鹿児島 春の花紀行2007年

花色紀行>>祭りや旅行>>鹿児島 春の花紀行2007
  1. 福岡⇒大宰府IC⇒鹿児島IC⇒フラワーパークかごしま⇒山川港⇒根占港⇒コスモピア内之浦
  2. 宿⇒かのやばら園⇒国分IC⇒姶良IC⇒いこいの村いむた池
  3. 宿⇒姶良IC⇒鹿児島北IC⇒かごしま熱帯植物園仙巌園 磯庭園⇒鹿児島吉田IC⇒福岡の我が家に帰宅

 フラワーパークかごしま 

フラワーパークかごしま、花広場越しの開聞岳自宅の福岡市を早朝5時半に出発してちょうど11時に到着しました。鹿児島ICから先は指宿スカイラインに入るつもりでいたのですが、直前に購入した新車に付けたカーナビの案内が、国道226号線に出て指宿まで行く案内でしたのでそのようにしましたら、鹿児島市内から指宿までかなり渋滞して遅くなってしまいました。

フラワーパークかごしま、屋内庭園のブーゲンビレアその上、山川港を14時10分に出港するフェリーに乗船するためには13時50分までにはフェリーターミナルに着かなければいけません。今回は園内滞在時間が2時間半しかありませんのでかなり無理をして大急ぎで回りました。やはりここをじっくりと楽しむためには半日ぐらい必要です。今回は宿泊する宿の関係でこういう無理なスケジュールになりましたのが残念です。

同行者2名は園内を回る無料のバスで優雅に見て回ったようですが、後で聞いたら進行方向右側に座ったために、眺めが良いところは観られなかったそうで、とても悔しがっていました。
 車イス情報
車イス利用者用駐車スペースが10台分程有りますが、一般駐車スペースよりやや広いので駐車することに支障はありませんでした。入園したのが平日でしたので、混雑も無く駐車場も園内もゆっくりと出来ました。入園割引は身障者本人が5割引で、介護者1名は無料です。園内の身障者トイレは数ヶ所にあり、いずれも設備は万全で、清潔で気持ちよく利用できます。園内の通路は舗装されていますし、階段部分については、それを回り込むようにスロープが有りますのでどの部分も車イスのまま十分に鑑賞できます。園内を回るバスは自力で乗れる人しか利用できないようで残念ながら見送りです。
  • 住所  :鹿児島揖宿郡県山川町岡児ヶ水(おかちょがみず)1611番地
  • 電話番号:0993-35-3333 Fax:0993-35-3555
  • 入園料 :600円(高校生以上) 300円(小・中学生)
  • 入園日 :2007-5-10
  • 開園休日:9:00〜17:00 無休
  • 駐車場 :無料 乗用車610台・バス20台
  • 花の見頃:1月旬〜12月旬
  • URL : http://www.fp-k.org/
今日の宿はコスモピア内之浦です

 かのやばら園 

かのやばら園その22007年5月11日に行った時の園内の散策は2つのコースが設定されていて、Aおきがるコースは所要時間1時間、Bゆったりコースは所要時間3時間が目安です。我々はBゆったりコースで回りましたがほぼ3時間でした。あまりにも広い園内を勝手に歩いていたら、見落としたり、2度同じ場所を回ったりして非効率になりそうですので、これら2つのコースを頼りにしたほうが良いようです。

かのやばら祭りは、ばらの見頃である春と秋のばらシーズン中に開催され、なだらかな丘陵で栽培されたばらの絶景の中で市民協働によるステージイベント、展示、体験教室などで賑わいます。また、園内の温室では年間を通してばらの鑑賞を愉しめ、切花体験(有料)が好評で、ばらの館にはばらグッズを販売する売店と地元産黒豚を食べられるカフェ食堂があり、ばらのソフトクリームやリキュール、焼酎などが人気を呼んでいるそうです。

 車イス情報 
緊急車両駐車場と車イス利用者用駐車場が一緒になっていてかなりの台数が確保されていますが、一般駐車スペースと同じ幅ですので、駐車位置によっては後で苦労するかもしれませんし、業者の無断駐車もかなり見受けました。

園内はほぼスロープで回ることが出来ますし、身障者用トイレも無数にありますので、ばら園内で特に不自由を感じることはありませんでした。今回は無料入場券で入りましたので、入園料金の身障者割引に関しては不明です。
  • 住所  :〒893-8501 鹿児島県鹿屋市共栄町20番1号
  • 電話番号:鹿屋市商工観光課 0994-31-1121 FAX:0994-40-8688(かのやばら祭り実行委員会)
  • 入園料 :大人600円・小中高生100円
  • 開園休日:無休 9:00〜18:00(秋以降17:00) 
  • 入園日 :2007-5-11
  • 駐車場 :無料
  • URL : http://www.e-kanoya.net/htmbox/rose/index.html
  • 参考 : 東九州道国分ICから国道220号経由で約60分
今日の宿はいこいの村いむた池です

 鹿児島県立藺牟田池自然公園

藺牟田池県立自然公園は,藺牟田池と住吉池及びその周辺地域(蒲生の大クス、帖佐臥竜梅)が指定されています。藺牟田池は飯盛山の噴火により、火口に水を堰塞してできた藺牟田火山の中央部にある火口湖で、周囲約4キロメートルの浅池です。湖面には低層湿原の浮上による浮島が見られる特殊な植物が多く生育して国の天然記念物に指定されています。住吉池は一回の火山爆発によって生じた爆裂火口に水をたたえたもので爆裂火口湖と呼ばれています。四季折々のいろんな風情が楽しめます。特に春の桜、秋の紅葉は見事なものです

 車イス情報 
駐車場の公衆トイレに身障者用トイレがあります。藺牟田池はあまりにも広く、車イスで全てを回るにはかなりの体力が要りそうです。

  • 住所  :〒895-1502薩摩川内市祁答院町藺牟田1993-4
  • 電話番号:環境保護課 電話番号:099-286-2617 0996-25-4700(薩摩川内市観光協会)
  • 入場料 :無料
  • 入園日 :2007-5-12
  • 開園休日:無休
  • 駐車場 :無料 300台
  • URL :
  • 参考 : いこいの村いむた池から徒歩で数分です。

 かごしま熱帯植物園

かごしま熱帯植物園九州自動車道鹿児島インターより車で約10分で到着しますが、行ってみてがっかりしました。何と1年前に、ヤシ室、サボテン室、ソテツ室の3温室を残して他は閉園となっていたのです。一応見て回りましたが、すぐ隣の国際ジャングルパ−ク遊園地で過ごした方が良かったかもしれません。

右の写真は園内で残されている日本庭園です。周辺の芝生園地もそのままでのんびりとくつろぐ人の姿もちらほら見受けられました。
 車イス情報 
車イス利用者用の駐車スペースも無いし、身障者用トイレもありません。車イスで観光するには近くの建物で用を足すか駐車場に駐車するしかありません。

  • 住所  :〒890-0062鹿児島県鹿児島市与次郎1-7-15
  • 電話番号:099-256-1511
  • 開園休日:いつでも可能
  • 入園日 :2007-5-12
  • 駐車場 :無料
  • URL :
  • 参考 : 2006年に閉鎖となり現在は3つの温室が無料開館しています

 仙巌園(磯庭園) 仙巌園自然植物園

仙巌園 磯庭園その3国道10号線を鹿児島から宮崎方面へ走り左手に開けています。鹿児島市内からだと10〜15分ぐらいで到着します。園内は団体で来る観光客がかなり多くて、時々は人込みにまぎれそうになります。

お土産どころ「鶴亀荘」ではいろんな品々が並んでいて、我々もしっかりと買い込みましたが、その場で揚げていた「さつま揚げ」がとても美味でした。いろんな種類が有り全てを買って帰りたいほどでしたが、値段も張りますのでやむなく半分ほどであきらめました。焼酎から菓子類まで選ぶのに困るほどです。もっとも欲しかった「薩摩切子」のグラスは今回も見送りです。良いなあと思った品は8万円を越えていましたから・・・
 車イス情報 
駐車場に車イス利用者用の駐車スペースが2台分ありますが一般駐車スペースと同じ幅しかありません。管理者の了解の下でかなりはみ出して駐車することになります。身障者用トイレは園内に3ヶ所有り十分に利用可能です。入園料金は身障者本人と介助者が半額になります。園内の半分以上は回れますが細かい砂利が敷き詰めてあるところなどは車イスのキャスターが重く感じます。
  • 住所  :〒892-0871 鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
  • 電話番号:099-247-1551 FAX 099-247-9539
  • 入園料 :庭園コース 大人1,000円 小中学生500円
  • 入園日 :2007-5-12
  • 開園休日:無休 8:30〜17:30(3/16〜10/31)8:30〜17:20(11/1〜3/15)
  • 駐車場 :300円
  • URL : http://www.senganen.jp/
  • 参考 :国道10号線沿いの北側になります。

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ