パソコン自作 4/4

花色紀行>>パソコン自作


  1. パソコン自作1...マザーボードにパーツ取り付け、ケースへの組み込み
  2. パソコン自作2...各種ケーブル接続と起動テスト
  3. パソコン自作3...OSのセットアップ、インストール。ドライバのインストール。アプリケーションのインストール 
  4. パソコン自作4...ハードディスク増設、LAN構築 プリンターの共有、その他手直し

  ハードディスクの増設 

自作パソコンが完成して約3ヶ月ですが、ビデオの編集などをやっていますとハードディスクの容量はたちまち残り少なくなってしまいます。起動ドライブとしては160GBのHDDを使っているのです。このままでは心もとないので現在1GBあたり50円という値段まで下がっていますので250GBのHDDを購入してきました。これをセカンドHDDとして増設しようとしています。

私の自作機はS−ATA4基とIDE三基の取り付けコネクタがあります。せっかくですから起動ドライブ同様にS−ATAUのHDDを購入してきて接続します。黄色いケーブルがS−ATA用のケーブルで、細いのでファンの通気も妨げませんし、マスター、スレーブの心配も要りません

1114c5hdd1.jpg(15441 byte) 左矢印
S−ATAUのハードディスクとケーブル、S−ATAU用の電源コネクタです
右矢印
マザーボートその他を基盤に取り付けたところです。この状態でケースから引き出さないとハードディスクの取り付けは出来ません。
0814c5pasocon58+.jpg(23208 byte)

  LAN構築 プリンターの共有 フォルダの共有 

自作パソコン完成から約3ヶ月、これまでどうしても出来なかったプリンターの共有とフォルダの共有がやっと出来ました。これまではパソコン同士のpingが通らなかったのです。それぞれのパソコンからルータへのpingは通っていて、ネットもメールもFTPも出来ていたのですがパソコン同士だけが繋がらなくて、プリントアウトするたびにケーブルをそれぞれのパソコンに刺していました。

セキュリティソフトが原因ではないかと、それぞれのパソコンのセキュリティを無効にしてからやってみても駄目なのです。いろいろと試行錯誤の挙句ふと思いついて、IEを開いてツール⇒インターネットオプション⇒セキュリティ⇒信頼済みサイト⇒サイトを開き、ルーターが提供しているそれぞれのIPを登録し、重ねてそれぞれのセキュリティソフトのファイアーウォール⇒設定⇒ネットワーク⇒信頼済みサイトでルーターが提供しているそれぞれのIPを登録したらやっとpingが通り、プリンターの共有とフォルダの共有が出来ました。 ここまで来るのが長かったですが、終わってみれば十分に理由が分かりますね。それにしてもいろいろとやってみるものです。おかげでかなり勉強にはなりました。


  その他の手直し 

右の写真の一番上が電源スイッチで、その下に青く点灯しているのがパワーLEDです。その下にハードディスク動作表示LED(未点灯)があり、一番下にリセットスイッチがあります。

このリセットスイッチがどうしても利きません。ハードディスクアクセスランプも点滅しません。その他の動作は正常に動いているので余計に気になります。何とか手直しをやろうと思い、ケースを開いてマザーボードを見るのですがすでに配線その他があり、なかなか細かい文字まで分からないのです。
1116c5pasocon.jpg(18134 byte)
逡巡した結果、同じ型のマザーボード「GIGABITE GA-8I945P Pro (Intel945P+ICH7)」が購入したパソコンショップにありますので、訳を話してデジカメでマザーボードの必要箇所を撮影させてもらうことにしました。

右の写真がその時のもので必要なところだけをトリミングしています。下段のカラフルな場所がこれからケーブルを挿しなおす目的の場所なのです。現在挿しているケーブルを、変更を必要とする場所だけ説明書を見ながら挿しなおしました。結局分かったことは、ハードディスク動作表示LEDもリセットスイッチも挿した向きが違っていたということです。こんな簡単なミスのために悩んでいたとは、トホホホホです。
0913c5pasocon7b.jpg(28424 byte)

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>パソコン自作第1へ