名所がいろいろとありますのできっとすてきな旅になることでしょう。

 私たちは「みすみフラワーアイランド」の後には、本渡市に行きその後五和町から天草西海岸まで進み「特製うに丼」をしっかりといただいて天草の魚介類をお土産に買い込んで嬉々として帰路に着きました。ちなみに自宅がある福岡市からの走行距離は往復で480kmでした。

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ