上信越秋紀行 3/5

花色紀行>>祭りや旅行>>上信越秋紀行3

 志賀高原

1017c4b_shigakogen06.jpg(12325 byte)宿を出て草津へ向かいました。日曜日だということでもあり道路は大渋滞で、高速道路のパーキングでトイレに入ろうとしてもなかなか駐車するスペースも無い有様です。東京近郷の観光地はこんなものなのでしょうか?宿で友人と会ったりして出発時間がかなり遅くなったこともあり、草津観光はあきらめて、このまま草津志賀高原道路の登り道に入ることにします。

1017c4b_shigakogen15.jpg(11385 byte) ここの道路は無料ながら進むほどに高度をぐんぐんと上げて、雲ひとつ無い晴天の中で周辺の高い山々が遠望できてかなりの景観が楽しめます。反面、途中の駐車場や観光地はあふれんばかしの車です。それでも車窓からの景観には大満足です。
(左画像は志賀高原蓮池)
志賀高原のいろんな観光地に車を止めて観光する予定だったのですが、あまりにもひどい渋滞に驚いて、道路脇の駐車場で周辺の山々の展望を楽しむのが精一杯でした。日曜日で快晴だったために大勢の人達が押し寄せたのでしょうね。

1017c4c_matsushiro3.jpg(12317 byte)紅葉の名所を巡りつつ、車は志賀高原のあちらこちらに寄り道しながら下り道に差し掛かっています。途中で道路標識その他を確認すると、なんと長野市に出る近道があるのです。スケジュールがかなり遅くなった我々はこの近道に賭けることにしました。ところがこれが大失敗の元でした。

山道で道が狭くて離合がままならないのです。トラックなどの大きな車は来ないのですが、日曜日の行楽客が殺到してかなりの時間を消費してもまだ峠に行き着きません。絶望的状態が解消したのは、離合が出来ない年寄りや女性ドライバーが立ち往生している隙に通り抜けたことでしょうか?まったくひどい経験でした。宿に着いたときにはもうぐったりです。その上国民宿舎なのに値段が高くて、料理も冷えた状態で不味かったです。今日は早く寝ようっと・・・

今日の宿は国民宿舎松代荘

 車イス情報 
とにかく志賀高原でまともに駐車するスペースはありませんでしたので、いずこの場所でも設備その他を確認していません。草津の「道の駅、草津運動茶屋公園」で休息し、蓮池で再び休息し、トイレを済ませた後はまったく利用できないままに宿に着いたわけです。志賀高原道路の渋滞状態を見て、これは危ないと思い、飲み水を控えていた為に何とかもちましたが・・・

 このページ最初へ戻る

 城山史跡公園 荒砥城

1018c4a_jyoyama2.jpg(6825 byte)「城山史跡公園」は戸倉上山田温泉にあり、戦国時代の山城・荒砥城(あらと)を復元したものだそうですが、とにかく駐車場からの登り勾配がきつくて杖代わりの小枝をついて歩いている母はすでに息切れ状態です。 やっと入園ゲートまで来たものの、この先の勾配を眺めるとこれ以上進むことはためらわれます。残念ながらここは引き返すことにしました。

つまり、入場しないままに観光をあきらめてしまったというわけです。こんなケースも珍しいと思うのですが、途中ですれ違ったご婦人方も同様に入園をあきらめて引き返したそうですから、高齢者にとっていかに大変なのかが推し量られます。眼下には温泉街や善光寺平が広がり眺望も最高だったのですが・・・

 車イス情報 
入城していないのですから中の様子は分かりません。駐車場はありますが車イス用の専用のスペースはありません。
  • 住所  :長野県千曲市大字上山田字城山3509-1
  • 電話番号:026-275-4557
  • 入園料 :300円
  • 開園休日:無休 9:00〜16:30 
  • 駐車場 :無料
  • URL :
  • 参考 :戸倉駅から車で15分

 このページ最初へ戻る

 上田城公園

1018c4b_ueda01.jpg(10455 byte)「上田城」(右画像)は平地ながら、真田昌幸が築城した実戦用の堅固な平城です。上田城は天守閣も無いし、石垣も少なく見栄えのする城ではありませんが真田氏の功績が歴史に残っていますので一度は訪れたいお城でした。もう少し遅い時期ですと城内の紅葉が真っ赤に紅葉するのですが、まだまだ色付き始めたばかりです。

上田城跡公園として整備されていますので城内をまわるのには平坦でやや疲れ気味の母も支障なく回れました。きっと大分県の竹田城址みたいなすてきな紅葉状態になるのでしょうね。今回はやや時期が早すぎましたが・・・

今日の宿はウェルサンピア佐久
 車イス情報 
上田城公園内駐車場には車イスマークの駐車スペースが数ヶ所、数台分がありまして無料です。身障者用トイレも駐車場をはじめとして何ヶ所かで見かけましたし、園内で利用したトイレの設備も充分で利用に支障はありませんでした。もちろん大部分の園内は平坦でしたので充分に車イスでの移動が可能です。
  • 住所  :上田市立博物館 長野県上田市二の丸3-3(上田城跡公園内)
  • 電話番号:0268-22-1274
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:無休 
  • 駐車場 :無料
  • URL :
  • 参考 :

 このページ最初へ戻る

 雨の中で今日の宿に行く道に迷う

1019c4b_kiyomizu3.jpg(18739 byte)朝から雨です。宿を出発する時点では小降りでしたが、車を走らせると段々に雨粒が大きくなってきます。旅行予定場所を廻ることは出来なくなりましたので、最短距離で宿へ向かうことにします。我が家の旅行で最大の欠点はこんなときに現れます。

普通の一家ならば運転手は運転に集中し、その他の家族がナビゲーター役をこなして、道路標識や地図確認をやり運転者に知らせるのですが、我が家は全てを私一人でこなさなければならないのです。その上本人は老眼鏡が必要なので、一々メガネをかけないと地図をまともに読めません。ちなみにその間他の二人は退屈してぐっすりお休み状態です。

土砂降りの中ついに道に迷ったようです。国道を走っていた間は良かったのですが県道に入りだんだんと道が細くなり道路案内表示もなくなりました。この先三叉路をどちらに行ったらよいのか判断がつきません。先ほどコンビニがありましたのでそこまで戻り聞きに行きます。

1019c4b_kiyomizu6.jpg(12119 byte)コンビニの人が親切で丁寧に道案内の地図まで書いてくれましたので何とか雨の中先に進めます。我々が宿泊する宿は地元でもかなりの有名な宿のようで良くご存知のようでした。しかしながら雨はますます強くなりました。なんといっても台風が来ているのですから当然です。

宿に行く道はひたすら登って5kmほども行きました。紅葉はきれいですが雨で煙ったような状態でそれほど楽しんで眺める余裕もありません。やっと宿が見えてきたときには心底ホッとしました。それに嬉しかったのは、こんな山の中のホテルで駐車場がなんと地下だったのです。つまり、この雨に濡れないで、エレベーターを利用して客室へ入ることが出来るのです。

この日の「松茸尽くし会席」には皆で驚嘆の声を上げました。普段なら食べられない松茸料理の数々が並べられ、それらの美味しさに舌鼓を打ちながら台風の脅威を忘れていました。雨はますます激しく降っています。これでは明日のスケジュールも全て中止です。

今日の宿はスカイランドきよみず

今日の宿は

 このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ