九州の宿 宿泊結果

花色紀行>>身障者室情報>>九州の宿
  1. 長崎県 野母崎 海の健康村(和洋室ツインベッド)2015
  2. 長崎県 西海橋コラソンホテル(洋室ツインベッド)
  3. 鹿児島県 あすぱる大崎  
  4. 鹿児島県 垂水ベイサイドホテル アザレア  
  5. 長崎県 野母崎 海の健康村(和洋室ツインベッド)
  6. 長崎県 野母崎 海の健康村(ツインルーム)
  7. 鹿児島県 いこいの村いむた池
  8. 鹿児島県 コスモピア内之浦
  9. 大分県 別府湯のもりパレス
  10. 宮崎県 ウェルシティ宮崎(宮崎厚生年金会館)
  11. 熊本県 グリーンピア南阿蘇
  12. 大分県 レゾネイトクラブ くじゅう  
  13. 熊本県 くまもとエミナース

 野母崎 海の健康村 長崎県長崎市野母町 和洋室 2014

伊勢海老の活き造り
上矢印
2015年8月31日の撮影です。今年は伊勢海老が大漁だそうで、型も大きくて見事なイセエビでした。この写真は3人分の活き造りです。

「野母崎の伊勢海老」を一人当たり2尾分を夕食に使用した「野母崎伊勢海老会席」プラン、1泊2食15850円(入湯税150円別)、(土曜日・休前日は、上記料金に1050円のシーズン料金が加算される)を楽しみに今年も出かけて来ました。今年は母の「卒寿の祝い」ですので大きな伊勢海老できっと満足することでしょう。

天気はかなり悪く雨がかなり降っていました。途中での観光はすべて中止してひたすら宿に向かいました。料理内容は去年と変わっていません。いろんな料理が次々に出てきてとても食べきれないような状態です。しかし、手間を省くためか見た目を豪華に見せるためか、3人分をまとめて乗せて出してきました。最後は残ったスープで伊勢海老雑炊を自分たちで作り上げました。宿では伊勢海老雑炊を出さなくなりました。

以前は「雑炊名人」と噂していた女性がいましたが、彼女が辞めてからはさっぱりよろしくありません。これだけが唯一の欠点です。


とにかくメニューとしては これでおなかがいっぱいで、もはや余裕が無い状態でも翌朝になると、和朝食がたっぷりと出てくるのです。昨日あんなにたくさん食べたのに朝になってこれだけ並んでいても完食でした。ちなみに我が家の朝食はヨーグルトとバナナ1本だけがいつものメニューです。我ながら信じられない食欲でした。

レストランの窓の外には青い芝生の先に東シナ海が広がり、軍艦島も遠望できますまだ芝生に朝日が差し込まず日陰になっています。夕食、朝食ともに、こんな素敵な席に着いたのは初めてです。たぶん予約日がかなり前だったからでしょうか?

  • 宿の名前:野母崎 海の健康村
  • 住所:〒851-0505 長崎県長崎市野母町692-1
  • 電話番号:TEL095-893-1133  FAX095-893-1135
  • 身障者室設備:和洋室ツイン、バス、トイレ(両手摺り、シャワー付)
  • 身障者用室外トイレ:有り、フロント裏に1ヶ所(両手摺り、シャワー完備)
  • 身障者用駐車場:有り、1台分
  • チェックイン、アウト:15:00〜、10:00
  • 宿泊日:2015-8-31
  • 夕食、朝食:18:00〜、07:30〜(和食)いろんな時間を選択可能
  • 宿泊料金:1泊2食(税、サ込み)伊勢えび会席コースで15000円(JAF割引+ビール)(9月21日まで開催その後は値段が上がる)
  • カード使用:可
  • 予約:6ヵ月前の1日から
  • 開業:
  • URL: http://www.nomozaki.or.jp/
  • 車で:長崎インターチェンジから車で40分〜50分ぐらいで到着
  • その他:1回ロビーからスリッパのままで外に出ることが出来ます。園地になっていて海を間近に眺めて絶好の記念撮影スポットです。軍艦島も遠望できます。
 車イス情報 
「長崎県福祉のまちづくり条例」適合施設だそうで、車イス利用者用の駐車スペースが玄関横に1台分あります。温泉館の前にも1台分があります。そこから館内まで平坦で入ることができます。洋室は全てバリアフリーになっているという話です。和洋室の他にツインの洋室が何部屋かあります。われわれが泊まった和洋室はベッド間が狭くて車イスが入りませんので、それぞれのベッドを左右の壁いっぱい広げました。ベッドの下にはキャスターが付いているので動かしやすいです。

部屋入り口、バス・トイレの部屋は引き戸になっていて使いやすいです。トイレは両サイドに手摺が付いたシャワー付きトイレです。便器の近くに洗面台があります。バスは便器の反対側正面にあり、車イスの高さよりやや低い高さでバスの小上がりがあり、手摺りはさらにその奥(壁側)にしかなくやや使いにくいです。据え置き型のポリバスが設置されています。車イス利用者にとっての洗い場がありますので和洋室のバスの方が使いやすいです。

1階のフロント横にもシャワー付身障者用トイレがあり、両手摺が付いています。大浴場は段があり車イスでの利用は出来ないそうです。


 西海橋コラソンホテル 長崎県佐世保市針尾東町 洋室

西海橋コラソンホテル右の画像は車イス利用者用駐車場から眺めたホテルの一部です。玄関にバスが止まってなければもっと分かりやすかったのですが・・・宿泊客が多いので夕食は6時と8時に分けて予約するようで、我々は6時で伊勢海老会席を予約しました。

しかし、伊勢海老のお造りは3人分をまとめて乗せたという皿には小さ目な1.5尾分をお造りとして盛ってあるだけでかなり落胆です。ネットで具体的なそれらの情報は出ていませんでしたので我々も未確認でした。その代わりにお造りの皿にはいろんな刺身が並んでいました。刺身より伊勢海老が断然良いのですが・・・

しかも、伊勢海老の雑炊はないそうです。生卵を出してもらって自分たちでやろうかと思ったのですが、そもそも生卵は置いていないそうなのでどうしようもありません。断念しました。伊勢海老の殻はみそ汁の形で出てきました。料理人の腕が良すぎるのか、伊勢海老の殻には身がほとんど付いていませ「んので掻き出すためのカニ用のさじもありません。みそ汁の味は抜群でした。ご飯はその後出てきた鯛のゴマ味噌ダレ漬け」と一緒にかき混ぜて食べるそうで、それもやりましたが残りには味噌汁をかけて食べました。のんびりゆっくりと食事を続けていると何とか完食出来るものですね〜。3人ともにほとんど残すことなく平らげました。その代わり最初から最後まで居ました。


とにかくメニューとしては

2015年は「天然の伊勢海老を食す鉄人会席プラン」で以下の通りでした。

2014年は「天然の伊勢海老と長崎和牛を食すプラン」で以下の通りでした。

これでおなかがいっぱいで、もはや余裕が無い状態でも翌朝になると、バイキング料理の朝食をしっかりと取ってくるのです。もっとも、自室でお茶をしっかり飲んで、食堂では牛乳を2本コーヒーを2杯、飲んだのでかなりお腹がだぶついていました。

屋外の青い芝生の先に散策路が広がり、噴水などのシャッターポイントでは若いペアーが写真を撮り合っています。今日は初めての宿泊でしたが、ここでは特に若者の姿を多く見かけます。

  • 宿の名前:西海橋コラソンホテル
  • 住所:〒859-3451 長崎県佐世保市針尾東町2523-1
  • 電話番号:0956-58-7001
  • 身障者室設備:バリアフリールーム36m2 2名定員洋室ツイン、バス、トイレ(シャワー付)
  • 身障者用室外トイレ:有り、1ヶ所
  • 身障者用駐車場:有り、2台分
  • チェックイン、アウト:15:00〜11:00
  • 宿泊日:2015-9-28
  • 夕食、朝食:18:00〜、07:30〜(バイキング朝食)
  • 宿泊料金:1泊2食(税、サ込み)\15300 (料理長おすすめのフルボトルワイン含む)
  • カード使用:可
  • 予約:ヵ月前の日から
  • 開業、改築等:
  • URL: http://www.corazonhotel.jp
  • 車で:
  • その他:伊勢海老会席 9/1〜¥15800 11/1〜¥19300
  • 情報の出典場所:西日本新聞 2015-9-12
 車イス情報 
車イス利用者駐車場は建物前の使いやすい場所にあります。玄関は階段ですがスロープが設置されていて館内に入ります。館内は平坦でした。バリアフリールームは1Fの119号室が1室あります。入り口ドアは鍵を回しての押し開き戸でやや使いにくい構造です。鍵もオートロックになっていてなれないと不便です。我々は3人でしたのでエキストラベッドを入れての利用です。

しかし、3人利用の場合はソファベッドになります。この簡易ベッドがかなりつらいです。マットレスが薄いせいなのか、ベッドの金具なのか体に当たってなかなか眠ることができません。かなり寝不足状態でした。

トイレは左側だけに手摺が付いたシャワー付きトイレです。何しろ便器の両側が壁でかなり狭くて乗り降りが大変です。便器の少し離れた最奥に洗面台があります。洗面台のエプロンが長すぎて私の膝は洗面台の下に入らずかなり不便です。蛇口も遠いのでさらに不便さを感じました。バスは大きくて立派なのですが手摺が全くありません。私のように全く立てない車イス常用者にとっては鬼門です。結局バスの利用を止めました。しかも、バスを使えなかった我々2名にも入湯税を払わせられました。大浴場は階段があり車イスでの利用は出来ないそうです。

1階のフロントから離れていますが、薄暗い照明ながらシャワー付身障者用トイレがあり、こちらには両手摺が付いています。


 あすぱる大崎

あすぱる大崎かのやばら園から45分程で到着しました。最近はすっかりカーナビ頼りで運転していますが、それにしても鹿屋を抜けるまでは分かりにくい道路でした。道の駅に併設していますのでカーナビの設定はやりやすかったです。

部屋は3Fでエレベーターで上がり、軽く手を添えるだけで開く引き戸でした。ツインルームですがソファを使ってEXベッドにしてもらい3人での宿泊です。

夕食は3150円の会席料理を注文しました。この写真は着席後すぐに撮したものです。この後に次々と熱々の料理が運ばれてきました。そうやって運ばれて来た数は7品ほどだったでしょうか。我々は夢中になって頂きましたが、海に近い志布志の近くにしては刺身の味がイマイチでした。

着席後すぐに着火された豚しゃぶのスープは絶品でしたし、熱々の天ぷらも美味しかったし、名前は忘れましたが珍しい料理も出てきて大いに満足しました。

一夜明けての朝食も見事でした。和食、洋食の選択ができますが、我々は和食を選択しました。写真のメニューの他に味付け海苔、ご飯、味噌汁が出て来ました。その他にも牛乳やジュース、コーヒ−などがおかわり自由でセルフになっていました。

 車イス情報 
車イス利用者用駐車スペースは数台分があります。道の駅の駐車場もありますし、駐車場がかなり広いので何処でも駐車できます。館内への出入りも、館内も平坦で車イスでの移動にまったく不自由しません。

身障者室は3Fの301号室です。トイレと風呂は別々になっています。洗面台を挟んで左がバスルーム、右がトイレです。両手摺が付いたトイレは引き戸を開けてやや狭いですが車イスでの使用に支障はありません。手摺りも左右に付いていますのでかなりかなり使いやすいです。洗浄はタンクの紐を引っ張って流します。便器はウオシュレットになっています。

洗面脱衣室は壁で区切られているだけでドア―は有りません。そこからすぐ風呂場に入るようになっています。風呂はポリバスですが高さが低いし、手摺の位置も悪く使い難かったです。特に右壁の必要なところに手摺がありません。なお給排水は早く、シャワーもありますが、バスに入ってしまうとシャワーには手が届かず不便でした。また、洗面台、トイレともども照明は明るくて気分が良いです。

1Fの大浴場横の家族風呂(¥1000/1時間)は身障者用ということで見てみましたが、ドボンと入る分には良いですが風呂から上がる時の手摺の位置が高すぎて、立てない私のような身障者はとても入る勇気がありませんでした。惜しいことです。

1Fに身障者用トイレがあって、こちらは広々としていて便器の両側に手摺りもあって、利用する分には十分です。便器はウォシュレットになっています。

1Fにあるレストランも車イスでの利用に支障は有りません。各テーブル間の間隔が車イスが通過するにはやや狭い感じがしますが、係員がきちんと案内してくれましたし、宿泊客も協力的で助かりました。
  • 宿の名前:あすぱる大崎
  • 住所:〒899-7302鹿児島県曽於郡大崎町神領2419
  • 電話番号:0994-71-6666
  • 身障者室設備:洋室ツイン、バス、トイレ(シャワー付、無)
  • 身障者用室外トイレ:有り、1ヶ所
  • 身障者用駐車場:有り、3台分
  • チェックイン、アウト:15:00〜、〜10:00
  • 夕食(内容は選択可)、朝食(¥1050):18:00〜、07:00〜(和洋選択可))
  • 宿泊料金:1泊素泊まり¥5250(税、サ込み)
  • カード使用:可
  • 予約:ヵ月前の日から
  • 開業、改築等:1998-8-11開業
  • URL: http://mono-osaki.sakura.ne.jp/asuparu/wp/
  • 車で:かのやばら園から45分。都城ICからは1時間程度
  • その他:第3火曜は休み。大崎町を横断する大隈半島の国道220号沿いに建設省が設置した『道の駅くにの松原おおさき』に隣接して開業した宿です。

このページ最初へ戻る

 垂水ベイサイドホテル アザレア

温泉ホテル アザレアの全景
2011年に鹿屋市の観光宣伝隊がバラ祭りの宣伝のために福岡市に来て「天神大丸」にてパンフレットを配っていましたので、我々も鹿屋市まで1泊で出かけました。その時点で鹿屋市観光振興課に電話して「バリアフリータイプの身障者室」を紹介してもらった宿があいにく満室で、次に紹介してもらった宿がここでした。素敵な宿で大満足です。

広々とした駐車場から段差もなく館内に入れます。我々が宿泊したハンディキャップルームはフロント近くのエレベーターを使って3階にあがります。部屋は洋室のツインルームでエキストラベッドを入れる余裕もないので、隣の和室も使いました。食事のレストランは2階です。

レストランの食事は、会席料理が3500円から4500円、5500円まで色々と選ぶことが出来ます。他に単品料理メニューも数多く揃えられていますので、選択の楽しみもあります。我々は4500円の会席料理を注文したところ、温かい料理が次から次へと運ばれてきて、あわびの陶板焼きなどに舌鼓を打ち、最後のにぎり寿司がなかなか入りませんでした。幸福感いっぱいでベッドに入りました。

しかし、1500円のバイキング朝食はメインの料理もなく特にどうということもないのに値段が高すぎると思います。

 車イス情報 
車イス利用者用駐車スペースは有りません。しかし、駐車場がかなり広いので何処でも駐車できます。館内への出入りも、館内も平坦で車イスでの移動にまったく不自由しません。5Fの大浴場だけが利用できません。

身障者室は3Fの309号室です。トイレと風呂は別々になっています。トイレは引き戸を開けても内部が狭くて車イスが全部入りません。手摺りも左壁だけにしか付いていなくてかなり不自由します。洗浄ボタンも左壁のみで便利が悪いです。便器はウオシュレットになっています。

洗面脱衣室は壁で区切られているだけでドア―は有りません。そこからすぐ風呂場に入るようになっています。風呂はポリバスですが、なかなか清潔で手摺りもしっかりしていて使いやすかったです。給排水も早く、シャワーもあるしかなり便利になっています。また、洗面台、トイレともども照明は明るくて気分が良いです。

1Fに身障者用トイレがあって、こちらは広々としていて便器の両側に手摺りもあって、利用する分には十分です。便器はウォシュレットになっています。

2Fにあるレストランも車イスでの利用に支障は有りません。各テーブル間の間隔が車イスが通過するにはやや狭い感じがしますが、用意されていたテーブルはそんなことには関係しない場所で助かりました。
  • 宿の名前:垂水ベイサイドホテル アザレア
  • 住所:〒891-2124 鹿児島県垂水市錦江町1-194
  • 電話番号:0994-32-9195
  • 身障者室設備:洋室ツイン、バス、トイレ(ウォシュレット付き)
  • 室外トイレ:有り、1個所(1F)
  • 身障者用駐車場:無し
  • チェックイン、アウト:14:00〜11:00
  • 夕食、朝食:17:30〜21:00、07:00〜09:00    
  • 宿泊料金:1泊(税、サ込み、洋室¥7150+和室¥6150)朝食¥1500 夕食会席料理¥3500、¥4500、¥5500 他に単品メニュー多し
  • カード使用:可
  • URL: http://www.hotel-azalea.com/
  • その他:かのやバラ園からは35分程度でした。国道からはやや入り込んでいますが案内看板もしっかりとありました。

このページ最初へ戻る

 野母崎 海の健康村 長崎県長崎市野母町 和洋室

野母崎 海の健康村2010年は伊勢海老がやや小ぶりで落胆しましたが、その代わりに中に味噌がたくさん詰まっていて、それらがとても良い味を出したようで、雑炊にしてもらったらこれまでで最高の美味しさでした。その他の料理も美味しくてすっかり平らげてしまいました。

2009年はインターネットでここのホームページを見ていたら「伊勢海老会席料理」は9月いっぱいで終了だという記事が目に付き、月末近くになって慌てて予約し、宿泊しました。宿のフロントで聞いたら例年と一緒でやはり10月いっぱいまでやっているそうで我々は少し早まりました。

野母崎 海の健康村の和洋ツインルーム「野母崎の伊勢海老」を2尾分以上を夕食に使用した「野母崎伊勢海老会席」プラン、1泊2食13650円(入湯税150円別)、(土曜日・休前日は、上記料金に1050円のシーズン料金が加算される)を楽しみに今年も出かけて来ました。

今年は早く来たためか、レストランで食事をする宿泊客の数は少なかったです。その分のんびりとゆっくり静かに料理を味わえました。いろんな料理が次々に出てきてとても食べきれないような状態です。ところがのんびりゆっくりと食事を続けていると何とか完食出来るものですね〜。三人ともに何にも残すことなく平らげました。でも、ベッドに上がってからが苦しかったです。


とにかくメニューとしては これでおなかがいっぱいで、もはや余裕が無い状態でも翌朝になると、和朝食がたっぷりと出てくるのです。今回は生の伊勢海老をすべて雑炊に使いましたので、朝食時には伊勢海老の味噌汁は出てきませんでしたが、出汁はしっかりと効いていました。

最終的なわれわれ3人の結論は・・・「来年もまたまた絶対来ようねっ!」

  • 宿の名前:野母崎 海の健康村
  • 住所:〒851-0505 長崎県長崎市野母町692-1
  • 電話番号:TEL095-893-1133  FAX095-893-1135
  • 身障者室設備:和洋室ツイン、洋室ツイン、バス、トイレ(シャワー付)等洋室は全てバリアフリー
  • 身障者用室外トイレ:有り、フロント横に1ヶ所(両手摺り、シャワー完備)
  • 身障者用駐車場:有り、1台分
  • チェックイン、アウト:15:00〜、10:00
  • 夕食、朝食:18:00〜、07:30〜(和食)いろんな時間を選択可能
  • 宿泊料金:1泊2食(税、サ込み)伊勢えび会席コースで13650円(10月末日まで開催)
  • カード使用:可
  • 予約:6ヵ月前の1日から
  • 開業:
  • URL: http://www.nomozaki.or.jp/
  • 車で:長崎インターチェンジから車で40分〜50分ぐらいで到着
  • その他:1回ロビーからスリッパのままで外に出ることが出来ます。園地になっていて海を間近に眺めて絶好の記念撮影スポットです
 車イス情報 
「長崎県福祉のまちづくり条例」適合施設だそうで、車イス利用者用の駐車スペースが玄関横に1台分あります。そこから館内まで平坦で入ることができます。洋室は全てバリアフリーになっているという話です。和洋室の他にツインの洋室が何部屋かあります。われわれが泊まった和洋室はベッド間が狭くて車イスが入りませんので、それぞれのベッドを左右の壁いっぱい広げました。ベッドの下にはキャスターが付いているので動かしやすいです。

部屋入り口、バス・トイレの部屋は引き戸になっていて使いやすいです。トイレは両サイドに手摺が付いたシャワー付きトイレです。便器の近くに洗面台があります。バスは便器の反対側正面にあり、車イスの高さよりやや低い高さでバスの小上がりがあり、手摺りはさらにその奥(壁側)にしかなくやや使いにくいです。据え置き型のポリバスが設置されています。車イス利用者にとっての洗い場がありますので和洋室のバスの方が使いやすいです。

1階のフロント横にもシャワー付身障者用トイレがあり、両手摺が付いています。大浴場は段があり車イスでの利用は出来ないそうです。
権現山展望台宿から車で10分ぐらいで到着する、野母崎最高地の展望台です。展望台直下に無料駐車場があり、そこから坂道を登って展望台へ行きますと草地の広い場所に出ます。一部に階段を登っていくとさらに高みの展望台頂上に出ます。そこから眺めるとこのような景観になり、眼下に軍艦島(端島)を望む景観が広がります。藪椿の群生地のようでたくさんの椿がありました。

宿のフロントで観光案内マップをもらっておくと道路がいっそう分かりやすいですが、そのまま走って行っても「権現山展望台」の案内標識がありますので大丈夫でしょう。

水仙公園の展望台、東屋からの眺めの方が展望は開けているようです。いずれの展望台が良いかはそれぞれ自身で判断されたらよろしいでしょう。一度は行って見ることが大切です。
稲佐山展望台稲佐山は長崎市内を一望にするすばらしい展望台です。稲佐山に向かいひたすら登っていきますと展望台へ出る有料駐車場(1時間100円)に行き着きます。チケットを取ってさらに登ると展望台です。

車イス利用者用の駐車スペースが2台分あります。展望台は屋内スロープで2階のレストランまで緩やかに登ることが出来ます。風が強かったり寒かったりするときには屋内からガラス越しに展望できます。今回のように快晴の場合はエレベーターを使って屋上へ出ることが出来ます。

稲佐山の最高地点まで登ったわけで、360度見渡せる絶景です。特に、長崎湾、長崎港、長崎市街地、香焼の三菱ドッグ、女神大橋等々が全て眼下に広がっていて感動します。ライトアップされた夜の景観も見事でしょう。車で登ってくる他にロープウェーで登ってくる方法もあるようです。

長崎港めぐりの遊覧船乗船申し込みでは「もう二度とここには来ない!」と思わせられる酷い応対を受けましたが、ここ、稲佐山の展望ですっかり気晴らしをしました。観光地の窓口業務に携わる人は旅行者に対しもっと親切に応待すべきです。我々は二度とこの写真中央部の長崎港には来ません!

 野母崎 海の健康村 長崎県長崎市野母町 ツインルーム

野母崎 海の健康村長崎の観光地をいろいろと回って遊んでいても、その後約40分ほどでこの宿に到着します。西側周りの国道と東側周りの県道とありますが、車での走行は国道のほうが走りやすいです。

「野母崎の伊勢海老」を2尾分夕食に使用した「野母崎伊勢海老会席」プラン、1泊2食13650円(入湯税150円別)、(土曜日・休前日は、上記料金に1050円のシーズン料金が加算される)を楽しみに出かけました。

宴会客が多いせいか、レストランで食事をする人の数は少なかったです。その分のんびりとゆっくり静かに料理を味わえました。いろんな料理が次々に出てきてとても食べきれないような状態です。今日のお昼に新地の中華街で長崎ちゃんぽんを食べるかどうか議論した挙句、結局寂しいランチで済ませておいたのが良かったようでした。

とにかくメニューとしては これでおなかがいっぱいで、もはや余裕が無い状態でも翌朝になると、お造りで使った伊勢海老の味噌汁がど〜んと出てくるのです。こんな美味しい伊勢海老の味噌汁は食べたことがありません。伊勢海老の味噌がしっかり溶け込んでいて味噌汁の味噌というのは伊勢海老が抱いているミソのことなのです。再び雑炊にしたかったのですがそこまでは入らず、スープを飲み干すだけにとどめざるを得ませんでした。

最終的なわれわれ3人の結論は・・・「来年も絶対来ようねっ!」

  • 宿の名前:野母崎 海の健康村
  • 住所:〒851-0505 長崎県長崎市野母町692-1
  • 電話番号:TEL095-893-1133  FAX095-893-1135
  • 身障者室設備:和洋室ツイン、洋室ツイン、バス、トイレ(シャワー付)等洋室は全てバリアフリー
  • 身障者用室外トイレ:有り、フロント横に1ヶ所(両手摺り、シャワー完備)
  • 身障者用駐車場:有り、1台分
  • チェックイン、アウト:15:00〜、10:00
  • 夕食、朝食:18:00〜、07:30〜(和食)
  • 宿泊料金:1泊2食(税、サ込み)伊勢えび会席コースで13650円(10月末日まで開催)
  • カード使用:可
  • 予約:6ヵ月前の1日から
  • 開業:
  • URL: http://www.nomozaki.or.jp/
  • 車で:長崎インターチェンジから車で40分、横川インターチェンジから車で40分
  • その他:陽の岬温泉は身体が温まりやすい泉質で人気があるようでかなりの車で賑わっていました
 車イス情報 
「長崎県福祉のまちづくり条例」適合施設だそうで、車イス利用者用の駐車スペースが玄関横に1台分あります。そこから館内まで平坦で入ることができます。洋室は全てバリアフリーになっているという話です。和洋室の他にツインの洋室が何部屋かあります。われわれが泊まったツインの洋室は片方のベッドサイドが広く空いていて使いやすかったです。

バス・トイレの部屋は引き戸になっていて使いやすいです。トイレは両サイドに手摺が付いたシャワー付きトイレです。便器の近くに洗面台があります。バスは便器の隣にあり、車イスの高さよりやや低い高さでバスの縁があり、手摺りはさらにその奥(壁側)にしかなくやや使いにくいです。据え置き型のポリバスが設置されています。車イス利用者にとっての洗い場は特にありませんのでバスの湯を抜いて中で洗うしかありません。私自身はバスから縁へ上がるときに、左手壁の手摺りを握って体を持ち上げる際に左ひじで非常呼び出しボタンを押してしまいました。

1階のフロント横にもシャワー付身障者用トイレがあり、両手摺が付いています。大浴場は段があり車イスでの利用は出来ないそうです。

 いこいの村いむた池 鹿児島県薩摩川内市 

いこいの村いむた池姶良インターチェンジから車で25分、横川インターチェンジから車で40分、曾木の滝から車で50分という場所です。周囲約4kmの火口湖、鹿児島県立藺牟田池自然公園の一角に建っています。春は数千本の桜、秋はもみじの紅葉が特に人気の景勝地です。

部屋が地下1階と聞いて思わず地下室を連想しましたが、藺牟田池を展望できる高台という感じの和洋室ツイン部屋でした。なかなか快適な宿です。料理は部屋食とレストラン食とがあるようですが我々はレストランでいただきました。味付けが上手でどの料理も美味しかったですが最後に出てきた山菜御飯が秀逸でした。そのままおにぎりにして夜食として持ち帰りたいほどでした。

朝食は和食ですが、サラダや漬物、パン、納豆、海苔、ジュース、コーヒーなどは自由に取れるようになっていました。

  • 宿の名前:いこいの村いむた池
  • 住所:〒895-1502鹿児島県薩摩川内市祁答院町藺牟田1806
  • 電話番号:0996-56-0121FAX 0996-56-0123
  • 身障者室設備:和洋室ツイン(新館B1Fに2室車イス対応)、バス(温泉)、トイレ(シャワー付)バスとトイレはそれぞれに独立
  • 身障者用室外トイレ:有り、レストラン横に1ヶ所(ひょうたん型便器でシャワー無し)
  • 身障者用駐車場:有り、1台分
  • チェックイン、アウト:16:00〜、10:00
  • 夕食、朝食:18:00〜、07:30〜(サラダ、漬物などのみバイキング)
  • 宿泊料金:1泊2食(税、サ込み)9800円、10800円、11800円
  • カード使用:可
  • 予約:6ヵ月前の1日から
  • 開業:1989年11月、改築1998年4月
  • URL: http://www.kinrou.or.jp/ikoi-imutaike/
  • 車で:姶良インターチェンジから車で25分、横川インターチェンジから車で40分
  • その他:3月末から池の周りで数千本の桜が見頃となります。単純泉弱アルカリの泉質で、無色、無臭と質も良く、神経痛、筋肉痛などに効用があります
 車イス情報 
車イス利用者用の駐車スペースが玄関前に1台分あります。そこから手摺付きのスロープで登って館内に入ります。B1Fに身障者室が2室あり、出入り口引き戸の和洋室になっています。和室は車イスの高さとほぼ同じ高さで乗り移りがしやすいですし、ツインベッドの周辺も広くて車イスが十分に入ります。セミダブルサイズのベッドはやや低めになっています。

トイレと浴室はそれぞれ独立した部屋で、どちらも引き戸になっていて使いやすいです。トイレは両サイドに手摺が付いたシャワー付きトイレです。便器の横には手洗い用の洗面台もあります。浴室は洗面台の先に車イスの高さとほぼ同じ高さの広い洗い場があり、その奥に埋め込み型のポリバスが設置されています。洗い場に乗り移ればそのままポリバスまで横移動で行けますし、御影石の上にはスノコが置いてあります。なおポリバスに引いてあるのは温泉ですので、やや早めにお湯を入れたほうが良いようです。

1階のレストラン横にも身障者用トイレがあり、両手摺が付いていますが、シャワーが付いていないひょうたん型のやや低めの便器で使いにくい印象です。大浴場は段があり車イスでの利用は出来ません。

 コスモピア内之浦 鹿児島県薩摩川内市 

コスモピア内之浦建物外観根占フェリーターミナルから車で1時間、かのやばら園から国見トンネル経由で車で50分という位置です。東大の宇宙物理学研究のロケット基地がある内之浦で有名なところです。

春バラの季節ですので、ネットで見つけた「バラの宴コース(\9450)」を注文してチェックアウト時にばら園の入場チケットをいただきました。料理はかなり美味しかったです。特に地魚五点盛りが我が家のお気に入りでした。味付けが良くてどの料理も美味しかったですがあまりにも多い量にいささか残さざるを得ませんでした。豚肉の陶板焼きも美味でしたが、最後のパエリア(釜飯風)が特に美味でした。

朝食はバイキングで、サラダや漬物、パン、納豆、海苔、ジュース、コーヒー、牛乳、焼き魚、さつま揚げ、ウインナー、唐揚げ等々などは自由に取れるようになっていました。

  • 宿の名前:コスモピア内之浦
  • 住所:〒893-1402 鹿児島県肝属郡肝付町南方2660
  • 電話番号:0994-67-4110 FAX 0994-67-4116
  • 身障者室設備:洋室ツイン(3F309号室)、洋バス、両手摺付きトイレ(シャワー付)バスとトイレはそれぞれに独立
  • 身障者用室外トイレ:2ヶ所有り
  • 身障者用駐車場:無し
  • チェックイン、アウト:16:00〜10:00
  • 夕食、朝食:18:00〜、07:30〜(朝食はバイキング)
  • 宿泊料金:1泊2食(税、サ込み)9450円(バラの宴コース)
  • カード使用:可
  • 予約:6ヵ月前の1日から
  • 開業
  • URL: http://www.cosmo-pia.jp/
  • 車で:根占フェリーターミナルから1時間。かのやばら園から50分
  • その他:春バラの見頃時期に「バラの宴コース」を予約すると、チェックアウト時点で「かのやばら園」の入場チケットをもらえます
 車イス情報 
車イス利用者用の駐車スペースは設置されていません。玄関は段差が無くてそのままフロントまで入ることが出来ます。3Fに身障者室(309号室)があり、出入り口引き戸のツイン洋室になっています。エキストラベットを入れることも可能ですがやや狭くなります。ベッドは車イスの高さとほぼ同じ高さで乗り移りがしやすいですし、ツインベッドの周辺は車イスがなんとか入ります。

トイレと浴室はそれぞれ独立した部屋で、どちらも引き戸になっていて使いやすいです。トイレは両サイドに手摺が付いたシャワー付きトイレです。便器の横には手洗い用の洗面台もあります。浴室はやや狭いスペースながら手摺も有り洋式のやや高さが低いポリバスが設置されています。洗い場などはありませんので、ポリバス内で身体を洗い、シャワーで流して再びお湯を入れることになるでしょう。

しかし、「かなえの湯」の中に「福祉風呂」があり、ここは浴室内に段差が無くて、脱衣場には着替えようのイスも有り、車イス利用者でも十分に利用できます。おかげで私も2回温泉を堪能することが出来ました。 1階のレストラン横、「かなえの湯」にも身障者用トイレがあり、十分に利用できます。レストランも段差が無くてテーブル下にも膝が入り十分に利用できました。

 別府湯のもりパレス 大分県別府市亀川 

別府湯のもりパレスの正面玄関風景 車の場合は大分自動車道別府ICを降りて信号を右折し、鉄輪温泉入り口を左折して道なりに進めば程なく右手にありますが途中で看板などは見かけませんでしたので道案内の期待をしないほうが良いです。1996年に全面建替えを行ったそうなのでまだまだ新しく、平日の宿泊だったのでとてもゆっくりできました。

料理は1階フロント前のレストランで夕食朝食ともにいただきますが、夕食は和風会席料理(4千円のコースを予約)、朝食も和風です。ともに味付けがとてもよくて美味しくいただけました。特に夕食は料理の数が多くて3千円のコースでも十分だったかもしれません。中庭が和風庭園になっていまして、ちょうどサツキが満開で新緑の緑とともに食事の時のすてきな環境を演出していました。3階の部屋の窓外にもサツキが植えられていて、緑の森の借景とともに静かな環境がとてもありがたい思いです。

  • 宿の名前:別府湯のもりパレス(労働福祉共済会)
  • 住所:〒〒874-0016大分県別府市亀川野田22
  • 電話番号:0977-66-1059
  • 身障者室設備:和洋室ツイン2室、バス、トイレ(シャワー付)全てスライドドアー
  • 身障者用室外トイレ:有り2ヶ所(シャワー無し)
  • 身障者用駐車場:無し
  • チェックイン、アウト:15:00〜、〜10:00
  • 夕食、朝食:17:30(和風会席料理、3,4,5000円等有り)〜、07:30〜(和食)
  • 宿泊料金:1泊2食8,470円〜(税別、サ込み)
  • カード使用:不可
  • 予約:3ヵ月前から
  • 開業、改築等:1996年
  • URL: http://www.stay-ok.com/kyosaikai/yunomori/index.html
  • 車で:大分自動車道別府ICから10〜15分ぐらいで到着します
 車イス情報 
身障者室は3階に2部屋あり、室内のドアーは全てスライド式で使いやすいです。室内照明はやや暗く感じますが、スタンドなどを利用すれば大丈夫です。和洋室のベットの間隔も広く、ベットの高さも車イスに対して適度の高さで使いやすいです。浴室トイレ、洗面はそれぞれが独立していますので、3人で3ヶ所を同時利用できます。洗面台は2つ付いていました。

室内の浴室は車イスの高さとほぼ一緒の広いスノコ張りの洗い場に厚いマットが敷いてあり配慮が嬉しのですが温泉は出ませんでした。家族風呂は予約制の温泉ですが、脱衣室と浴場との段差が20cmほどありますし、浴槽は床面から掘り下げてあり、一応片方に手すりが付いていますので、利用できる人には便利でしょうが・・・大浴場は5段ほどの段差があって利用できません。

このページ最初へ戻る

 ウェルシティ宮崎(宮崎厚生年金会館) 宮崎市宮脇町(宮崎駅東口前) 

c3d_well_miyazaki0417_01p.jpg(10464 byte) 館内1階のレストラン「日向」は文化の森公園に隣接し、私たちがいただいた「ひむかディナー」は¥2500で、宮崎地鶏の炭火焼、日向かぼちゃのスープ 、都城和牛ひれステーキ、季節のフルーツ、パン、コーヒーにキリシマ焼酎のお銚子が1本付いていました。私たちはその他に美味しいと言うお勧めの白ワインを1本注文して、3人1室で一人当たり1泊2食で8300円でした。

館内の設備と言い、料理の味と言い、支払い時の価格と言い、応対等のサービスと言い、こんなに感激的なことはまずありません。その上、チェックアウト時には次回の宿泊500円引きチケットをもらいました。ここまでサービスしてもらったらまた今度宿泊したくなってしまいますね〜。特に、おまけとか、サービスとか、無料とかにかなり弱いわが家族はすっかり参ってしまったようです。

  • 宿の名前:ウェルシティ宮崎(宮崎厚生年金会館)
  • 住所:〒880-0877宮崎市宮脇町38-2
  • 電話番号:0985-23-3311 Fax; 0985-23-5823
  • 身障者室設備:洋室ツイン、バス、トイレ(シャワー無)
  • 身障者用室外トイレ:有り、1ヶ所
  • 身障者用駐車場:有り、2台分
  • チェックイン、アウト:15:00〜、〜10:00
  • 夕食、朝食:17:00〜、07:00〜(サラダバイキング)
  • 宿泊料金:1泊2食(税、サ別)
  • カード使用:可
  • 予約:6ヵ月前から
  • 開業、改築等:
  • URL: http://www.kjp.or.jp/hp_37/
  • 車で:宮崎ICを降りてくるまで10分ぐらい・・・宮崎駅の直ぐ側です。
  • その他:
 車イス情報 
車イス利用者用駐車スペースが屋内玄関左手に2台分ありますがそれほど広くはありません。身障者用トイレは1階に1ヶ所ありますし、601号室が身障者室になっています。バストイレは一部屋になっていて、トイレは両手すりがしっかりとありますがシャワー付ではありません。バスは車イスの高さとほぼ同じで手すりもあり利用しやすいですが、洗い場がありませんのでバスタブのお湯を抜いて中で洗い、シャワーで流します。ところが給湯は早いのですが排水がかなり遅く、冬場は堪えそうです。館内の移動にはまったく支障なくどこでも利用できました。

このページ最初へ戻る

 グリーンピア南阿蘇 熊本県阿蘇郡久木野村 

ここは2003年5月末日で閉鎖されるという話を聞きました。

グリーンピア南阿蘇の夕食膳の全て。(13250 byte) という訳で、再びやって来たのですが残念ながらこの右の写真のような夕食で、かってのフランス料理のイメージとはまったく違っていました。それでも仕方がないといえば仕方がないのです。だって、抽選で半額優待券を使っての宿泊でしたから、一人1泊サービス料込みで5,000円だったのですからこんなもんでしょう。もっともこの写真にはありませんが、最後にデザートが出てきまして、このケーキがかってのフランス料理で出た名残を感じさせるような素敵な味でした。

また、値段の割りには朝食ののバイキングはなかなかの品揃えでした。それこそ我が家で言ったものです「昨夜も朝食と同じようにバイキングでやってくれたら良かったのに・・・」。とにかく朝からご馳走をたくさんいただきました。

グリーンピア南阿蘇、身障者室から阿蘇五岳を眺める かっては、ここに出かけてくる最大の楽しみは「シェフ自慢のフランス料理フルコース」でした。宿泊料にプラス3000円で頂くことが出来ました。勿論メインディッシュは「阿蘇赤牛」のステーキです。一緒に頂くパンも美味しかったですが、なんだか量が物足りない思いでした。しかし、同行した女性2人は丁度良かったと言っているので、せめてパンのお代わりを自由に注文できればなあと思った次第です。

部屋の窓からは阿蘇五岳がまじかに眺められる高台にあります。九州自動車道の熊本I,Cからはおおよそ60分くらいでしょうか?途中には案内看板が設置されていて間違いなく到着できます。

グリーンピアの常で、園内は広く散策するにもいろんな場所があり、楽しめます。園内を走る「ゴーカート」や、野外コンサート場の「アスペクタ」はとても有名ですが、いまだ一度も利用したことはありません。 近年、「温泉プラザ」が開設されて、大浴場、露天風呂、バーベキューレストランなどの施設も充実してきましたので、かってはお客さんも多かったですが、今回(2003-02)行った時は営業していませんでした。

 車イス情報 
玄関に約5cmくらいの段が有りますが、今回行きましたら中央部分に両手すりつきのほんの申し訳程度のスロープが設置されていました。しかし車イス利用者用の駐車スペースは相変わらずありませんでした。

身障者室は広い洋ツインが一室あって、エキストラベットも入ります。トイレ、風呂ともに設備に問題はありません。今回行って見たらトイレもウォシュレットに変わっていましたし、手摺りもしっかりとしていて、不自由は有りませんでした。身障者室はフロントがある2Fのやや奥になります。他に身障者用のトイレもあります。

しかし、ここの最大の欠陥は相変わらず駐車場でしょう。身障者用の駐車スペースが無いばかりか、一般駐車場もはるかに遠い坂の上にあるのです。雨のときなどは坂を降りるのにも気を使い、又帰りの登りはかなり大変な思いをします。

前回宿泊した(1999-11)時には雨だったので、やむなくフロントに言って玄関先の一部に止めさせてもらいました。新たに身障者専用駐車スペースを設けてくれるようにアンケートに記入しておきましたが今回(2003-02)行って見てもまったく変わっていませんで、がっかりしました。
  • 宿の名前:グリーンピア南阿蘇
  • 住所:〒 869-1412 熊本県阿蘇郡久木野村大字久石4411-9
  • 電話番号:09676-7-2131 FAX 09676-7-2130
  • 身障者室設備:洋室ツイン、バス、トイレ(ウォシュレット有り)
  • 室外トイレ:有り、1ヶ所(フロント横)
  • 身障者用駐車場:無し(遠くて大変)
  • チェックイン、アウト:15:00〜、〜10:00
  • 夕食、朝食:17:30〜、07:30〜
  • カード使用:可
  • URL: http://www.coda.ne.jp/~greenpia/index.html
  • その他:

このページ最初へ戻る

 レゾネイトクラブ くじゅう 大分県久住町 



この雰囲気が落ち着けるという人も多いのですが、初めて経験すると、手元や足元が何となくおぼつかなくて困りました。 阿蘇くじゅう国立公園の中の大草原にあります。95年度通産省選定グッドデザイン賞受賞という輝かしいデザイン評価を受けた宿です。これまでの宿と違い、自然との共生というか、木や石や土塀などの柔らかな素材がふんだんと使われています。



照明も、蛍光灯などは一切無く、柔らかな白熱灯だけです。それも天井照明は無く、スタンド、壁掛けライトなどの部分照明だけです。荒削りの柱や壁の腰板などを眺めていると、昔の和風民家を洋風にしたような感じさえ受けます。 自然との”レゾネイト〔共鳴〕”をテーマにしているそうなので、こういう造りにしてあるのでしょう。一部屋一部屋は独立したロッジ形式〔どちらかというと離れのようです。〕になっていますので、隣の部屋の物音などは全く聞こえません。



レストラン「メテオ」も同じようなコンセプトの基に作られていて、高い天井と、テーブルに置かれたキャンドルライトがいっそう食事を優雅で素敵なものに思わせてくれます。 夕食は洋風コース料理です。色んなコースを選ぶ事が出来ますが、一番のお勧めコースが「豊後黒毛和牛もも肉ロティスリー丸焼き」です。牛の骨付き百肉をじっくりと焼き上げて、切り分けてくれます。 一緒に出される手作りパンもとっても美味しかったです。 なお、チェックインが15時、チェックアウトが11時というのもありがたいです。

 車イス情報 
身障者用駐車スペースは玄関前に1台分あります。身障者室は1室だけで、フロントからさほど遠くないところに有りますが、途中急坂を下りますので、その反対の時には自力では登れませんでした。 部屋の入り口は、4〜5cmの段差が2ヶ所有ります。しかしこのくらいは乗り越えられるのですが、ドアーが引き戸ではなくて片開き度ですから出入に不自由します。

身障者用のトイレはウオッシュレットで、手摺もやや高めながらしっかり付いています。しかし、ここも照明が落としてあって、トイレにしては暗かったです。室内の風呂は、外に向けて大きな窓を作って有りますが、床面からの掘り下げになっているので、私のような立てない身障者にとっては、使えませんでした。手摺の位置も使いずらそうでした。



洗面台の下は車イスは入れないような作りで、横向きにしか使えません。 レストランに行くのには不自由しませんが、お土産売り場、図書室、星の観察室、大浴場などは、階段が有って車イスでは行けません。
  • 宿の名前:レゾネイトクラブくじゅう
  • 住所:〒 878-0202 大分県直入郡久住町大字有氏字広内1773番地
  • 電話番号:0974-76-1223
  • 身障者室設備:洋室ツイン、バス、トイレ(ウォシュレット付き)
  • 室外トイレ:未確認
  • 身障者用駐車場:有り、1台分
  • チェックイン、アウト:15:00〜、〜11:00
  • 夕食、朝食:18:00〜(二部制)、07:30〜
  • カード使用:可
  • URL: http://www.resonate.co.jp/
  • その他:

このページ最初へ戻る

 くまもとエミナース 熊本県上益城郡益城町



玄関及びエントランスは広々としていてとても快適です。夕食のコース料理がとてもお勧めです。 熊本空港から程近い場所(車で3分)に有り、近年は九州自動車道の「益城熊本空港I,C」が開設されたので、車で約10分くらいで、かなり便利になりました。 夏場には流水プールやウォータースライダーがとても人気を呼んで華族で楽しめる公園施設になっています。

建物も新築後まだ年数が経っていなくてとても新しく気持ちが良かったです。料理はレストランで自由にコース料理を選択できるので、自分の好みと季節の食材を考えて選ぶことが出来ます。値段もお手ごろでとても美味しかったです。

 車イス情報 
身障者専用駐車スペースは4台分が正面玄関すぐ前に有りまして、玄関も段差無く入れます。身障者室は1室だけで、和洋ツインになった広々した部屋です。

バストイレルーム広くて清潔で気持ち良いのですが、トイレは右壁の手摺りだけで、左にはまったく有りませんし、洗面台がはみ出してきているので、やや使い辛いです。風呂は車イスよりも高く、おまけに手摺りの高さが低いので、私みたいに立てない車イス常用者には利用できませんでした。



他に身障者用の家族風呂もあるのですが、せっかくの大きな風呂でも、床面から掘り下げてあるタイプなのでこれまた利用することはかないませんでした。館内には数箇所、身障者用トイレがあって、これらの設備はしっかりして使えました。
  • 宿の名前:熊本エミナース
  • 住所:〒861-2202熊本県上益城郡益城町田原 2071-1
  • 電話番号:096-286-1111  Fax 096-286-0001
  • 身障者室設備:和洋室ツイン、バス、トイレ(ウォシュレット付き)
  • 室外トイレ:有り、数個所
  • 身障者用駐車場:有り、4台分
  • チェックイン、アウト:15:00〜、〜10:00
  • 夕食、朝食:18:00〜、07:30〜(バイキング)
  • カード使用:不明
  • URL: http://www.eminence.gr.jp/
  • その他:

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ