パソコン自作 2/4

花色紀行>>パソコン自作


  1. パソコン自作1...マザーボードにパーツ取り付け、ケースへの組み込み
  2. パソコン自作2...各種ケーブル接続と起動テスト
  3. パソコン自作3...OSのセットアップ、インストール。ドライバのインストール。アプリケーションのインストール 
  4. パソコン自作4...ハードディスク増設、LAN構築 プリンターの共有、その他手直し

  ケーブルを接続して起動テスト 

0814c5pasocon80.jpg(24385 byte) 左矢印
ケーブルを挿し込んで配線ケーブルを差し込んでいるところです。それぞれのケーブルがかなり乱雑状態で目も当てられませんが・・・

右矢印
ケース背面のパネルです。いよいよ電源ケーブルをここに差込、液晶ディスプレイへのケーブル(DVI-I)を差し込みましたら起動テストの開始です
0814c5pasocon79.jpg(14131 byte)

電源を投入するためにケース正面のパワースイッチを押します。ところが・・・・
何にも変化しません。ディスプレイにBIOSが出てくる状態ではなく、起動音もしませんし、ファンが回っている音さえもしないのです。さすがにあわてました。

結局、それぞれのケーブルの差込の再確認を甥と二人でしっかりと確認したうえで、再度電源投入を行いましたがまだ反応しません。パワースイッチ周辺では電源が入ったような感じがしているのですが、電源のファンも回っていないのです。このケースは正面に吸気用8cmファンが2個、背面と上面に排気用8cmファンが付いています。これらにも手を当ててみますが動いていません。これは電源が不良品なのでは?と考えるしかありませんでした。

お盆の14日午後になっていましたが、パーツ一式を購入した「PCデポ」に電話して状態を説明したところ、「持って来てもらえれば調べてみるがパーツの不良ではなく、組み立てに問題があれば有料になる」とのことでした。もちろん正式にいろいろとテストをやってもらわないとこちらも他に手持ちのパーツは一切ありませんので了解しました。その結論が出たのはほぼ6時間後でした。

結論は電源には異常が無く(持ち込み時点でテスターで判明していました)マザーボードが不良品だということでした。結局マザーボードを交換しなければいけないのですが在庫がありません。入荷を待つと甥の滞在期間がとっくに過ぎてしまいます。仕方なく展示品のマザーボードでよいということで転用して使うことにしました。それでも最初から組み立てなおすと時間がありませんので、持ち込んだ状態の組み立てまで「PCデポ」でやってもらうことにしました。

翌日の午後、引取りの電話があったので組み立てまで「PCデポ」に出かけて、預けていたパソコンを見てびっくり仰天です。なんと・・・

このページ最初へ戻る

  マザーボードを取替え、電気周り配線接続

0825c5pasocom21.jpg(26857 byte) 左矢印
あまりにも整然とケーブルがまとめられて、いかにもプロがやったという感じです

右矢印
ケース正面のオーディオ周りの配線です
0903c5pasocon05-.jpg(25860 byte)
0825c5pasocom29+.jpg(20957 byte) 左矢印
左の黄色と黄緑はUSB差込口で、右側の紫はi1394ケーブルの差込口です。左の紫はケース正面の方へ、その左の紫は背面パネルの1394ポート2口へ、黒のケーブルが刺さっているのはカードリーダーのUSBケーブルです

右矢印
SATAUの差込口です。書かれている文字が判明するように、マザーボードの画像をあえて上下入れ替えています。現在はハードデスクは1台だけですので0番に挿しています
0825c5pasocom31+.jpg(21717 byte)
0825c5pasocon01.jpg(28044 byte) 左矢印
左側のファンはケース背面の排気ファン、上に見えているのは電源用のファン、その下はCPUのヒートシンク、その下の白いのがCool-Plus(ノースブリッジクーリングファン)

右矢印
ケース内部の電気周りの配線です。ケース前面のパワースイッチ、リセットスイッチ、ケース底面のスピーカーへの配線が一固まりになっています。マザーボードのバッテリーもここに付いています
0903c5pasocon10-.jpg(26665 byte)
0825c5pasocon32.jpg(31332 byte) 左矢印
中央下部に差しているのがグラフィックカード(ASUS VGA EAX600XT)その上がCool-PlusとCPUのヒートシンク、さらに右はメモリを黄色の部分に2本挿しているところの拡大画像です。

右矢印
今回のパソコン自作で特に良い思いつきだと思ったのがケースに取り付けたキャスターです。もともとねじ止めされていたケース下部の足を取り外し、代わりにキャスターを強力接着剤で着けさらにねじで一本止めています。これで非力な私でも今後いろんなカードの挿したりするのが楽になりました
0825c5pasocom27.jpg(9615 byte)

この後はWindousXP HomeEdition SP2のインストールや各種ドライバーのインストール、その後パソコンの起動テストを繰り返した後で、いろんなソフトをインストールすることになります。ところがトラブルはまだまだ続くのです・・・

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ