北海道夏紀行 4/5

花色紀行>>祭りや旅行>>北海道夏紀行
  1. 福岡右矢印舞鶴右矢印新日本海フェリー右矢印北海道上陸右矢印こどもの国右矢印フラワーパーク花夢右矢印小清水原生花園右矢印川湯エコミュージアム右矢印和商市場
  2. エコミュージアムセンターあるこっと右矢印細岡展望台細岡ビジターズラウンジ右矢印釧路市湿原展望台右矢印温根内ビジターセンター
  3. ファーム富田右矢印フラワーランド右矢印ファーム富田右矢印なかふらのフラワーパーク 右矢印日の出公園右矢印四季彩の丘右矢印かんのファーム右矢印四季の情報館右矢印三愛の丘、千代田展望公園右矢印ラベンダーの森
  4. ちざきバラ園右矢印八紘学園の花菖蒲右矢印真狩フラワーセンター右矢印百合が原公園
  5. いわみざわ公園バラ園右矢印岩見沢あやめ園右矢印中島公園右矢印ゆにガーデン 右矢印サッポロビール園右矢印東日本フェリー九越フェリー

 12日(火) 

 ちざきバラ園

ちざきバラ園(32657 byte)第1回目開花か6月下旬〜8月上旬、第2回目開花が9月上旬〜10月下旬ということで、私達は第1回目開花時に行きました。札幌の地理に疎くて場所がどこか分からずにかなり迷いに迷いました。その分入園後の感嘆はいっそうの感動に繋がりました。

とにかく他のバラ園とは違う珍しい種類のバラが多いのです。その上バラ園では香り豊かな品種も多くてすっかり魅せられてしまいます。場所が藻岩山麓の高台にありますので、園内からは札幌の市街が一望の下に展望され素晴らしい景観を満喫できます。これらの要件が、数多い「自称、画家」の人たちを呼び寄せると見えて、いろんな場所で熱心に絵を描いておられました。
 車イス情報 
一般駐車場の左先に車イス利用者用駐車スペースが2台分用意されています。かなりの急傾斜の道を上ることになります。身障者用トイレはこの駐車場横に男女それぞれ1ヶ所ずつありますが、男性用トイレはかなり狭くて車イスでの利用は困難です。女性用トイレを利用しました。園内は一部の坂の部分がやや急なので介助の必要がありますが大部分は平坦で移動に支障はありません。
  • 住所  :〒064-0942 北海道札幌市中央区伏見3丁目
  • 電話番号:011-551-1430 
  • 入園料 :大人500円、小中学生300円
  • 開園休日:無休 9:00〜17:00
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www.chizaki-baraen.co.jp/
  • 参考 :札幌中心部より車で約10分

 八紘学園の花菖蒲

八紘学園の花菖蒲(32257 byte)昭和30年代、豊平区の農業専門学校、八紘学園の創設者、栗林元二郎先生が東京より1株の花菖蒲を持ち帰ったことから始まりました。現在では2ヘクタールの面積に約450品種10万株を栽培しており大きな花菖蒲園に育っています。

途中の案内標識もそれほど無くて迷ってしまいますが、交通の量もそれほど無かったのでそのうちに何とか行き着いた次第です。雨上がりのぬかるみで写真家の皆さんもかなり悪戦苦闘されていましたが人出がこれほど多いとは驚きでした。園内には花菖蒲のほかにもラベンダーを初めとしていろんな花が見られました。
 車イス情報 
車イス用の設備はまったくありません。駐車場も未舗装ですので誘導員に言って花菖蒲園に近い場所に駐車するようにします。園内は平坦なのですが、今回のような雨上がりの時には随所にかなりのぬかるみがあり、車イスが相当に汚れてしまいます。
  • 住所  :札幌市豊平区八紘学園
  • 電話番号:
  • 入園料 :大人300円、小学生100円
  • 開園休日:4月〜11月、8:30〜17:30
  • 駐車場 :無料
  • 花の見頃:7月上旬 〜 7月下旬
  • URL : http://www.hakkougakuen.ac.jp/
  • 参考 :
今日の宿は幽泉閣です
  

 13日(水) 

 真狩フラワーセンター

真狩フラワーセンター(16416 byte)真狩フラワーセンターという名前だけでここへやってきたのが失敗でした。今回の北海道は花を見て回ることが主体でしたのでつい飛びついたのです。なんと中に入ると(センターハウス)お花屋さん?いろんな園芸品が一面に並べてあります。んんん?これが花の総合テーマパークという触れ込みの実態?

実際にはフラワーガーデン、鑑賞温室、ハーブの丘、芝生広場等があって充分に楽しめるようになっているのですが残念ながら今の時期は花が少なかったです。ここはユリの花で有名でしたので期待していたのですが、フラワーガーデンのユリはまだ開花前でした。残念!でも真狩村がユリの生産全国一ということだけは頭に残っています。
 車イス情報 
車イス利用者用駐車スペースが入り口横に2台分設置されています。舗装されていますので乗降には良いです。館内は車イスで利用できるように入り口にスロープがあり移動には支障がありません。館内には身障者用トイレも設置されていて設備も充分でしたし利用に支障はありませんでした。一部の通路は階段になっていて通れないところがあり、迂回しなければなりません。
  • 住所  :北海道虻田郡真狩村字光8-3
  • 電話番号:(0136)48-2007
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:無休、9:00〜18:00
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://host.goo.ne.jp/makkarif/
  • 参考 :マイカーで国道230号線を留寿都村で道道岩内洞爺線(66号)に入り4km左側

 百合が原公園 札幌市

百合が原公園(35107 byte)花を楽しむ公園として3,500種類以上の耐寒性のある宿根草や樹木を、札幌の気候にあった方法で管理しているそうで、7月のユリの時期だけではなく一年中いろんな花々を楽しめます。私達が行った時でもユリの他に、ラベンダー、バラ、ハマナス、ルピナス、温室内植物等々いろんな花々が咲いていました。

何しろ広大な園内ですので、我々のような旅行者では到底全てを回ることはなかなか難しいです。しかし園内を回るリリートレインに乗車すれば主だった場所はすべて見て回ることが出来ます。その結果、いかに行けなかった場所が多いか良く分かりました。それでも園内に2時間半滞在していたのですが・・・

札樽自動車道の札幌北ICを降りてすぐの交差点、左折は国道5号線右折して国道231号を北上して、道路標識が出てくるのにしたがって走れば行き着きます。
 車イス情報 
車イス利用者用駐車スペースは見つかりませんでした。園内には数ヶ所身障者用トイレがあります。園内を回るリリートレイン乗車の場合は係員が介助をしてくれますし、車イス用の席がありそのまま乗車して大丈夫です。
  • 住所  :〒002-8082 北海道札幌市北区百合が原公園210
  • 電話番号:百合が原公園管理事務所 011-772-4722
  • 入園料 :無料(温室は有料)リリートレインは有料(身障者無料)
  • 開園休日:8:45〜17:15 休:土日祝
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www.sapporo-park.or.jp/yuri/
  • 参考 :
今日の宿はウェルシティ札幌(北海道厚生年金会館)です

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ