ときわ公園

花色紀行>>花色公園>>ときわ公園

  山口県宇部市 ときわ公園 

花ショウブ苑 左矢印
はるか彼方まで花ショウブがびっしりと満開です。さらに先にはアジサイの群落があります

右矢印
スイレンが咲く池の周辺から湖方向を眺めたところの花ショウブ風景です
菖蒲苑から斜張橋へ
アジサイに囲まれた階段 左矢印
「常盤 菖蒲苑」から通路へ上がる階段付近や一番奥の一帯がアジサイの群落になっています

右矢印
「常盤 菖蒲苑」の中央部はスイレンが咲く水辺になっています。赤、白、黄などのスイレンが咲くさまが近くから眺められます
スイレン
アジサイ園 左矢印
アジサイ苑ではいろんな色のアジサイが咲きますが、新しく移植した他の「あじさい苑」もあり、園内を散策してみるとあちらこちらでアジサイに出会えます

右矢印
「常盤 菖蒲苑」の石彫り地点から花菖蒲園全景を眺めたところ。民芸調のつくりになんとなく風情を感じたりします。周辺のアジサイも素敵です
菖蒲苑全景
レストハウス前の水仙 左矢印
「ときわレストハウス」周辺の水仙風景その1

右矢印
「熱帯植物館」内のサボテンコーナーです。丁度サボテンの花がいろいろと咲いているところへ行き合わせましたので幸運でした
「熱帯植物館」内のサボテンコーナー
「熱帯植物館」内のランの展示 左矢印
「熱帯植物館」内の鉢植えランの展示です

右矢印
「熱帯植物館」内の花々です。散水の露に濡れたアジサイ球くらいの大きさのこの花のネームプレートを探したのですが???
「熱帯植物館」内の花々
睡蓮 左矢印
早い時間に到着しましたので睡蓮が見事に咲いていました。これまでは午後の到着が多かったのです

右矢印
「熱帯植物館」前のユリの花壇です。、まだ完全に開花してはいませんが7分咲き程度でしょうか
「熱帯植物館」前のユリの花壇
「熱帯植物館」内のラン 左矢印
「熱帯植物館」内のランの花コーナーではいろんな種類のランが咲いています。

「熱帯植物館」近くのモクレンがちょうど見ごろを迎えていました。ややときわ湖に向かって降りていった辺りです 右矢印
モクレン
噴水とサクラ 左矢印
公園内では野外彫刻の展示のほかに、噴水などもオブジェとして楽しめますし、何処を見ても絵になりそうです

右矢印
湖にかかるサクラを撮ったところです。「ときわ湖水ホール」近くの桜山以外にもサクラの木がたくさんあります
湖とサクラ
桜山の桜 左矢印
「ときわ湖水ホール」近くの桜山では満開の桜に出会いました。この周辺一帯が名前の通り桜の木でいっぱいです。もちろんお花見客で大混雑になる場所でもあります

右矢印
つつじは園内のいろんなところで見ることが出来ますが、一番の見所は常盤橋周辺から「石炭記念館」周辺に至る場所だと思います。つつじの株も大きいので見ごたえがあります
大株のツツジ
長く続く藤棚 左矢印
藤棚は常盤神社へ行く鳥居近くまで伸びていて満開時期は長い藤の花の房が垂れ下がり甘い香りを振り撒いてくれます

右矢印
ボタン園と藤棚は散策路をはさんでほぼ対面状態にあります。民芸調というのか「老人憩いの家」もあってびっしりと咲くボタンともども一見の価値があります
ボタン

ここに来るまでの高速道路がかなり整備されたせいでずいぶんと楽になりました。九州からだと車で中国自動車道下関JCTから山陽自動車道に入り宇部ICを降りれば車で15分ぐらいで到着します。もっと早いのは、山陽自動車道の終点から「山口宇部有料道路」に入り、宇部空港方面に終点まで行けばそこから5分ぐらいで到着します。公園駐車場は何ヶ所かに分散していますのでそれぞれ利用個所を考えていかれたら良いでしょう。園内は周辺の道路からややすり鉢状に下っていってときわ湖の水面近くに行き着くようになっていますので、周回道路は一番湖面に近いところになります。つまり行きは下りで入りますが帰りは登りで帰ってくることになります。

園内はときわ湖を中心にして約6kmの周遊道路が巡っており、それにそって色んな花木が咲き続けます。木本類300種、草本類800種もの草花や樹木があるそうなので、4月から5月にかけてのシーズン中は特に楽しめます。これまでに季節ごとに何回か行っているのですが、まさしく花の競演といった風景でした。一年を通して、梅(150本)、桜(3.500本)、ツツジ、シャクナゲ(570株の西洋シャクナゲ)、牡丹(400株)、シャクヤク、藤(75本)、花菖蒲(20.000株)、スイレン、アジサイ、コスモス、そして11月には「菊花コンクール」まで、大いに楽しめます。

それぞれの花々はほぼ区域が決まっていて、まとまって咲いていますから見ごたえがあります。ツツジだけは花の数が多いためか、園内のあちらこちらで咲いていますので、遠くからでもそれらがよく分かります。藤棚は長く延びて甘い香りを運んでくれますし、ボタン園は民芸家屋の前で豪華に花を咲き誇っていました。この民芸家屋の裏手には珍しい野草たちがこじんまりと集められていましたがなかなかみんながここまでは来てくれないようです。
その他に施設としては、次のようなものが揃っています。
  • 熱帯植物館    :ラン室、サボテン室、シダ、ヤシ等熱帯植物でいっぱいです。
  • ときわ遊園地   :小さい子どもたちが喜びそうな遊具がいっぱいです。火曜休園
  • 野外彫刻美術館  :色んなオブジェが並んでいて作品の意味を推察してみるのも楽しめます。
  • ときわ湖水ホール :イベントホール、レストランなどの文化施設です。
  • ときわレストハウス:ときわ湖を眺められる素敵な場所でのんびりと食事が出来ます。ただし、バイキング方式の食べ放題1500円以外にはメニューに乏しく貧弱な感じですのでぜひお弁当持参をお勧めします。(Tel:0836-21-7010)
  • 石炭記念館    :かって宇部市の産業の基礎であった石炭鉱業の歴史を学べます。地下にはモデル炭鉱もあり屋上はときわ湖が一望できる展望台です。
 車イス情報
車イス利用者用駐車の場合は正面入り口(ときわレストハウスの横)に駐車すれば園内に最短距離で入れます。専用スペースも3台分があります。(その他の駐車場にもそれぞれあります)身障者用トイレも約10ヶ所ほどありますし、園内はほぼ平坦でどこでも移動するのに不自由はありません。ただし、中央駐車場、東駐車場ともにスロープがやや急なので帰るときの登りは介助が必要かもしれません。

ボタン園に入るには急坂ですので強力な介助が必要ですが、入らずとも遠目で見ることは出来ます。しいていえば、あまりにも広いのでゆっくりと時間を取っておかないと全部は廻りきれません。また、遊園地内の遊具の利用及び石炭記念館は車イスでは無理のようです。それでもなおかつここに来る価値はおおいにあります。車イスで来られている地元の人たちにもたくさん出会いました。
  • 住所  :〒755-0003 山口県宇部市則貞3丁目-4-1
  • 電話番号:宇部市常盤遊園協会 Tel:0836-21-3541
    宇部市役所商工観光課 Tel:0836-31-4111 0836-34-8353
    宇部観光コンベンション協会 Tel:0836-34-2050 
  • 入園料 :無料(平成13年6月1日から)
  • 開園休日:無休
  • 駐車場 :400円(終日)
  • 花の見頃:1月旬〜11月旬
  • URL :  http://tokiwa.ube.ac/

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ