鳥取秋紀行ー2

花色紀行>>祭りや旅行>>鳥取秋紀行
  1. 大山寺〜鍵掛峠〜鬼女平道の駅蒜山高原、ホテル蒜山ヒルズ
  2. とっとり花回廊米子ハイツ〜???

 とっとり花回廊 鳥取県 


↑花の丘に咲く一面のサルビアの向こうにフラワードーム


↑マリーゴールド等の花壇向こうにフラワードーム


↑園内では紅葉が真っ盛り


↑コスモスと紅葉のすてきな取り合わせ


↑フラワードーム内ではランの花々がいっぱい


↑フラワードーム内のランはいろんな種類が開花中

こんなに広々としたスペースに、これだけのすてきな公園をもつ鳥取地方の人達がうらやましいくらいの思いです。フラワードームにはランがいっぱいに咲き乱れているし、今日みたいな、時々雨が降ってくるような場合は展望回廊がとてもありがたい設備です。ちょうど紅葉の時期でもあり、園内の木々も色づいて、秋バラも咲き、あちらこちらの花壇にはたくさんの花々が見えます。

これが春だと一体どんな風な光景になるのでしょうか?ぜひ次回は春に来て見たいものです。もしお近くの人でまだ行かれていない方はぜひ行って見ることをお勧めします。

  • 住所  :鳥取県西泊郡会見町鶴田110
  • 電話番号:0859-48-3030(代表)
  • 入園料 :大人1000円、小中学生500円
  • 開園休日:9:00〜17:00 無休(12月〜3月は年末年始及び火曜日休み)
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www.tottorihanakairou.or.jp
  • 参考 :米子自動車道の溝口ICから10分もかからずに到着します。園内はあまりにも広いのでじっくりと見て回るにはほぼ半日が必要でしょう。急ぎの人は屋根付きの展望回廊が円形に1km回っていますので,雨の日を含めてこれを利用すると良いでしょう
 車イス情報 
入園ゲートに近い車イス利用者用駐車スペースはあまりにも数が多くて不自由することはないでしょう。ガードマンが道路横断時に車の通行を一時止めてくれます。入園料金は身障者本人及び介助者1名が無料でしたが、園内がほぼ全てを車イスで利用できることを考えたらなんだか申し訳ないような思いでいっぱいになります。

身障者用トイレは園内の各所にあり、いずれも設備に支障はありませんでした。展望回廊、レストラン、お土産ショップ、木の館等の設備も利用に支障はありませんでした。

 米子ハイツ 鳥取県米子市 

c2tottori019.jpg(27396 byte)
夕食メニューの一部

c2tottori038-h.jpg(12814 byte)
身障者室ベットの状態

米子ハイツ(米子勤労総合福祉センター)
米子自動車道の終点、米子ICから約5分ぐらいのところの便利が良い小高い場所にあります。宿の位置からは,大山や周辺の山々が素敵な景観を見せてくれているはずだったのですが・・・今年最大の低気圧がやって来て・・・

 車イス情報 
宿の正面階段の両側にスロープが設置されています。身障者室は1階ですので館内はほとんど移動することなく用事が済みます。洋室トリプルのベットは箱型で並列プラス、L型に配置されています。右側ベットの周辺に照明とかのスイッチパネルが並んでいますので、こちらの利用をお勧めします。トイレはシャワー式で両方の手摺が完備されています。ただ、便器の水槽タンクが大きい為に左側手摺の奥行きが短くなっています。シャワーの操作パネルの位置が右壁の高い位置にあるためにかな有り使いづらいです。

ポリバスは左壁手摺がありませんが、ちょうど洗面代用の手摺が代用できますので大丈夫です。大浴場は車イスでの利用は無理だということです。なお、室内を出て直ぐ左の非常口からスロープ付きで外に出られるようになっています。
  • 宿の名前:米子ハイツ(米子勤労総合福祉センター)
  • 住所:〒689−3514米子市尾高2377
  • 電話番号:0859-27-2951(代表)
  • 身障者室設備:洋室トリプル、バス、トイレ(ウォシュレット付)
  • 身障者用室外トイレ:見当たらず
  • 身障者用駐車場:有り、1台分
  • チェックイン、アウト:16:00〜、〜10:00
  • 夕食、朝食:18:00〜20:00、07:30〜9:00(和食)
  • カード使用:可
  • URL:
  • その他:夕食はいろんな種類があり、自由に選択できます。身障者室割引とJAF割引が同時に適用されます。

 帰りは???

カニをしっかりといただいてご機嫌で眠った翌朝は何と積雪で米子自動車道は通行止めになってしまいました。何とかチェックアウトの10時まで待ってみたのですが、通行止めは解除されたもののチェーン規制があり、冬用タイヤなど使ったことが無い私は仕方なく一路国道9号線を西へ向かった次第です。その代わりすてきなお昼も体験しました。

道の駅「キララ多伎」のレストランでいろんな食事メニューが豊富で、きのこご飯や鯛めし等がとても美味しくて、てんぷらや刺身ともどもいろんな味を楽しんで、せめて帰宅するまでの体力と気力の充実に励んだのでした。次回は春に「とっとり花回廊」へ行って見たいものです。

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ