花回廊〜由志園〜松江〜出雲

花色紀行>>祭りや旅行>>花回廊〜由志園〜松江〜花の郷
  1. 初日:福岡⇒とっとり花回廊うなばら荘
  2.  
  3. 2日目:うなばら荘由志園松江フォーゲルパークウェルシティ島根
  4.  
  5. 3日目:ウェルシティ島根しまね花の郷ウェルシティ島根(ランチバイキング)⇒福岡

  とっとり花回廊 鳥取県西伯郡南部町

駐車場から入園ゲートまでの間にいろんな露店が出て買いたいものもたくさん有りそうだったのですが、入園して花々を楽しむのが先だと思って買い物を断念し、名物の3段重ねの蕎麦をいただきました

右の写真はゲート付近で広がるチューリップをメインとするいろんな花々の花壇です。これらの花壇はフラワードームへ続くまでにいろんな花々で埋め尽くされています。往路での花壇と帰路での花壇とではそれぞれに趣が違いますのでしっかりと楽しめました。
とっとり花回廊入園ゲート付近
花の丘のビオラ花壇からフラワードーム方向を遠望した写真です。この一帯にはポピー等の花々も植えられていて季節ごとに楽しめます。そういえば、秋に来た時には真っ赤なサルビアの群落で、赤いじゅうたんを思わせられました。

花回廊を回りながらでも十分に景観を楽しめますが、すてきな場所ではぜひ花回廊から外に出て、丘や花壇を回るほうがもっと満足できる景観に出会えます。
とっとり花回廊、花の丘から眺めるフラワードーム
 車イス情報 
入園ゲートに近い車イス利用者用駐車スペースの数は多いので駐車に不自由することはないでしょう。ガードマンが道路横断時に車の通行を一時止めてくれます。入園料金は身障者本人及び介助者1名が無料でした。桜の広場へは未舗装でしたので途中で行くのをあきらめました。森の道、芝生の広場方面には行っていませんので不明です。

身障者用トイレは園内の各所にあり、いずれも設備に支障はありませんでした。展望回廊、レストラン、お土産ショップ、木の館等の設備も利用に支障はありませんでした。なお、園内のいろんな係員に親切にしてもらいました。とても印象が良いスタッフが多くて気持ちよく過ごすことが出来ました
  • 住所  :鳥取県西泊郡会見町鶴田110
  • 電話番号:0859-48-3030(代表)
  • 撮影日 :2007-4-26、 2002-11-4
  • 入園料 :大人1000円、小中学生500円
  • 開園休日:9:00〜17:00 無休(12月〜3月は年末年始及び火曜日休み)
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www.tottorihanakairou.or.jp
  • 参考 :米子自動車道の溝口ICから10分もかからずに到着します。園内はあまりにも広いのでじっくりと見て回るにはほぼ半日が必要でしょう。急ぎの人は屋根付きの展望回廊が円形に1km回っていますので雨の日などには便利に回れます
今日の宿はうなばら荘です。

このページ最初へ戻る

  由志園

由志園ぼたん館

牡丹の館では一年中ボタンを見ることが出来るそうです。もちろん屋内展示のボタン園の他に、屋外ボタン園では250種のボタンが見頃状態でした。これほどのボタンが一斉に咲いている光景は初めて見ました。圧倒されるような思いです。

のんびりと散策することも出来そうにないほどの混雑でしたが、私たちは時間に余裕があるということも有り、かなりの時間をここで過ごし、お茶屋さんで「ぼたん弁当」を食べながらのボタン鑑賞まで楽しみました。十分に旅行の醍醐味を満喫してここを出発する前にはお土産もしっかりと買い込んでいたりして・・・
由志園和風庭園

由志園和風庭園は広く、四季折々のそれぞれの姿がとても絵になるようです。これだけ新緑が見事ですと、秋の紅葉時にも大いに期待出来そうですし、雪が降り積もった風情なども情緒いっぱいでしょう

これはお土産売り場から外に出て撮った写真ですが、園内のあちらこちらの和風庭園風景が、それぞれの場所で絵になりそうです。どこを切り取って写したら一番良いのかを判断するだけの技量がこんなところで試されるんでしょうね
 車イス情報 
車イス利用者用の駐車スペースがありますがあまり広くはありません。私の車の横に大型のマイクロバスを止められて困りました。身障者用トイレは入園後建物の中に入ってすぐ左手に有りました。設備は支障なく利用できます。

園内はほぼ平坦なのですが、一部の太鼓橋を渡るときにやや坂になります。メインのボタン園の一部は細やかな砂利が敷き詰められていて車イスのキャスターがとられて自力での移動が困難です。その時のための迂回路も用意されています。食事をするためのレストランへは階段では入れませんでした。その他のお食事どころは団体で貸し切り状態でした。ボタン園奥に茶店がありここでボタン弁当(700円)が売られていて食べましたが美味しかったです。その他に鰻弁当やうどんも売っていました。
  • 住所  :〒690-1492 島根県松江市八束町波入1260-2
  • 電話番号:0852-76-2255(代) FAX : 0852-76-2508
  • 撮影日 :2007-4-27
  • 入園料 :大人:600円 、 中人:300円 、 小人:200円 (障害者手帳を提示すると本人の入園料が半額)
  • 開園休日:AM 8:30〜PM 5:30(年中無休) 
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www.yuushien.com/
  • 参考 :2004年から駐車場から庭園の周遊まで、バリアフリーに対応。

このページ最初へ戻る

  松江フォーゲルパーク

松江フォーゲルパーク

チケット売り場に入る前に突然自動の大扉が左右に開きまして、目の前にベゴニアの花々があふれている景観が広がりました。もちろんその後すぐにチケットを購入して入園したのですが、1万本ものベゴニアがあるそうで、しばし唖然と見ほれていました。田舎者みたいですが、ひとしきりデジカメを写しまくっていました。

添乗からロープ一本で吊り下げられたベゴニアは温室の窓を開けることで微妙に回転します。ピラミッド状に積み上げられたベゴニアの下では流水上を色とりどりのベゴニアの花々が流れて行きます
 車イス情報 
車イス利用者用駐車スペースがあります。園内はほぼバリアフリー状態で、各所に身障者用トイレが有り設備も十分です。8人乗りシルバーカー(お年寄り・足の不自由な方)の他にシルバーカーに乗れない車イス利用者用には送迎車(車椅子用)があり、車イスのままにスロープリフトでそのまま乗り込んで、最頂部の「くにびき展望台」まで運んでくれます。帰路もトロピカルエイビアリーで送迎車を呼ぶことが出来、メインのセンターハウス(水鳥池周辺)で降ろしてくれますので、その後は緩やかなスロープを使い、ベゴニアやフクシアなどを眺めながら出口まで降りて来れば良いです。
  • 住所  :〒690-0263島根県松江市大垣町52番地
  • 電話番号:0852-88-9800 FAX.0852-88-9803
  • 撮影日 :2007-4-27
  • 入園料 :大人1500円、小人750円 身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保険福祉手帳を提示すれば本人、介護者ともに半額
  • 開園休日:無休 9:00〜18:30(冬季17:00) 
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www.vogel.jp/
  • 参考 :「松江フォーゲルパーク駅」を利用するのが一番便利です。宿によってはここの入場割引券を置いているところが有ります。私は後で知り、残念な思いをしました
今日の宿はウェルシティ島根です。

このページ最初へ戻る

  しまね花の郷

しまね花の郷ボタン園
まだ新しい施設のようで、何もかにもが新しくて気持ちが良かったです。特にボタン園は新規オープンとは思えないほどの大きな株が育っていて、大輪の花々が見事でした。ボタン園の花壇は何ヶ所かに別れて植え込まれていまして、それぞれのボタン園がちょうど見頃状態を迎えていました。これからゴールデンウィークにかけてますます人々の憩いの場所になるでしょう。

入園料金も安いですし、子どもの遊び場も有り、大芝生広場があったり、お弁当持参でじっくりと遊ぶこともできます。お隣の「フローラいずも」なども利用すると、もっと遊びや憩いの範囲が広がることでしょう
 車イス情報 
車イス利用者用の駐車スペースがあります。そこからスロープで入り口まで行き園内に入ります。園内はほぼバリアフリー状態で車イスの移動に支障はありません。身障者用トイレは数ヶ所有り、設備も十分で利用に支障はありません。牡丹園の中に入るには介助者がいないと無理かもしれません。その代わり中に入ると牡丹に埋もれたような感じで鑑賞できて最高です。
  • 住所  :〒693-0037 島根県出雲市西新町二丁目1101-1
  • 電話番号:0853-20-1187 Fax (0853)20-1158
  • 入園料 :大人200円 小/中/高校生100円 (身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を提示すれば100円、介護者は無料)   大人100円
  • 開園休日:無休 9:00〜17:00 
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www.shimane-hananosato.com/
  • 参考 :途中の案内標識が少ないので注意が必要かも
この後は1000円のランチバイキングを食べようと思い再びウェルシティ島根に戻りました。

食事の後は途中の道の駅に立ち寄ったりしながら三次ICへ向かい、高速に乗った後はひたすら我が家の福岡へ向かい、帰り着いたのは20時でした。2泊3日でしたが中味が濃い素敵な旅でした。

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ